news

国立西洋美術館で日本・フィンランド国交樹立100周年記念美術展が始まりました

Blog

2019.06.24

55455.jpg

日本とフィンランドの国交樹立100周年を記念したイベントが多数開催され
注目を集めています。今回ご紹介するのは「モダン・ウーマン-フィンランド
美術を彩った女性芸術家たち」と題したアート展。国立西洋美術館とフィンランド
国立アテネウム美術館との共同開催です。


封建的と言われた欧州の美術界では、19世紀に設立されたフィンランドで最初の
美術学校が男女平等の美術教育を奨励し、多くの女性がチャンスを掴み芸術家
としてのキャリアを切り拓いていったそうです。


このアート展は、近代美術に革新をもたらしたフィンランドの女性芸術家たちに
焦点を当てた企画で、ヘレン・シャルフベックやシーグリッド・アフ・フォル
セルスといった同国出身の女性芸術家7人を紹介。絵画、彫刻、素描、版画など
約90点を展示しています。


会場  : 東京上野・国立西洋美術館
開催期間: 2019年6月18日(火) ~ 9月23日(月・祝)
開館時間: 9:30 ~ 17:30
観覧料金: 当日:一般500円(400円)、大学生250円(200円) ※()は20名以上の団体料金

→詳細はこちらから「国立西洋美術館Webサイト」


クリエイティブな雰囲気が漂うドロフィーズキャンパスでは、北欧家具の
デザインに興味をお持ちの方、新しく家具をお選びになられる方に向けた
「北欧デザイン&ファニチャーセミナー」を開催しています。
次回開催は7月7日。ご予約の受付はお電話(053-428-3520)または
ドロフィーズキャンパスの店頭にて承っています。