• DSC03159.JPG

    スウェーデンの夜は、とても静かです。

    近所で一番遅くまで開いているスーパーは夜10時閉店。「ぶどうを買いに行こう」と思いたち、夜9時半を過ぎていましたが歩いてスーパーまで行って来ました。
    そこで、「そういえば夜の写真はあまりUPしていないな」と思い、スーパーへの行き帰り何枚か撮影して来ました。先にも書いた通り、スウェーデンの夜はとても静かです。


    DSC03171.JPG

    誰かの置き忘れた自転車が一台。

    写真の空をご覧頂くとわかると思いますが、夜10時近くでも太陽の沈んで行った方向は真っ暗ではありません。徐々に、徐々に、日が落ちるのが遅くなっています。今ですと、丁度夜9時頃に綺麗な夕焼け空を見ることが出来ます。


    DSC03163.JPG


    今日は雲ひとつない晴天。月がとても綺麗に見えます。

    最近「この木は何の木だろう?」と気になっているのが、こちらの写真の左側の木。この特徴的な枝。スウェーデンではよく見るのですが、日本ではあまり見かけませんよね?

    ちなみに気温は10℃無いくらいです。日中でもまだ15℃以下といったところ。日本に比べるとかなり肌寒いのでは無いでしょうか?まだまだ冬用のコートが手放せません。


    DSC03162.JPG

    一番星もとても綺麗に輝いています。


    スーパーへの行き帰りで聞こえてきた音と言えば、鳥のなく声と遠くから聞こえる車の音だけ。シーンとしています。日本ですと、アチラコチラにコンビニがあったり、ガソリンスタンドがあったり、それこそ都会ですと24時間営業の店がそこら中にあり、夜を外で過ごす人たちにも沢山いて随分と賑やかですよね。

    私が今回すれ違ったのは、スケボーに乗った3人の男の子達だけ。日が長くなったので遅くまで遊んでいるのでしょう。他には殆ど誰ともすれ違いませんでした。日曜の夜ですから、きっとどこの家庭も皆でゆっくり過ごしているのでは無いでしょうか。


    DSC03172.JPG

    すれ違ったのは人間だけではありません。この写真、野生のうさぎが駆け抜けて行った時に急いでシャッターを押したのですが、さすが足が早い!丁度左手前の芝生から、右に写っている建物の奥へと走り抜けて行った後でした。

    この辺りにはうさぎがとても沢山います。冬の間はあまり見かけなかったのですが、夏へむけてまた沢山見ることが出来るようになるでしょう。


    DSC03167.JPG

    スウェーデンの家では、日本のように閉めきってしまうタイプのカーテンをつけている家は殆どありません。ですので、家の中に灯りが灯っている様子や、中で何かしている様子がとてもよく見えます。こちらの家庭は何をしている所だったのしょうか?家の中の灯りがとても温かく見えますね。



    さて、日本はGWへと突入する連休シーズンですね。スウェーデンにはGWはありませんが、5/1はFörsta maj(直訳して”5月最初の日”)という祝日です。「メーデー」と言ったほうが耳馴染みが良いでしょうか。5月に入り、ヨーロッパでは夏の訪れを祝う日です。
    それに伴い、前日の4/30にはValborg(またの名をワルプルギスの夜)というお祭りがあります。大きな焚き木を焚いて、春の訪れを祝います。


    DSC03147.JPG

    さて、前回の記事の最後に書いた窓辺で休んでいた鳥ですが… こちらの鳥です。6時間以上ここにいたので、もしかして怪我をしているんじゃないか等と、とても心配していたのですが、夜があけて朝見てみるといなくなっていました。

    元気に飛び立っていったようで良かったです。
  • 2012.04.23

    Stora Torget

    DSC03117.JPG

    ここ数日、週末を含め天気の優れないスウェーデンです。金曜はなんと雪とミゾレが1日中降っていました。気温は1℃程… 一時期は15℃位まで上がってとても気持ちの良い春日和の時もあったのですが、さすがにお天気の変わりやすい季節です。現在は雪も雨も止み、7℃程。週明けからまた太陽の覗く良い天気になってくれると嬉しいのですが…

    さて、そんな悪天候の中、先週木曜から週末にかけて街のStora torget(メイン広場)に出店が沢山集まっていたので、その時の様子をご紹介したいと思います。ちなみにこのStora torget(発音は”ストーラ トリエット”)、何も私の街の広場だけの名称では無くどこの街に行ってもあるので、スウェーデンへ来て「Stora torget」と書いてあるのを見かけたら、きっとそこはその街、地域で一番メインの広場と思って頂いて大丈夫です。だいたいお花や野菜を売っているテントが出ているのではないでしょうか。


    DSC03115.JPG

    今回はこんな感じ。出ているお店の数々、ちょっとスウェーデンぽく無いですね?


    DSC03118.JPG

    今回は10カ国以上からの名産品やお菓子、フードの数々のお店が集まっていました。イギリスのお菓子にイタリアのオリーブ、タイフードにオーストラリアのBBQ、フランスのクレープにドイツのソーセージ等。年に何度か開催されています。出店の店員さんはお客さんとも皆英語で会話しているので、恐らく海外から来ているのでしょう。



    DSC03126.JPG

    こちらは一番目を惹いたイギリスのお菓子のお店です!選り取り見取りで視覚的にも大変ワクワクします。置いてあるお菓子の殆どは、様々な味のファッジでした。



    DSC03128.JPG

    手前のこちら…何やら怪しい色をしていますが…

    リコリス&ミントのファッジです。リコリスはスウェーデンでもキャンディーやアイスとして人気の味ですが、日本人には馴染みが無いですよね。リコリス、食べた事のある日本人の友人は口を揃えて「もう食べたくない!」と言うようなお味。真っ黒のグミやキャンディー…見たことありませんか?フィンランドではサルミアッキと呼ばれています。

    そんな日本人が嫌煙する、文章では何とも形容し難い味にミント…という事で、いったいどんな味なのか気になりますよね。


    DSC03130.JPG

    私がお土産で買ったのはこれだけ。4種類違う味のファッジを買ってみました。コーヒー風味やキャラメル風味、とても美味しかったですよ。




    さて、実は数時間前から私のデスクのすぐ横、30cm程のところにある窓辺に1匹の黒い鳥がずっと羽根を休ませています。恐らく今は寝ていると思うのですが、4時間以上そこから動きません。私は今夜、家にゲストが1羽泊まっていくような気分でとても嬉しいのですが、野生の鳥がこんなに動かないなんておかしいですよね。怪我をしていないと良いのですが…!
  • 2012.04.15

    野鳥を身近に

    DSC03087[1].JPG

    前回の更新より少々間があいてしまいましたが、日本の気候はいかがでしょうか?
    こちらはサマータイムも始まり日が暮れるのも徐々に遅くなっていますが、さすが4月、寒くなったり暖かくなったり…

    ストックホルムでは昨日雪が降ったようです!
    現在夕方ですが気温は10℃位。朝夜は3℃前後でしょうか。


    DSC03092[1].JPG

    そんな冬と春を行き来している不安定な時期の今ですが、外に出かけてみると春に沢山出会うことが出来ます。こちらは森で咲いていた花。黄色が鮮やかで見ていて元気になれます!

    写真で見ると、日差しがとても暖かそうですが気温は10℃程です。
    ただ、日差しがやはり日本に比べるときついので、太陽の出ている時は実際の気温よりは暖かく感じます。



    DSC03093[1].JPG

    さて、森といえばこちら。ミニチュアの家のようですが、これは野鳥用の餌入れです。

    スウェーデンではスーパーで鳥の餌(ネットに入っておりバルコニーや木の枝から吊るせるようになっています)が売っている程、鳥用の餌は馴染み深いものです。アチラコチラで見ることができますよ。

    特にこの写真の場所は目の前にアパートがあるので、恐らくそこの住人が野鳥をケアしているのだと思います。



    DSC03094[1].JPG

    こちらもまた違ったタイプのもの。
    鳥が赤いバーの上に乗ると一定の量の餌が出てくる仕組みでしょうか?
    このタイプは私も初めて見かけました!


    DSC03096[1].JPG

    こちらも2本の木に鳥の家が設置されています。


    このように、スウェーデンでは野鳥をとても身近に感じる事ができます。
    スーパーで買ってきた餌をバルコニーに吊るしておくと、朝早くから野鳥たちが何羽も何羽もついばにに来てくれます。早朝から餌を食べに来た鳥たちのさえずりを聞くのも、なかなか言いものです。



    DSC03090[1].JPG

    さて、まだ冬と春が混ざったような気候ではありますが、このようにして一部だけ咲いている花があちらこちらで咲き誇るようになる様を見ることができるのも、もうすぐかもしれません。
1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.