• DSC00300.JPG

    ストックホルムからは連日クルーズに出発する大型船が出ています。なかでも有名なのは「シリヤライン(Silja Line)」でしょうか?シリヤラインはお隣フィンランドのヘルシンキや、バルト三国のタリン、リーガへ行くルートがあります。また、日本ではあまり有名ではないものだと「ビリカ(Birka)」や「バイキングライン(Viking Line)」等があります。このクルーズ、値段もなかなか安く利用できるので、季節を問わず連日沢山の人たちで賑わいます。

    上の写真はビリカとバイキングラインのフェリーが出ている港になります。前回ご紹介したGamlaStanからも徒歩で来れますし、最寄り駅は地下鉄のSlussen駅と、とても便利な場所に位置しています。シリヤラインはちょっと離れたところにあるので、バスを利用しなければいけません。


    DSC00354.JPG


    今回の写真は、ビリカのフェリーから。ビリカの利用客層は殆どがスウェーデン人のご年配の方たちです。最初に挙げたフェリー会社の中でもバイキングライン1番安く利用できるので、若者が多いですね。

    どのフェリーの中にもレストランやスパ、免税店やプール…フェリーで一泊クルーズするだけでも楽しめるよう、様々な施設が整っています。上の写真は丁度奥でバンドが演奏している所です。手前のフロアでは、きっと若い頃を思い出しながらでしょうか。楽しそうに、ダンスをするカップル達が。バンドが演奏する曲は、勿論ご年配の方たちが楽しめるようスウェーデンのオールディーズソングです。年をとってもこうやってお互い手をとりあってダンスを楽しむ… クルーズ中はどのフェリーでも見られる光景ですが、目にするたびに「素敵だなぁ」と思います。このバンド演奏は深夜2時まで続きました。



    DSC00324.JPG

    レストランではディナー、朝食、ランチ…とビュッフェスタイルで食事がいただけます。海の見えるテーブルでディナーをいただきました。写真は、スウェーデン人の「定番」のミートボールです。


    DSC00323.JPG

    勿論デザートもありますよ!



    DSC00395.JPG

    この日はほぼ満月で月明かりのとても美しい夜でした。ちなみに真夏には白夜が、真冬には凍った海がデッキから見ることが出来ます。どの季節でも楽しめます。夏ですと、乗客は皆デッキでビール片手に、遅くまで日焼けを楽しんでいます。


    DSC00327.JPG

    こちらは陽が沈む前の海。



    DSC00342.JPG

    船の一番後ろです。


    海もその日、その時間によって様々な顔を持っています。この日は先に書いた通り、月明かりの綺麗なとても静かな海でした。バイキングラインで安い時ですと、何と1000円程でクルーズ1泊の旅が出来ます。ちょっとした気分転換に、特別な日に、どのシーズンでも行きたい時に行くことが出来るクルーズ。スウェーデンにお越しの際は、是非!お勧めですよ。
  • 2011.10.19

    GamlaStan

    DSC00276.JPG

    先日私の住む街から東へ約100km。スウェーデン鉄道に乗って約1時間、首都ストックホルムへ出かけてきました。観光でスウェーデンへいらっしゃる場合、まず訪れるのがここですね。上の写真は観光スポットの1つ、Gamlastan(ガムラスタン・旧市街)の広場にあるレストラン。私が撮影しているこの右隣にはノーベル博物館があります。


    DSC00277.JPG

    こちらが、そのノーベル博物館です。入場料は日本円で約1000円。ノーベル博物館の公式HPの日本語ページはコチラです。


    DSC00271.JPG

    ガムラスタンには各国から様々な観光客が多く訪れるので、沢山のお店が歴史のある建物の中に犇めき合っています。こちらはチョコレート専門店。とても美味しいのでチョコレートがお好きな方は是非。


    DSC00292.JPG

    お土産屋さんの中は、こんな感じ。メインストリートを歩いていると、何軒も、何軒も見つけることが出来ます。観光名所らしく、「スウェーデン!」といったお土産が沢山置いてあるので、旅行で来てお土産を買うには持ってこいです。スウェーデンカラーのもの、スウェーデン国旗の入ったもの、沢山あります。


    DSC00293.JPG

    こちらは特に私が惹かれた赤ちゃん用スウェーデンロンパースです。とても可愛いですね!スウェーデンカラーの青×黄がとても鮮やかです。ちなみにこのストリートにはムーミングッズを扱ったお店もあります。



    DSC00290.JPG

    こちらはメインストリートを少し小脇に入った道。旧市街というだけあって、古い建物が並びます。ちなみにここ、毎日観光客で賑わう場所ですが、この古い建物にもちゃんと人は住んでいます。勿論オフィスも建物の中にあったりしますよ。



    DSC00280.JPG

    そしてこちらは王宮の衛兵交代式です。数時間に1度、見ることが出来ます。ちなみに王宮はこの旧市街のメインストリートから少し外れたところにありますが、最初に紹介したノーベル博物館よりすぐです。ここには王宮グッズのショップもあります。


    以上、ストックホルムの観光地として有名なガムラスタン(旧市街)からの写真でした。温かみ溢れるカフェやお洒落なレストラン、スウェーデングッズが犇めき合うお土産屋さんに観光名所。また海のすぐそばで、フェリー乗り場へも歩いて行けます。昼と夜、そして夏と冬、それぞれに違った趣がありとても素敵な場所なので、スウェーデンにお越しの際は是非探索してみて下さい。
  • DSC00194.JPG

    秋もだいぶ深まって来ました…というよりは、もう冬です。日中でも気温は10℃前後、天気予報で見た最低気温は‐2℃でした。北部ではすでに初雪が降った模様です。中南部でも、そろそろ初雪が降るかも知れません。ただ、落ち葉は増えたものの、紅葉はまだ綺麗に色付いていて木々が綺麗です。

    さて、今日はスウェーデン鉄道に乗って約1時間。スウェーデン中部に位置するとある街へ行って来ました。この街にはお城があり、上の写真はそのお城です。

    DSC00199.JPG

    こちら、お城の中に作られたお土産屋さんと、お城の中への入口。お城の中にはエレベーターがあり、カフェになった2階と、おそらくパーティー会場でしょうか?3階はテーブルと椅子が置いてあるフロアになっていました。


    DSC00211.JPG

    こちらは、前回紹介したGotland島に続いてスウェーデンで2番目に大きな島、Öland島でつくられたもののようです。独特の形をしたキャンドルホルダーがずらり。



    DSC00214.JPG

    こちらはとてもスウェーデンらしいお土産。ヘラジカとダーラナホースのマグネットです。ダーラナホースのお土産は、ほぼどこのお土産屋さんで見かけることが出来るので、旅行などでスウェーデンに来られた際は、必ずどこかで1度は目にするはずです。



    DSC00219.JPG

    お城を出てからは、教会へ行ってみました。そこで目をひいたのが、街中にあるレンタサイクル。この街のレンタサイクルやバスは、鮮やかな紫色で統一されていました。珍しいですね。



    DSC00231.JPG

    そしてこちらが教会の中。どこの教会にもステンドグラスがありますが、特にここの教会のステンドグラスは綺麗で見とれてしまいました。


    DSC00232.JPG

    細部の細工も素晴らしいです。


    DSC00225.JPG

    このように、コインを寄付してキャンドルを灯すことができます。こちらもどこの教会にでもあるものですが、キャンドル台が舟の形になっているものはここで初めて見ました。



    私がスウェーデン国内で初めて訪れる街で、必ず行くところはその街の教会です。初めていく場所でも、教会はだいたい高い塔になっていて、遠くからでも「あそこが教会だな」と、すぐにわかります。それぞれの街のそれぞれの教会が、全て違った特色、趣をもっています。大きい教会、小さい教会…今回訪れた教会は規模も大きくなく小じんまりとしていましたが、先にも書いたようにステンドグラスがとても印象に残った教会でした。


    次はどんな教会に訪れることができるのか、今から楽しみです。
1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.