• DSC05329.jpeg

    先日、久しぶりに近所の湖へ歩いて行ってきました。スウェーデンは湖が多く、ストックホルム郊外を上空から見下ろすととても綺麗な景色が広がっています。


    DSC05340.jpg

     
    写真ではだいぶ日が暮れかけていますが、こちらまだ午後3時前。
     
     
    DSC05309.jpg
    最近ではめっきり日が暮れる時間が早くなったので、感覚で「今、夜の8時くらいかな」と思っても実はまだ午後5時頃という事も頻繁にあります。
    ちなみに11/18のストックホルム近郊の日の出時間は7時58分、日の入りは午後3時20分です。これが1週間におよそ10分づつ、日の出が遅くなり、そして日の入りが早くなっていきます。
    DSC05318.jpg
    ここ最近はずっと日中10℃近くあるので、もしかしたら今年も去年と同じく温暖なのかもしれません。
    さて、ストックホルムの観光名所の1つである旧市街(Gamlastan)では、来週11/24からクリスマスマーケットが開催されます。こちらのマーケットは、Stortorgetという広場で1915年より毎年開催されています。丁度ノーベル博物館の正面、ストックホルム宮殿からも歩いてすぐの場所です。
    また、スカンセン(Skansen)という野外博物館でも同日よりクリスマスマーケットが開催されます。
    12月に向け、様々なところでクリスマスマーケットが開催されるので気持ちも盛り上がってきますね。
    DSC05298.jpg

    教会でも、クリスマスコンサートが行われることでしょう。
    また。12月には聖ルシア祭もあります。
    DSC05364.JPG

    さて、綺麗な風景などの写真に続き最後はこちら。

    うちのバスルームです。

    水はけが悪いので業者の人に見てもらったところ、壁や床が古くなって湿気をかなり吸収しているので修理した方が良いとの事。先日から工事が始まり、なんと今はこのようにバスルームとは思えないスペースになってしまいました...。ちなみに工事が終わるのはなんと6~8週間後だそう!

    それまでシャワーが使えないので、近所の建物の鍵を渡され、そこの中のシャワー室を利用することになりました。バスタブはバルコニーに。壁と床を全て張り替えるそうで、工事後にピカピカのバスルームになるのは嬉しいのですが、毎日外にシャワーを浴びに行かないと行けないので、早く工事が終わると良いなぁと願っています。
  • DSC05276.jpeg

    サマータイムも終わり、1時間時計の針を戻し、そして日が暮れるのが徐々に徐々に早くなって来ています。こちらの写真で午後3時前。太陽が地平線に隠れようとしています。今では午後4時にはほぼ真っ暗です。
    DSC05277.JPG

    気温の方は10月から急激に、また徐々に下がっていく事も無く、日中は2〜5℃前後をウロウロ。雪は振らず、お天気が優れない日は雨がよく降っています。去年の冬は、あまり雪が積もらなかったのですが今年はどうでしょう?
    DSC05271.JPG

    手袋が無いと手が痛いな、と感じる気温ですが、保育所の子どもたちは元気に遊んでいます。子どもたちは皆しっかり防寒が施された上着とズボンを着て、帽子も着用し防寒はバッチリです。子どもたちは真冬の積もった雪の上でも、頬をピンクに染めながら元気に遊んでいます。
    DSC05273.JPG
    街には少しづつですが、クリスマスの商品が並ぶようになりました。
    DSC05272.JPG

    赤と白のクリスマスカラーです。「いかにもクリスマス!」という感じではなく、さり気なく色だけでクリスマスの雰囲気を出しているのが良いですね。
    DSC05274.JPG

    よく行くセカンドハンドのお店でも、クリスマスの商品が一気に顔を見せました。こちらのような棚が他にも4列程。初売りは来週からのようで、店内に入ってもこちらの棚は見えないようにカーテンで隠されていました。外からパチリ。
    こちらのお店ではこういった小物等は約100円から販売しており、高くても1000円以内で購入できるので、素敵な掘り出し物を格安で見つけるにはピッタリです。
    この季節になると、一般のお宅でも窓辺にクリスマスライトや星型のライトを一斉に飾り始め、暗い夜でもとても明るく感じるものですが、まだまだクリスマスライトを用意しているお宅は今では少ないよう。様々なライトやイルミネーションを窓辺に飾り、積もった雪にライトの明かりが白く反射する。暗い冬の夜を美しく彩る様子はスウェーデンの冬の醍醐味の一つでしょう。
1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.