news

フィンランドから「りとちゃん」が来日 1ヶ月間をドロフィーズで過ごしました

Blog

2019.05.13

来日.jpg

浜松フィンランド協会では、フィンランドの若者が日本の滞在し交流する
プログラム【IPPO TO JAPAN】を主催しており、今年も第7期生の受け入れを
予定しています。その【IPPO TO JAPAN】に先駆けて4月9日から約1ヶ月に
渡って来日したのが「りとちゃん」ことRitva Savonsaariさん。
りとちゃん実は【IPPO TO JAPAN】を立ち上げる際に、日本語教育に携わる
フィンランド側のメンバーとして参加していました。

短い期間ですが、ドロフィーズでのボランティア活動を通じて日本の人々と
触れ合い、とても興味があるという生け花や剣道といった日本の伝統的な
文化を体験したり神社仏閣を訪問したそうです。



キャンパス.jpg

キャンパスで日本のお客様とのふれあい



BBQ.jpg
ドロフィーズのBBQににも参加し、社員との親睦を深めました。



修了.jpg

りとちゃんには存分に日本を楽しんでいただきましたが、
あっという間に1ヶ月が過ぎ帰国。5月6日には修了式を行い、
ノート4ページ分にも渡る、思い出と感謝の気持ちがこもった
挨拶をしていただきました。でも5月18日にはヘルシンキでの
お神輿ですぐに再会でき、元気な姿を見られそうです。