• P5140109.JPG

    冬時間が終わり、サマータイムに突入したスウェーデン。時計の針を1時間早く、進めました。これで一気に、日が昇るのも日が暮れるのも1時間遅くなります。日が暮れるのが遅くなるにつれ、冬が去って行く足音が聞こえてくるような気がします。

    さて、今回の写真ですが、まだまだこんなに緑は芽生えていません。これは数年前の春(5月頃でしょうか)の写真。以前住んでいた町はとても小さく、周りは森と平野しかありませんでした。



    P5140092.JPG

    一面に花開いたタンポポが広がります。スウェーデンでは気候のせいか、春〜夏中ずっとタンポポが咲いているので少し変な気分です。日本でタンポポといえば、やはり春ですよね。


    P4079584.JPG

    森を抜け、何も無い細い小路をずっと歩いて行くと、馬がいました。


    P5049992.JPG

    注意して地面を見ると、野生のハリネズミにも遭遇します。ハリネズミは近くで見ると本当に可愛いです。この写真を撮影した町には沢山いたのですが、今住んでいる街ではたまにしか見かけません。かわりに今の街では、野生のウサギを沢山見ます。たまにはまた、愛らしいハリネズミの親子などに遭遇したいものです!



    P5140120.JPG

    こちらはなんと、羊です。この時はもう毛が刈られた後ですね。この羊たちも、長い道をずっとずっと歩いて行くと、森の近くで飼われていました。



    P3153042.JPG

    こちらはスウェーデンならではでしょうか?ヘラジカ注意の看板です。後ろに見える景色は、やはり平野がどこまでもどこまでも広がっています。


    私がスウェーデンに来て寂しいなと思う事の1つが「山が無い」事です。私は日本では愛知県の名古屋近郊に住んでいましたが、どこにいても、遠くを見渡せば山脈が見えていました。日本に住んでいた時は、山の見える景色が当たり前だったので、「山」を意識した事は無かったのですが、いざスウェーデンに来てみると、何かが寂しい…  はっと気付いた時、その寂しさ・物足りなさは「山が見えない」事でした。

    勿論スウェーデンでも北部の方や場所によっては山があるところもありますが、日本ほど沢山の山があるわけではありません。現に私の住んでいる地域、そしてストックホルム近郊などはどこまで見渡しても平野と湖が広がるばかりです。とても自然の美しい景色ではありますが、やはり日本で山を見ていた自分にとって、それが見えないという事。無意識のうちに物足りなさ・寂しさに繋がっていました。


    P4079567.JPG

    どこまで行っても、平野なスウェーデンです。
    ドライブなどするには、信号も無いしきっととても走りやすいのでしょうね。
  • 2012.03.23

    Påsk

    P3093014.JPG

    前回の更新でも触れましたが、現在街はイースターで彩られています。
    スウェーデンでイースターは「Påsk(ポスク)」といい、Påskと言えばヒヨコにニワトリ、スイセンに魔女にウサギ… 主に黄色を使った商品が多く、見た目もとても華やかです。



    P3093018.JPG

    コチラの写真、左側がスウェーデンならではのスイーツSemla(セムラ)です。こちらは昔々、四旬節の断食の期間に食べられていた物ですが、現在ではクリスマス前後からイースター前後まで食べることの出来る、期間限定スイーツです。このセムラが食べれるのも、あと少しになりました。



    P3093013.JPG

    イースターのグッズは本当にカラフルで、心が踊ります。


    DSC02323.JPG

    こちらもニワトリの、手づくりの置物。鮮やかな黄色と黄緑が春を誘います。


    DSC02195.JPG

    こちらは羽根をあしらったタマゴの置物です。イースターグッズも、多種多様です。


    DSC02280.JPG

    こちらはシンプルですがとてもイースターらしく、そして可愛らしいウサギやニワトリの置物。


    DSC02274.JPG

    ニワトリを沢山あしらったマグカップまで!
    こうしてザッと見てみると、やはりニワトリのグッズが多いようですね。

    イースターにはタマゴのカラに思い思いにペイントしたり、大きなペイント済のタマゴをかたどった入れ物の中にキャンディを沢山入れてプレゼントしたり、また子どもたちがそのタマゴを割って出てきたキャンディを喜んで拾ったり…などなど、日本ではあまり馴染みがありませんが、こちらでは楽しいイベントの1つです。

    日本では見慣れないカラフルな「ニワトリグッズ」に沢山お目にかかれるのも、また楽しみの1つですね!


  • 2012.03.12

    イースター

    DSC02248.JPG

    まだ氷の張る川が冬を思わせますが、最近では日中14℃程ある日が続いています。もしかすると、日本よりこちらの方が暖かい日もあるかもしれませんね。暖かい日が続いても、「また冬に逆戻りするんじゃないか」などといつも思っていたのですが、今のところそんな事は無く、順調に順調に春本番へと向かっていっています。


    DSC02161.JPG

    春といえば、イースター。先週頃から店頭でイースターの飾り付けや商品を目にするようになってきました。



    DSC02293.JPG

    イースターは日本ではあまり馴染みがありませんね。イースターといえば、だいたいタマゴ、ヒヨコ(ニワトリ)、羽根の飾り付けが多く、そしてこちらの写真のような魔女も。黄色を使ったものが多いので、パッと見た目も華やかに、春を一層感じさせてくれます。


    DSC022811111.JPG

    こちらなんて、特に「イースター!」といった感じの、可愛らしい素敵なディスプレイ。やはり黄色が鮮やかです。写真やや左側に見える植物はスイセンで、イースターといえばスイセンです。あちらこちらでスイセンが売っているのを目にすることが出来ます。スイセンの花も、鮮やかな黄色ですよね。



    DSC02285.JPG

    イースターエッグを近くで見てみると、こんな感じです。タマゴにペイントが施されていてとても可愛らしいですね。


    DSC02262.JPG

    こちらもイースターのディスプレイですが、黄色に黒が差し色として入っていてまた一味違った印象です。日本ではなかなかここまでキリッとした黄色と黒のディスプレイ、また商品はあまり見かけないですよね。こちらもスウェーデンならではな大胆なカラーリングでは無いでしょうか。


    このまま冬に戻らず、春になってくれたら良いなぁと思います!
    春を迎えるのはいくつになっても、どこにいてもワクワクするものですね。
1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.