news

フィンランドのクリスマス

Blog

2018.12.24

_e_2018xmas.png

クリスマスいかがお過ごしですか? 日本と7時間の時差があるフィンランドも

クリスマスを迎えています。フィンランドのクリスマス期間は12月24日から

26日までの3日間。その3日間は祝日となります。

 

日本と同様に12月頃から盛り上がり始めますが、24日〜26日は家族で

過ごすのが一般的で、商店はもちろん公共交通機関も休業になるなど

静かで厳かな雰囲気になります。

 

 

フィンランドと言えばサウナですが、12月24日の朝にはサウナに入って体を清める

人々も多いとか。料理も特別なメニューになります。代表的なクリスマス料理は、

お米のミルク粥、ビーツのサラダ、根菜のキャセロール、豚肉のハムなど。どちらか

といえば素朴な料理です。伝統的なクリスマスだとそれらを3日間食べ続ける

そうで苦手な子どもたちも多いそうです。おせち料理のようですね。

 

 

ちなみにクリスマスに七面鳥を食べるのは、アメリカに入植したピルグリム

ファーザーズが先住民から与えられた七面鳥で飢えを凌いだことに由来する

そうです。アメリカでは「縁起物」で祝いの席に欠かせない食材なのだとか。

クリスマス=七面鳥というのはアメリカの風習だったんですね。

 

 

ドロフィーズキャンパスは12月26日〜1月4日まで休業いたします。

今年もたくさんのお客様にご来場いただき、新たな出会いの機会を

いただいたことに感謝いたします。

 年末年始休暇のお知らせ

Prev
フィンたん
Blog

2018.12.17

フィンたん

Next
フィンランドのお正月
Blog

2019.01.07

フィンランドのお正月