• DSC05182.JPG

    今月始めのブログ記事を書いた時は、「今月末には赤や黄の紅葉した木々は裸になってしまうんだろうな…」と憂いていたのですが、なんとまだ美しい葉が残っています!春と秋が短いスウェーデン、少しでも長くその美しい紅葉を見れるのは嬉しいことです。


    DSC05187.JPG

    まさに「落ち葉の絨毯」ですね。地面一面に敷き詰められた黄色い落ち葉は、ハッと息をのむ美しさです。



    DSC05190.JPG

    この日は気持ちの良い青空が広がっていました。

    先日私の住んでいる地域でも初雪が降り、気温は-2〜3℃前後。手袋無しでは手がかじかむ寒さです。この写真を撮影したのは3日程前なのですが、この後強風に雪に雨… いよいよ紅葉した木々ともお別れのようです。



    DSC05188.JPG

    よく見ると落ち葉にも霜が。これから徐々に徐々に、冬へと季節が移っていきます。サマータイムも終了し、時計の針を1時間戻しました。これで日本との時差がマイナス7時間だったのが8時間に。


    DSC05170.JPG

    また地面一面に積もるほどの雪は降っていませんが、あちらこちらに雪が。


    DSC05179.JPG

    さて、10月の終わりといえばハロウィンですが、スウェーデンではそこまで盛り上がる事の無いイベントです。日本の方が、何倍も何倍も街中がハロウィンカラーに染まっているはずです。

    クリスマスやザリガニシーズン、また夏至祭やイースターなど、イベント事はスーパーに行けば大抵その行事のグッズが沢山並んでいるものですが、ハロウィンはなんとこれだけ。寂しいですね。


    DSC05191.JPG

    こちらはショッピングモールで見つけたハロウィンカラーとカボチャで彩られたディスプレイ。思わず「やっとハロウィンぽいのもを見つけた!」と思ってしまう程。スーパーの野菜売り場には、ジャック・オ・ランタン用の大きなカボチャが売っていますよ。
  • DSC04838.JPG

    赤や黄に色付き、すぐに散ってしまうと思っていた葉。まだ美しく木に残っているままです。今年は気温の下がり方が緩やかなのでしょうか?この景色を長く見ていることが出来るのであれば、大歓迎です。

    DSC04839.JPG

    さて、今回は以前紹介したアメ車のコンテストの時の他の写真をご紹介したいと思います。コンテストに出場している車には勿論目を見張りますが、便乗してお披露目にやってくる沢山の改造車を見るのもとても楽しいです。


    DSC03883.JPG

    DSC03884.JPG

    DSC04135.JPG

    DSC04095.JPG

    DSC03935.JPG

    DSC04158.JPG

    DSC04116.JPG

    DSC04113.JPG

    DSC03914.JPG

    文章無しでザッと様々な車をご覧頂きましたが、いかがでしょう?

    日本ではなかなか見る機会の無いようなタイプの車が沢山でとても楽しいです。ちなみに一番最初と最後の車はコンテストに参加する車、それ以外は便乗してお披露目にやってきた改造車のごく一部です。

    皆車の屋根に上ったり、窓から身を乗り出したり、更にはお酒も飲んでいるので「落ちないかな?大丈夫かな?!」とこちらはハラハラしっぱなしなのですが、本人たちはいたって楽しそう。ちなみに何か事件・事故が起きないようこの日は車が走るルートにパトカーも沢山集まっています。

    このなんとも自由な感じが良いですね。普段はなかなかシャイなスウェーデン人も、いざお祭りとなるとこのような一面もあります。来年もこのコンテストは開催されるので、来年も「落ちないかな大丈夫かな」とハラハラしながら楽しく車のパレードを見守りたいと思います。
  • 2012.10.12

    紅葉シーズン

    DSC04840.JPG

    寒い時ではマイナスまで気温が下がるようになってきたこの頃。木々がとても綺麗に色付いています。スウェーデンと聞いて、「紅葉」のイメージはあまり無いかもしれませんが、自然が周りに多いせいもあり、その美しさと鮮やかさは目を見張るものがあります。


    DSC04843.JPG

    赤に黄色の落ち葉の絨毯。もう少しすると、もっともっと紅葉が深くなります。



    DSC04830.JPG

    DSC04828.JPG

    紅葉した葉から覗く様々な樹の実も彩りを加えます。



    DSC04845.JPG

    さてこちら。

    毎年秋になると地面に落ちているのをよく見かけるのですが、中の身はまるで栗のよう、でも外の殻はちょっと栗とは様子が違う…一体何だろう??と思っていたところ、カナダに住んでいる友人が写真を見て教えてくれました。セイヨウトチノキの実のようです。

    その栗のような見た目から、「食べれるのかな?」と気になっていたところ、トチノキの実はどうやら弱毒のようで食べるのには適していないそう。残念!



    DSC04841.JPG

    こちらも黄色の葉がとても鮮やかです。今年は雨が多くパッとしないお天気の日が続いていますが、美しく彩られた紅葉で気分も上がります。こんなに綺麗なスウェーデンの紅葉、この後どんどん寒くなって行くので、残念ながら紅葉を楽しめる期間はとても短いです。
1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.