• DSC00855.JPG

    先日行ってきた、以前こちらでも紹介したことのある近所のオープンエアミュージアム。1900年代初期の建物などが野外に展示されています。そこで、古い家の階段に座っている猫を見つけました。日本では、地域によっては野良猫を見かけるところも少なくありませんが、スウェーデンでは殆ど見かけることはありません。たまに、本当にたまに(1年に1~2回ほど)見かける位です。

    DSC00860.JPG

    久しぶりに見かける猫、思わず近づいてみたら、こんなに近寄っても逃げませんでした。目は開けていたりもしていましたが、眠かったのでしょうか?


    DSC00851.JPG

    ここのオープンエアミュージアム、規模はそんなに大きくありませんが、動物が沢山いるのでお子さん連れの人たちをよく見かけます。こちらにいるのは...

    DSC00853.JPG

    ガチョウです。アヒルやカモよりも大きく、見ているととても可愛いです。ちなみに、スウェーデンでは自然の多いところへ行くと、市街地の近くでも野生の白鳥を見ることが出来ます。実際白鳥を近くで見ると、その大きさにビックリします。


    DSC00868.JPG

    こちらには大きな馬が。昔はこの種類の馬を、荷物の運搬に使っていたようです。
    スウェーデンへ来て、例えばバスや電車に乗って外を眺めていると色々な動物を見ることが出来るのですが、恐らく一番目にするのが馬でしょう。次点で羊か牛でしょうか。


    DSC00872.JPG

    こちらにはいつもはヤギがいるので、ヤギの親子かな?と近づいてよく見たら、牛と羊が一緒に仲良く食事をしているところでした。


    DSC00871.JPG

    近づいてみると、こんな感じです。まるで親子みたいですよね。


    DSC00877.JPG

    最後はコチラの写真。ハンドメイドの石鹸やキャンドルなどを売っている小さいお店の店先です。アチラコチラで見つけることの出来る松ぼっくり(年中落ちています)や植物をそのままディスプレイに使っています。自然がすぐ身近にあるからこそ、自然のものを使った様々なアイデアが湧いてくるのでしょう。


    さて、もうすぐ5月。明日4/30は、大きな篝火を焚いてValborgsmässoaftonという春の訪れを祝う日、そして王様の誕生日です。冬場は午後3時ですでに外が暗くなっていたものですが、今では21時をすぎても太陽の沈んでいった方向が少し明るいくらいまで日が長くなりました。深夜2~3時でも、鳥の鳴き声が絶え間なく聞こえてきます。

    5月が過ぎ6月が来ると、夏至祭のシーズン。夏も、もうすぐそこまで来ています。

  • DSC00837.JPG

    今回は、先日入ったカフェの写真をご紹介します。

    日本ですと、ちょっとお茶でも...などという時は、街を歩けば沢山ある珈琲チェーン店などが手軽ですよね。あるいは最近ではあまり見かけませんが、昔ながらの喫茶店。世界に沢山あるスターバックスでさえ、スウェーデンには2010年に最初の1店舗がストックホルムアーランダ空港内にOPENして以来、殆ど新規OPENしていません。スターバックスのオフィシャルサイトにすらスウェーデンの項目が無いくらい。コーヒーが大好きで、本当に普段から良く飲むスウェーデンの人たちは、どこで*FIKAをしているのでしょう?

    *FIKA=スウェーデン人がコーヒーと一緒にちょっとしたスイーツを食べるコーヒーブレイクの事。


    DSC00836.JPG

    ちょっと手軽にテイクアウトで...という場合は、コンビニ(日本のそれとは品揃えが全然違いますが)やスーパーに置いてあるコーヒーマシンで。お店に入って、ちょっとゆっくり...という場合は、日本で言う昔ながらの「喫茶店」のような感じのカフェになります。どこのカフェも、他所のお家にお邪魔しているような気にさえなる、温かみのある店内が特徴です。

    先ほどからご紹介している写真もまるで雑貨屋さんの写真のようですが、実はカフェのレジ前。ハンドメイドの商品が可愛らしく飾られています。日本で展開されている珈琲チェーン店ですと、どの店舗も統一されたちょっと無機質な内装のお店が多いので、スウェーデンとは随分違いますね。



    DSC00848.JPG

    お店に入ってすぐにはこんなに古いレジが。昔実際に使われていたものでしょう。こんなに古いタイプのレジは初めて見たので、思わず「どうやって使うんだろう??」と考えてしまいます。その奥には、手書きのメニューが黒板に。


    DSC00844.JPG

    窓際にはセカンドハンドのお店でよく見かける、こちらも昔使われていたブリキのキッチン用品。

    DSC00838.JPG

    スウェーデンのカフェ、レストランでは殆どのテーブルにキャンドルが用意されています。

    DSC00845.JPG

    スウェーデンのカフェで多いのが、こうして別々に独立した部屋をそのまま繋げて開放していること。お店によっては、部屋によって内装や家具が違っていたりするので、部屋の多いカフェは中を見て回るだけで楽しいです。

    正面の棚の両サイドには、お客さんが自由に使える子ども用の椅子と、なんとご年配の方用の杖まで。杖が置いてあるお店は、珍しいかもしれません!向かって左側はランチブッフェ用のテーブル。飾ってある絵画は、地元の景色。地元の景色、または100年ほど前の地元の景色の絵画を飾ってあるカフェがとても多いです。きっとどこのカフェも、内装も昔から殆ど変わっていないように思われます。


    奥の部屋の壁に飾られている、黒いナイフとフォークのインテリア、アクセントになって素敵ですね。



    DSC00841.JPG

    この時は喉が渇いていたので、コーヒーでなく炭酸飲料を。瓶に入っているのが、またレトロですね。左側は前回紹介したフレーバー付き炭酸水。こちらはHALLON(ラズベリー)フレーバー。そしてその隣がPÅSK MUST。こちらはイースターの時期になると毎年売られるコーラのような甘さのある、企業秘密のレシピで作られている伝統的な炭酸飲料です。ちなみにクリスマスの時期になるとJUL MUSTが発売されますが、PÅSK(イースター) MUSTもJUL(クリスマス) MUSTも同じ味。ただ、名前とパッケージが違うだけです。でも、毎年どちらもとても売れているんですよ。

  • 2013.04.13

    雪解け

    DSC00830.JPG

    気温がマイナスまで下がることも稀になってきた今日このごろ。

    地面に根強く残っていた雪や氷も、そろそろその姿を消し始めました。冬場はこちらの写真のベンチにも沢山雪が積もり、一面は白銀で覆われていましたが、今ではもうこの通り。すっかり雪は無くなっています。


    DSC00832.JPG

    川にはまだ氷が張っている箇所も残っていますが、鴨は氷なんてなんのその。気持ちよさそうに泳いでいます。川の向こう側を歩く人達の服装も、真冬のコートから春用のジャケットに。レザージャケットを着ている女性が最近では目立ちます。
    10代~20代前半の女性の間では、レギンスにカットソー、その上にレザージャケットというシンプルなスタイルがここ数年の定番です。


    DSC00835.JPG

    陸に上がっているカモたちも、とっても気持ちよさそうに日光浴。

    スウェーデンでは日本と比べて太陽が近いせいか、気温が低くても太陽が覗いている間はとても温かいです。この写真を撮影した日は8℃位でしょうか。日本で8℃というと、まだまだ結構寒いと思いますが、太陽の出ている時なら体感温度的には日本の15℃位に感じられると思います。

    DSC00805.JPG

    このままいい天気の日が続くと良いなぁと思っていたのですが、これを書いている今現在は、雨。冬場は雨の変わりに雪が降るので、しとしと降り続く雨の音を聞くのも久しぶりな気がします。春・夏に近づいている証拠ですね。
    (上の写真、車の窓が汚い!と思われるかもしれませんが、ピカピカに手入れをしている日本の車に比べてこちらの車はだいたいこんな感じです。たまにバスの窓もこれ位汚れているので、外が見えないほど!勿論綺麗に手入れをしている人も、たまに見かけます。)



    DSC00825.JPG

    さて、今回はこちらのご紹介。

    スウェーデンではフレーバー付きの炭酸水が人気で、様々なブランドから色々なフレーバーが発売されています。喉が渇いた時や、食事の時に、お茶や水がわりに飲みます。コンビニやスーパーに行くと、かなり沢山のフレーバー炭酸水が並んでいるのに気が付きます。ちなみに微炭酸のものが多いので、とても飲みやすいです。

    人気で定番のフレーバーは、レモンやライム、そしてブルーベリーやブラックベリー、ラズベリーなどのベリー系に、洋なしなど。それぞれのフレーバーのミックスされたもの(ストロベリー×ライムなど)も人気です。

    DSC00824.JPG

    そしてこちらが、最近新発売になったフレーバー2種類。

    先日初めて見かけて「えっ?!」とビックリしたので思わず買ってしまいました。なんと「ストロベリーアイスクリーム」フレーバーと「チョコレートシェイク」フレーバーです。とても可愛くオシャレなパッケージも目を惹きました。ペットボトルの蓋まで、そのフレーバーに合ったパステルカラーです。

    炭酸水の色は勿論無色透明で、アイスクリーム味にシェイク味...一体どんな味なんだろう?!と思い飲んでみたのですが、まさに「ストロベリーアイスクリーム」と「チョコレートシェイク」の味がしました!ビックリです。フレーバーですので、その味がほんのりする位なのですが、間違いなくストロベリーアイスとチョコシェイク味。

    とっても美味しいのですが、フレーバーがフレーバーだけに食事と一緒には合わなさそうです。喉が渇いた時に飲むのが良い感じです。ちなみに新発売はあと1種類、「アップルパイ」フレーバーもありましたが、こちらはまだ試していません。この2種類を飲んだ感じですと、ちゃんとアップルパイの味がするのに間違いありません。炭酸水にアイスにシェイクにパイのフレーバーを作ろう!というアイデア、そしてその商品化までの流れも凄いですね。


    このように、スウェーデンにはとても沢山の種類のフレーバー付き炭酸水が手に入るので、ご旅行などでお越しになった際は是非、気になったフレーバーを試してみてくださいね。

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.