• 2011.07.30

    ボートの旅

    IMGP0547.JPG

    もうすこしで8月。早いですね。こちらは徐々に、秋の気配を感じるようになってきました。昼間の天気の良い日はまだまだ30℃近く夏らしい気候ですが、日が暮れ、夜になるにつれて「秋かなぁ」といった雰囲気を感じます。風はちょっと肌寒く、夜もだんだん暗くなってきました。


    さて、今回はまたミッドサマーの時の写真をご紹介したいと思います。


    スウェーデンではマイカーのように”マイボート”を持っている人も少なくありません。冬の間はボートも家の前でビニールシートを被っていますが、夏になれば港にズラッとボートが並びます。今年もボートに乗せてもらって来ました。


    IMGP0545.JPG

    ボートには必ず名前がついていて、それがボートのボディに書いてあるんですよ。私たちの乗るこちらのボートの名前は「smulan」。smulanは、クッキーのカケラ…なんていう意味があります。とても可愛いネーミングですよね。


    IMGP0606.JPG

    それではsmulanに乗って、出発です!




    IMGP0580.JPG

    ちなみに操縦席はこんな感じになっています。左上に写っているボートナビでは、海の深さやマップだけでなく、ボートの下に魚の群れが通ったら魚のマークが出てわかるようになっています。



    IMGP0562.JPG

    20分程走ったでしょか。砂浜になっているところへボートごと乗り上げて、ここで泳ぎます。ただ、この日は太陽が雲から覗くものの、海の温度はやや低め。子ども達も寒そう!


    IMGP0557.JPG

    寒い!と言いながら、岩の上に乗ってしまいました。それでも頑張って、海の水を楽しんでいましたよ。



    IMGP06171.JPG

    海では他のボートやヨットなど、マリンスポーツを楽しんでいる人達とすれ違います。



    IMGP0542.JPG

    楽しい時間を過ごした後は、少し早めのディナー。ノルウェーでとれたてのサーモンです。キャビアやポテトを添えていただきます。サーモンの上にはディル(香草)をたっぷり乗せて!こちらで食べるサーモンは臭みがなく、とてもジューシーで本当に美味しいです。お寿司屋さんで食べるサーモンのお寿司もとても美味しいですよ!スウェーデンに来たら、是非サーモンを食べてみて下さい。おすすめです。



    スウェーデンには海に面した街、また湖がとても多いので、夏になれば沢山の人々がボートやフェリーに乗って短い夏を満喫している姿を見ることが出来ます。
  • IMGP1219.JPG

    みなさん、こんにちは。台風の影響は皆さんのお住まいの地域では大丈夫でしたでしょうか?こちらはなんと、7月なのにアラレが振りました!最初雨かと思ったのですが、やけに音が大きい… 呼ばれてバルコニーに出てみると、気温も20℃以上あるというのに氷が降っていました。不思議な気候です!


    さて、今回もミッドサマーの時の様子を写真と共にご紹介しようと思ったのですが、先日足を伸ばしたストックホルムで日本では滅多にお目にかかれないようなムーミングッズを見つけたので、そちらをご紹介したいと思います。


    IMGP1223.JPG

    まずこちら。本屋さんで見つけた素敵な本。表紙の紙が布のような感じで、巻頭カラーで中身は漫画、しかもA4というビッグサイズ。ファンにはたまりませんね。ちなみに中身の漫画はスウェーデン語です。全部で5種類置いてありました。だいたい日本円で3000円ちょっとでしょうか。かなり厚さがありボリュームもあるので、きっと日本で買ったらもっと高いでしょうね。

    IMGP1226.JPG

    表紙の色使いがどれも可愛いです。家に飾っておきたいですね!



    IMGP1018.JPG

    こちらはガムラスタン(旧市街)にあるセンスの良いお土産屋さんの一角。全部ムーミングッズです。ブリキの缶や…

    IMGP1017.JPG

    こちらは小さなお子さん用のパズルです。パズルをしながら数字や言葉が学べるようになっているようですね。


    IMGP1016.JPG

    なんとカップケーキ用の紙カップまでありました。こちらも色使いが可愛らしいですね。


    IMGP1020.JPG

    こちらはスナフキンのプレートと、ムーミンパパとママの陶器製のスプーン。食事が楽しくなりそうです。


    IMGP1006.JPG

    こちらも全てムーミン!珍しい編みぐるみのムーミンや、スウェーデンの伝統的な織物のブランドから出ているムーミンシリーズまで。ムーミンファンには本当に堪りませんね。
    先に紹介したカップケーキ用のカップを吊るしてディスプレイしてしまうセンスに脱帽です。

    勿論スウェーデン発「長靴下のピッピ」のグッズも置いてありましたよ。
  • 2011.07.13

    kärleks vägen

    IMGP0624.JPG

    日本もそろそろ梅雨があけた頃でしょうか?こちらは引き続き、夏らしい日々が続いています。ミッドサマーの時が1年で1番日が長い時期なので、今はもう冬に向け、ゆっくり、ゆっくりと日が暮れるのが早くなっていきます。さて、今回もミッドサマーの時の写真を色々とお見せしたいと思います。

    ミッドサマーの時に訪れた街は海に面した港町。上の写真は街中に位置する湖です。水に空が写り、鏡のよう。これでだいたい夜の10時前です。明るいですね。



    IMGP0623.JPG

    サイクリングをする親子。この時も時間は夜といえどこの明るさ。公園で子ども達も遊んでいます。



    IMGP0633.JPG

    この湖にはこちらの鳥が物凄く沢山生息しています。手前にいるのは、まだまだ子どもの鳥。フワフワしていて、可愛らしいです。人に慣れているのか、近付いても逃げません。


    IMGP0639.JPG

    親の後についてこの後湖へと入って行きました。左上に見えているのも、まだ子どもですね。

    この湖のすぐ横の道路を車で通りがかったのですが、この鳥たちが一列に並んで道路を横切っている場面に遭遇。車が来て「危ない!」と思った途端、鳥たちは飛ばずに一列に並んだまま、歩いて湖へと引き返していました。とても可愛かったです。


    IMGP0647.JPG

    花が沢山咲いています。夏は一斉に様々な花が咲き乱れるのでとても綺麗です。冬には出会えません。


    IMGP0659.JPG

    こちらは丁度最初に載せた写真の場所から対角線上の向かい側。こちらからは湖の向こうに街の中心地が見渡せます。この湖をゆっくり1周すると、丁度1時間位でしょうか。散歩コースにももってこいですね。


    IMGP0663.JPG

    最後に、こちらの道はスウェーデン語で「恋人たちの道」と呼ばれているそうです。恋人が見つめ合いながら歩いているこんな銅像も…。この道を歩いた恋人たちは、幸せになれるとの言い伝えがあるそうです。


    まだまだ、次回もこの素敵な港町からのミッドサマーの様子をお伝えしたいと思います。
1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.