• IMGP4761.JPG

    クリスマス帰省、行ってきました!ストックホルムより300km程北にある町。港町です。夏には沢山のボートやヨットが港にとまっているのですが…今回はこの雪!上の写真は、丁度駅に着いたところです。電車の向こう側には本当は海が広がっているのですが、海も雪で真っ白です。電車を乗り継ぎ、4〜5時間かけて行ってきました。


    とにかく驚いたのが、その積雪量!写真でおわかり頂けますか??

    IMGP4774.JPG

    家が半分位、埋まってしまっています。


    IMG_1074.JPG

    自転車のサドルを見ていただければ、どの程度積もっているのかわかって頂けると思います。私もスウェーデンへ来て4年経ちますが、こんな凄い雪を見たのは初めて!ここが地元のスウェーデン人も、「こんなの初めてだよ」なんて言っていました。


    ただ、丁度クリスマスだというのに、スウェーデン南部でも雪のせいでかなりの電車や飛行機がキャンセルになってしまったようで、ニュースではクリスマスに合わせて帰省したいのに、駅で待ちぼうけせざるを得ない人たちが映されていました。私たちの乗る電車も、行きと帰り、一旦キャンセルになったのですが、行きは何とか運行され、帰りは遅い時間の電車に変更して貰えたので難無きを得ました。 真冬の雪の日は、交通網がダメージを受けるので交通機関を利用する場合は注意が必要です。



    IMGP4789.JPG
    見てください、この氷柱。この日はマイナス23℃で、とっても痛かったのを覚えています。気温もここまで下がると、寒いと感じる以前に「痛い!」となります。



    IMGP4796.JPGそしてこちら!お呼ばれして行ってきました。23日にいただいたクリスマスディナーのテーブル。クリスマスムードいっぱいにセッティングしてありますね!とても可愛いです。


    IMGP4982.JPGこちらはまた別のお家で。クリスマスツリーの下に、家族全員分のクリスマスプレゼントが!ワクワクします。こちらは24日にサンタがやってきて、皆で開けました。


    IMGP4799.JPG
    こちらはクリスマスのディナー。テーブルセットの写真を載せたお家でご馳走にになったものです。ミートボールにソーセジにタマゴにハム… とても「いつものスウェーデン」といったメニューですが、皆大好きなメニューです。他にはクリスマスといえばJul Skinka(クリスマスハム)なんかがあります。


    沢山を写真を撮ってきたので、なかなか一回分の記事では書ききれそうにありません。クリスマスについては、また何度かに分けてUPしていきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

    皆さん、良いお年を。Gott Nytt År!(Happy New Year!)
  • 2010.12.20

    大聖堂

    IMG_0970[1].JPG

    もうすぐクリスマスですね。日本の気候はどうでしょうか?こちらは相変わらず−10℃を超えない程度の穏やかな気温の日々が続いています。日本にいる時は、5℃位で「寒い!!寒い!!」と言っていたのに、スウェーデンに来てから5℃もあれば「今日は暖かいなぁ」と感じるようになりました。でも、スウェーデンの5℃と日本の5℃、湿度が違うせいか体感温度がだいぶ違うように感じます。日本の方が「冷える」といった印象でしょうか。スウェーデンは室内に入るとどこも暖かいので、そのせいもあるかもしれません。

    上の写真、今日の窓。昨日から粉雪が舞っているので、窓に沢山雪が積もっています。いつもこの窓の横でブログを書いています。


    IMGP4729.JPG

    こちらは私の住んでいる団地にいくつかあるクリスマスツリーの1つ。綺麗ですね!ツリーの後ろにある建物は教会です。スウェーデン語で教会は「kyrka」といいます。発音はカタカナに直すと表記が難しいのですが、「シェリカ」「シュルカ」になるでしょうか。スウェーデンではYの発音は、口を「う」の形にして「い」と発音するような音になります。


    教会といえば、Uppsala(ウプサラ)という街の大聖堂がとても素敵です。去年か一昨年には日本から皇太子様がいらっしゃいました。Uppsalaはストックホルムから電車で1時間程でしょうか。お気に入りの街で以前はよく行っていたのですが、引っ越して遠くなってからはもう1年以上行っていません。大聖堂、とても綺麗なので是非皆さんにお見せしたいのですが…

    ちょっと写真があるか探してみますね。




    P1181836.JPG

    P1181847.JPG

    ありました!大聖堂はとても大きく、外から写真を撮ろうとすると大聖堂が納まりきらない程です。

    P1181859.JPG


    P1181839.JPG

    Uppsala大聖堂は、とても大きく中には素晴らしい装飾が施されています。今手持ちの写真では、それを十分にお伝えできるものが無くて残念なのですが… 日本では馴染みの無かった教会ですが、こちらへ来てからよく足を運ぶようになりました。どんなに小さな町にも必ず1つはある教会。街によって様々な教会があり、どの教会も違った顔を持っています。


    DSCN9581.JPG

    上の写真はUppsalaにあったお店。お店のサインがカラフルな
    ダーラナホースで、とても「スウェーデン」です。Uppsalaは学生の街として知られていて、大学があるので沢山の学生が住んでいます。街も大きく、お店も沢山あり活気があります。また、街の中心部には川が流れており、冬には水は凍った水の上を鳥たちが歩き、夏には沢山の人たちが川沿いで日向ぼっこをし、夏を満喫しています。


    P6020441.JPG

    こちらは夏に撮影した1枚ですが、奥にある大きな建物が大聖堂です。近付くと、大聖堂全部を写真に納めるのはとっても困難です!ストックホルムから1時間で行けるUppsala、もしスウェーデンにいらっしゃる事があれば、ちょっと足を伸ばして…なんて小旅行にお勧めの場所です。


    23日からクリスマスを挟み、数百キロ北の街まで電車で4−5時間かけて行って来ます。クリスマスの写真、出来れば沢山撮影して、皆さんにお届けできたらいいなと思っています。ただ、この時季に行った事が無いので、雪や悪天候で電車が止まらないか心配なのですが…。次回の更新は帰ってきてからになるので年末になると思いますが、皆さんもどうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください!

  • IMGP4646.JPG

    こんにちは、皆さんお元気でしょうか?先週はスウェーデン...というかヨーロッパ全体が寒波の影響でとても寒い日が続きました。私の住んでいる地域は-23℃まで下がりました。試しに濡れたタオルをバルコニーに干してみたんですが、3分ほどで凍ってしまいました!今はだいぶ落ち着いて、-10℃いかない位の気温で比較的穏やかな天候です。

    上の写真、この日もとても寒い日だったのですが、雪の上に誰かの描いたハートマークが。冬場は曇りで薄暗い灰色の空の日が多いので、この写真の日のように空が綺麗に見える日はとても嬉しい気分になります。


    IMG_0923.JPG

    こちらは何だかわかりますか?今回はスウェーデンでの日常生活のご紹介として、スーパーマーケットで色々写真を撮ってきました。どこの国へ行っても、現地のスーパーへ入るとその国で生活する人たちの日常生活が垣間見れて楽しいですよね。上の写真は「冷凍ベリーの量り売り」です。絵がついているのでおわかり頂けると思いますが、左からラズベリー、ブルーベリー、ストロベリー、ブラックベリーです。


    IMG_0927.JPG

    こちらはとっても「スウェーデン」です!パッケージデザインなんか特に、ですね。こちらは「Filmjölk」というのですが、日本語だと何でしょう?サワーミルク...とはちょっと違うのですが、北欧独特のものなのか、スウェーデン人に聞いても英語ですら何と言うかわからないそうです。ヨーグルトに近いですが、もっとサラッとしています。こちらではシリアルなんかにかけて食べます。


    IMG_0928.JPG

    こちらはチーズ。スウェーデンは乳製品、チーズの種類はとても豊富です。特に乳製品の種類がたくさんありますね。


    IMG_0929.JPG

    こちらもとってもスウェーデン!な商品。チューブタイプのキャビアです。味の種類も沢山あって、チーズ味、たまご味、色々あります。こちらはパンやKnäckebröd(クリスプタイプの薄いパンにつけたりして食べます。ホテルなんかへ行くと、朝食に1回使い切りタイプの小さい小さいチューブのキャビアが置いてあるところもありますよ。


    IMG_0932.JPG

    こちらがKnäckebröd。直径30cm程あるでしょうか?結構大きな円形のものです。



    IMG_0934.JPG

    そしてこちらがJulmust。サンタの絵が描いてありますね。Julmustは日本語で言うなら「クリスマスソーダ」でしょうか?毎年クリスマスの時季になると店頭に沢山並びます。見た目はコーラのような感じですが、味はコーラとはちょっと違います。イースターの時季になると、Julmustと同じような「Påskmust(イースターソーダ)」が店頭にならびます。


    スウェーデンのスーパーに置いてある商品、いかがでしたか?日本のスーパーに比べたら品数も種類もあまりありませんが、現地生活の一部が垣間見れるのではなかな?と思うので、また機会があったら日本に売っていないようなものを皆さんにお見せしたいと思います!
1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.