• DSC01123.JPG

    相変わらず気温は5〜10℃をいったりきたり…昨日までちょっとした嵐で強い風が吹き、雨が降っていました。雪の気配もまだなので、今年は初雪は12月になりそうです。

    上の写真は、私の住んでいる街の中心にある広場です。ここでは普段マーケットが開かれたりしていますが、先週から広場の中央にスケートリンクが出来、巨大なアドベントキャンドルが。アドベントキャンドル、去年もこのブログでご紹介しましたが、4つのキャンドルを11月下旬から週に1本灯していき、クリスマスが訪れる頃には4本全部灯し終わっている…というものです。写真を見ていただいてお分かり頂けると思いますが、すでに1本、ロウソクに灯りが着いていますね。


    DSC01124.JPG

    こちらは別の角度から。大きなクリスマスツリーもあります。この季節になると、マンション等の団地にも大きなライトアップされたクリスマスツリーがどこからか運ばれてきます。ふと通りすぎるマンションの窓、一軒家、それぞれ家の明かりの点った窓々には、先に紹介したアドベントキャンドルの灯りも多く見ることが出来ます。この時期の風物詩です。


    DSC01126.JPG

    大きな木にも、イルミネーションが。夏場は夜遅くまで暗くならず、太陽で明るいスウェーデンですが、冬の真っ暗な午後はこうしてイルミネーションが輝いています。日本に比べたら暗く長く、気分が落ち込みやすい冬ですが、こういったライトアップをする事で気持ちが少し明るくなります。ここに真っ白な雪が積もれば、もう幾分か明るく感じる事が出来ます。



    DSC01128.JPG

    大きな木の奥に写っている建物の窓を、覗いてみました。ウィンドウディスプレイも、クリスマスのそれです。トムテが外を眺めていました。真っ白なコーディネイトが雪が積もる冬を連想させ、綺麗ですね。



    DSC01129.JPG

    別の窓は、こんな感じです。どこもクリスマスムード一色になっています。ここには木彫りのサンタさんが。



    DSC01130.JPG

    またまた別の窓には、今度はまたトムテが。先ほどのものと色違いです。向かって右側には、キャンドルが5本着いているタイプのキャンドル型ライトが。このライトを窓辺に置いている家が、とても多いです。


    日本も街並みがクリスマスムードに染まっていっている頃でしょうか?冬場の街のライトアップにはいくつになってもワクワクするものです。日本ではクリスマスで盛り上がった後は、すぐに街も人もお正月の準備ですね。スウェーデンのお正月は、場所によってはカウントダウンのイベントをやる所もありますが、日本に比べるととっても地味で、ほぼ普通の日と変わりません。夏至祭やクリスマス、また夏のバケーションになると休みになるお店がとても多いですが、お正月はなんと2日、早い所では1日から通常営業です。

    もうすぐ師走に入ります。年末へ向け忙しくされる皆さんも多いかと思いますが、どうぞご自愛下さいね。
  • DSC01102.JPG

    何でもないような、この写真。この中に、「何か」が写っています。皆さん、何だかわかりますか?

    今日、近所のスーパーまで買い物へ出かけたのですが、その帰りに思いがけない動物に出会いました。私は買い物用のカートをひいて歩いていたのですが、うっすらとしげる木々の向こう側に何か茶色いものが…?最初は「茶色い服を着た人かな?」と思ったのですが、視界が開けてビックリ、野生の鹿の親子でした!

    お母さんと思われる大きな鹿が1匹と、小さい子どもが2匹。木々を挟んだすぐ向こう側を悠々と歩いていました。こんな近く(ものの数メートルです)に野生の鹿の親子が現れた事にドキドキし、写真をちゃんと撮影したかったのですが、大きな音を立てて驚かせてはいけない…と思い、鹿たちが離れて行ったところを撮影しました。

    で、上の写真です。わかり辛いかも知れませんが、真ん中に白い点が3つあるの、おわかり頂けますか?こちらが可愛らしい、お尻です。親子3匹、茶色い体にお尻だけが白くなっていました。写真のちょうど向かって奥が森になっています。ちょうど森へ帰るところだったのでしょうね。ただ、森の手前に大きな道路があるので、車にひかれなかったか心配です。このように、「まさか!」と思うような場所に色々な野生の動物達が現れ、人間と共存しています。ちなみにこの場所、近くにはマンションや幼稚園などがある団地の一角です。日本ではなかなか、見ることの出来ない光景ですよね。



    DSC01099.JPG

    では今度はこちらの写真。カラーリングも素敵な、お洒落な内装。こちらは日本にも店舗がたくさんあるファストフード店です。どこかわかりますか?


    答えはこちら。

    DSC01100.JPG

    お馴染みのロゴ、マクドナルドです。日本のマクドナルドの内装とは、また随分違いますよね。こちらは店舗によって、内装も様々です。手前に見えているカップは、カプチーノ。コーヒー類はこのカップで出してくれます。


    DSC01101.JPG

    そしてこちら。コーヒカップの外側についているカードを切り離して、同じくコーヒーカップについているシールを4枚集めると、1杯無料で貰えるんです。勿論集めていますよ!しかも、無料で貰えるのはコーヒーだけでなく、カプチーノ、カフェラテもOK。サイズもなんとLiten(Sサイズ)、Mellan(Mサイズ)、Stor(Lサイズ)から選べます。Storはなんとコーヒーなのに、日本のジュース類のLサイズ相当の大きさです。たくさん入っていてとても嬉しいのですが、冷める前に全部飲むのは至難の業ですね。


    ハンバーガーのファストフード店といえば… いつも通りがかると疑問に思うのですが、こちらではライバル同士のハンバーガー店が必ずといって言い程、並んでいるのです。主にマクドナルド、そしてバーガーキング、あとはスウェーデンのマックスバーガー。こちらの3店が、前後左右に並んでOPENしています。「ハンバーガーが食べたい!」と、利用する側にとっては数店舗から選べるので嬉しい立地ですが、企業側にとってはどうなのでしょうか?日本ではなかなか見ないですよね。日本で例えると、マクドナルド、ロッテリア、そしてモスバーガーが必ず並んでOPENしているような感じです。

    マクドナルドといえば、国によってメニューが違っていたりしますよね。スウェーデンのメニューもだいぶ日本のものと違います。同じメニューは、普通のハンバーガーやチーズバーガー、そしてビッグマックなどでしょうか?その他はチキンバーガーやクォーターパウンダーバーガー等、色々スペシャルメニューが置いてあります。


    DSC01093.JPG

    DSC01094.JPG

    前回の更新でもお伝えした通り、様々なクリスマス商品が店頭に並ぶようになりました。私の住んでいる街でも、徐々にクリスマスのイルミネーションが用意されており、街の広場には簡易スケート場もOPENしました。ストックホルムの方でもクリスマスのイルミネーションが徐々に始まっているようです。ストックホルムへは来月に行く予定があるので、その時にクリスマスマーケットの様子など、皆さんにお見せする為に色々写真を撮ってきたいと思います。

    ここ最近の気候ですが、連日まだまだ5〜10℃あり、雪の気配はまだのようです。
  • DSC01031.JPG

    早くもお店には様々なクリスマスグッズが溢れ始めています。今日は、セカンドハンドのお店の一角にクリスマスコーナーを見つけ、「どれも可愛いなぁ」と一足お先にクリスマスムードに浸って来ました。


    ところで… 先月の今頃はグッと気温が下がり、「初雪ももうすぐかな」なんて思っていたのですが、なんとまだ降っていません。気温も日中10℃前後と、もしかして今年の冬は温暖なのでしょうか?遙か北に住む知人も、「去年は10月に初雪が降ったのに、今年はまだ。」と首をかしげていました。今年の初雪は、いつになるのでしょうか?


    DSC01029.JPG

    雪はまだですが、例年通りクリスマスはやってきます。セカンドハンドのお店には、沢山のサンタが。どれも年季が入っていたりまだ新しかったり、様々なカラー、様々な顔をしたものがズラッと並んでいました。勿論サンタだけではありません。クリスマス用のイルミネーション、クリスマスツリーのオーナメント等、とてもお手頃な値段で置いてあります。



    DSC01025.JPG

    このサンタ達は、一体どこから来たのでしょうか?それぞれが違った家で、大切にされてきたのでしょうね。


    DSC01030.JPG

    こちらにもズラッとサンタが並んでいます。日本ではなかなか見ないような顔つきのサンタも。見ているだけで、楽しいです。



    DSC01033.JPG

    赤いサンタだけではありません。こちらには、白や水色のサンタも。この写真の中央に写っているサンタ、トナカイを小脇にかかえ、手にはキャンドル。隣には雪だるまのキャンドルホルダーに、奥にはジンジャークッキーの家もあります。寒色系のサンタも、なかなか「冬」らしくて素敵ですね!


    DSC01026.JPG

    サンタだけではありません。スウェーデンのクリスマスといえば、過去に何度かご紹介したことのあるTomte(トムテ)も勿論置いてあります。顔の半分が真っ白なヒゲで覆われている妖精です。



    DSC01036.JPG

    さて、こちらの入れ物。見たところ小さなカップのようですが、何に使うものかわかりますか?

    こちら、「Glögg(グロッグ)」用のカップです。Glöggとは、スパイスの効いたホットワインのこと。クリスマスシーズンになると、スーパー等でも置かれ始めます。私はお酒に弱いので残念ながら飲んだことはないのですが、今年は少しだけチャレンジしてみようかな?と思っています。この季節にスウェーデンにご旅行で来られる皆さん、是非試してみて下さい!


    さて、今年の初雪は一体いつになるのでしょうか??降ったらまたこちらで皆さんにご報告したいと思います。ちなみに先月末でサマータイムも終了し、1時間日が暮れるのが早くなりました。日本とスウェーデンの時差も、7時間から8時間に。今ではもう午後2〜3時で夕方の雰囲気になり、午後4時すぎにはもう真っ暗です。夜10時頃まで明るかった夏が恋しいですが、来月のビッグイベント・クリスマスに備えて、「冬ならではの楽しいこと」を頭に巡らせたいと思います。
1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.