news

フィンランド人の国民性を描いた「マッティは今日も憂鬱」

Blog

2019.01.14

114654111.jpg

国交100週年を迎えテレビなどでも取り上げられる機会が増えている

フィンランド。国民幸福度が高いとかスローライフといった情報は

よく耳にしますが、実際はどんな国民性なのでしょう??。

 

 

フィンランド人の「あるある」を漫画...というか絵本に綴ったのが

カロリーナ・コルホネン氏著「マッティは今日も憂鬱」です。

原題は「FINNISH NIGHTMARES(フィンランド人の悪夢)」で、

現地では書店に平積みされコミック部門の売り上げ第一位になる

ほどの人気作となりました。

 

 

2017年には日本語版が出版されました。一例を挙げると「外出したい

のに外に近所の人がいる... 息を潜めて外の空気を探る自分...」

というような、恥ずかしさや空気を読んだ行動といった内容が

コミカルに可愛らしく描かれ、その内容があまりにも日本人の

振る舞いや行動様式に似ていると話題になりました。

 

 

内容も興味深いですが、なんといっても絵がカワイイので、

フィンランドを知る第一歩として楽しんでいただけると思います。

ちなみに続編として旅行編とも言える「マッティ、旅に出る。」も

出版されています。どちらもドロフィーズキャンパス内

「蔵で旅するbook store」でお買い求めいただけますよ。

Prev
フィンランドのお正月
Blog

2019.01.07

フィンランドのお正月