• DSC04549.JPG

    外では雨がしとしとと降っています。今日で8月ももう終わりですね。こちらではすでにTVで秋のセールのCMが流れています。

    さて、今回は近所にある「歴史野外博物館」とでも言いましょうか、1921年にオープンした15〜19世紀の地元の暮らしの様子を再現している博物館の写真をご紹介したいと思います。


    DSC04645.JPG


    屋根の上に藁や樹の枝が乗った小じんまりとした木造建ての建物が何軒かあり、中へ足を一歩踏み入れると、そこには昔の人々の生活の様子が再現されています。



    DSC04553.JPG

    パッと見た感じでは今のスウェーデンの家の雰囲気とそこまで大差はありませんが、置いてある家具屋道具はさすが今では使わないような年季の入ったものばかり。「昔の人は、こんな風に生活していたんだな」と思いを馳せます。


    DSC04560.JPG

    こちらはコーヒーミルでしょうか?とても古いものである事が見て取れます。また、細部に渡り全ての物が昔のもので、当時の様子をうかがわせるレトロな缶の入れ物等たくさん置いてあります。


    DSC04561.JPG

    家の中から外へ出ると、当時の服装を身に纏った女性が編み物をしていました。この博物館内のスタッフは、全員昔の服を着て、当時の様子を再現しています。一瞬、タイムスリップしたような錯覚に陥ります。



    DSC04648.JPG

    こちらは1877年に建設された学校の教室です。こちらにも、当時の服装を纏った先生が。この教室の後ろ壁には1900年代始めに撮影されたクラス写真が何枚か並んでいます。勿論、白黒写真です。

    また、この学校が建設された当時は子どもを学校へ通わせない親も沢山いたそうです。当時は家畜や畑の世話の手伝いが必要だったり、学校に通えるような良い服や靴を持っていなかったからだそう。学校に通ってくる子ども達の中には、かなり遠くから通学していた生徒もいたようです。また、当時は全ての学年の生徒が1つの教室で授業を受けていたそうです。

    先生は、学校と同じ建物の中に住んでいたといいます。この辺りは現在とかなり違いますね。


    DSC04545.JPG


    DSC04643.JPG

    敷地内にはヤギや鶏、アヒルやウサギに豚や馬など沢山の動物たちがいます。スウェーデンで古い時代から生活を共にしている動物達です。

    こちらの博物館は入場無料、大人も勿論ですが、地元の子どもたちの遠足や課外授業の場所としてとても良い所だなと思います。自然と触れ合い歴史を学ぶ。季節ごとにイベントもやっていますよ。


  • DSC03876.JPG

    今回は、毎年私の住んでいる街で開催されるクラシックカーのフェスの様子ご紹介したいと思います。今年は先月頭に開催されました。こちらは世界でもかなり規模の大きいフェスの1つで、スウェーデン国内からは勿論、ヨーロッパ中、また世界中から自慢の車を持ち寄った参加者、そして沢山の観覧者が集まります。


    DSC03894.JPG

    このフェスは3日間に渡り開催され、その中の1日はコンテストです。コンテストの会場へ着くまで、決められた街中のルートを続々と自慢の車に乗った参加者達がゆっくり走りぬけ、集まった人々に車のお披露目をします。


    DSC03902.JPG

    どの車も、目を見張るような個性的なものばかり。映画の中に出てきそうな車が沢山集まります。中でも1950〜60年代のアメリカ車が多いです。


    DSC04096.JPG

    DSC04100.JPG

    とてもカラフルですね。



    さて、ここに集まってくるのはコンテストに参加するクラシックカーだけではありません。
    ここぞとばかりに、ボロボロの車や改造したユニークな自家用車を乗ってお披露目に参加する人たちもかなりいます。


    DSC04146.JPG

    DSC04125.JPG

    DSC04167.JPG

    DSC04130.JPG

    DSC04165.JPG

    皆思い思いの服装、車でゆっくりと街を走り抜けて行きます。このフェスのある3日は、昼から夜までこのような車が街中を走っており、眺めているだけでとても楽しいです。ただ車にぎゅうぎゅう詰めに乗っていたり、屋根や荷台に足を投げ出して乗っている人たちが沢山いるので、見ているこちらはハラハラしてしまいます。

    DSC03975.JPG

    DSC04142.JPG

    DSC04002.JPG

    かっこいい車、お洒落な車、ユニークな車…本当に沢山の車が世界から集まってくるので、本当は全てお見せしたいのですがなかなか1回では紹介しきれません。また別の機会に他の写真もピックアップしてお見せ出来たらと思います。
  • DSC04579.JPG

    現在これを書いている今、深夜なのですが何と外の気温は7℃。冬みたいですね!日中は風に秋の気配が紛れてきたものの、太陽が出ていればまだまだ暖かく、過ぎ去ろうとしている今年の夏をまだ感じる事が出来ます。



    DSC04580.JPG

    綺麗に咲き誇る花々を見ることが出来るのは、今年はあとどれ位でしょうか。この後秋に向け、一斉に色鮮やかな夏色から、赤や黄色の秋色へと変化して行くでしょう。



    DSC04691.JPG

    繊細な色がとても美しい花、こちらは公園で見かけて思わず撮影しました。とても綺麗です。



    DSC04576.JPG

    今の時期はベリーの時期でもあるので、森やちょっと入った小道などでブルーベリーやラズベリーを始めとしたベリーがたくさんなっています。ベリーもとても色鮮やかで、夏色の鮮やかさに花を添えています。

    秋になれば、ベリーからキノコへとバトンタッチです。至る所で今度は様々な種類のキノコを見ることが出来ます。スーパーや市場では、秋に見かけるキノコが並び始めました。



    DSC04686.JPG

    夏には公園や湖など至る所でみな思い思いにピクニックや日向ぼっこを楽しんでいますが、秋にもなると徐々に人が少なくなります。

    カフェやレストラン、バーでは、夏場は皆外のテーブルで親しい人との時間を楽しみます。ちょっと今日は肌寒いな…と思う日でさえ、皆頑なに外で食事をしたりお茶をしています。外で開放的な時間を太陽の下で過ごせるのも今だけ。秋が来るとその後はまた長く暗い冬が始まります。残り少ない夏を、それぞれが名残惜しんで過ごしているようです。



    DSC04583.JPG

    スウェーデンの一軒家の庭でよく見かける「りんごの木」の実がなるのもこの時期。先日、青いリンゴが小さくなっているのを見かけました。これが秋になるにつれ、赤く熟れ、庭じゅうにリンゴが落ちて甘い香りを漂わせます。


    日本の四季と同じように、スウェーデンの四季もそれぞれとても美しいですよ。

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.