• DSC_2692_20130530225852721.jpg

    6月下旬の夏至にむけて、スウェーデンではどんどん日が長くなっていっています。こちらの写真で夜の11時。一年で一番日が長く明るい時期なので、街をすれ違う人たちも心なしか皆開放的に、夏を楽しんでいる様子が伺えます。


    DSC00962.JPG

    さて、今回はストックホルム中央駅をご紹介します。

    海外から、また国内から長距離バスや電車を利用する時の窓口ともいえるストックホルム中央駅。海外からお越しの際も、ストックホルムアーランダ空港から「アーランダエキスプレス」を利用するとこちらへ到着します。アーランダエキスプレスとは、空港とストックホルム中央駅を20分程で結ぶ快速列車です。


    DSC00964.JPG

    今回ご紹介するのはこちらのホーム、鉄道乗り場です。鉄道乗り場にはアーランダエキスプレスの発着がある他、スウェーデン各地へ短距離~長距離列車が発着しています。奥に見えているのが、黒い鉄道列車。こちらのタイプの列車の中には、自販機や子どもの遊べる車両、カフェなどがあります。長距離でも、カフェでコーヒーで一息入れることも出来るので気分転換に良いですね。

    ちなみに鉄道の切符はネットで購入、駅で購入、列車の中で車掌さんから購入...と様々な手段がありますが、前もってネットで購入するのが一番安いです。前もってネットで購入するのと、列車の中で購入するのとでは、その時にもよりますがネットを利用した方が1/3程の値段で買えます。また、ネットで購入する際は乗る電車の時間によっても値段が変動します。



    DSC00965.JPG

    鉄道乗り場のこちらの機械でも、切符の購入が可能です。行き先を選択し、支払はクレジットカードで。ちなみに、スウェーデンではカードでの支払いが日本に比べてかなり主流となっており、スーパーなどでの日本円で100円程の買い物でもカードで支払う人が多いです。財布の中にはカードだけ...という人も恐らく少なくないでしょう。ただ、小さい店などでは支払金額が規定の金額以下の場合は現金しか受け付けていないお店もあるので、注意が必要です。


    DSC00957.JPG

    こちらの写真の中央にある電光掲示板で、発着予定の列車一覧や各乗り場が確認出来ます。同じ行き先でも、時によって乗り場が全然違う場所になったりする時があるので、事前に必ずチェックが必要です。

    奥に見える乗り場は鉄道でなく、Pendeltåg(ペンデルトーグ)というストックホルム市内を走る電車の乗り場です。

    ストックホルム中央駅からは、鉄道、そしてこのPendeltåg、T-banaと呼ばれているストックホルム市内を走る地下鉄、また隣接する建物からは短距離~長距離バスが発着しているので、「スウェーデン国内外の旅の窓口」と呼んでも過言ではないでしょう。海外からスウェーデンへお越しの際は、一度は必ずこちらの駅に足を運ぶのでは無いでしょうか。



    DSC00963.JPG


    こちらの電車も鉄道の列車です。この新しいタイプと、すでに写真で紹介した古いタイプ(黒い列車。他に青いタイプもあります)の2種類あり、行き先が同じでもその時々によりどちらの列車が来るかわかりません。こちらの新しいタイプの車内は2階建てになっており、とても綺麗です。事前にネットで購入すれば、Wifiの利用も可能となっています。


    夏至祭のミッドサマー、そしてクリスマスなどには、沢山の荷物やプレゼントを持ち、長距離鉄道を利用し地元へと帰って行く人々で溢れかえります。





  • DSC00953.JPG

    昨日から雨がポツポツ降りちょっとお天気の優れませんが、それまでは日中25~30℃の気持ちの良い夏日が続いていました。太陽が照っている時はとても暑いので、街中ではタンクトップに短パンや、上半身裸で自転車を乗る男性も沢山見かけました。

    夏になるとタンポポにチューリップにスイセンに...と、様々な花が公園や道端に溢れます。スウェーデンの夏は、とてもカラフルです。


    DSC00954.JPG

    さて、こちらは先日ストックホルムのKungsträdgården(直訳すると、王様の庭園)にあるカフェで食べたランチです。Kungsträdgårdenは桜の花見スポットとしても有名です。

    大胆にサーモンが乗ったプレート、こちらは150SEK(現在のレートで約2400円)でした。下の写真はチキンサラダで、こちらも同じようなお値段。スウェーデンではどちらも定番のメニューです。

    DSC00955.JPG

    特にサラダは皆よく食べます。「サラダ」...といっても、ショートパスタが入っていたりクスクスが入っていたり、チキンにエビにザリガニにチーズに...とその種類は沢山あり、メイン料理と一緒に食べる「サラダ」でなく、メインとして食べるサラダです。スーパーやコンビニでも出来合いのサラダは数多く売っていますし、最近ではスーパーでよくサラダバー(グラム単位の値段で、好きな食材を好きなだけ)を見かけます。ちなみにサイズはとても大きいです。


    DSC00956.JPG

    こちらは別のカフェで食べたケーキ。コーヒーとチョコレート風味です。ぱっと見ると中に生クリームとスポンジが入っているのを想像しますが、こちらは中身はメレンゲでした。メレンゲも、スウェーデンでは定番のスイーツです。


    P8242592.JPG

    こちらはまた別のお店のものですが、奥がフルーツのムースに手前がベリーのタルト。日本のように沢山の種類があるわけではなく、どのケーキも「定番」の顔ぶれです。


    DSCN9976.JPG

    食べ物繋がりで、こちらは「定番」なホテルでの朝食ブッフェのメニュー。日本のそれと違うところは、ハム、パン、バター、ヨーグルトの種類がとても豊富に揃っているところでしょう。

    パンは白パンからライ麦や胚芽パンに柔らかいものから固いものまで、ハムはローストかはたまたターキーか... ヨールグルトは乳製品が豊富なスウェーデンだけあり、その種類はベリーの入っているもの、ラクトースフリーのもの、脂肪分のパーセンテージが違うもの...多い所では6~7種類ほど置いています。果物を入れたりミューズリやシリアルを入れたりと、皆お好みで。

    チーズもスウェーデン人は好んで食べるので、4~5種類程置いてあります。

     



    さて、今日の天気予報も優れないお天気のよう。早く雲が晴れて、また数日前のような気持ちのいい夏日が戻ってくると良いのですが。

  • 2013.05.11

    Valborg

    DSC00883.JPG

    毎年4月の最後の日に行われる、Valborg(ヴァルプルギスの夜)前夜の、春の到来を大きな篝火を焚いて迎えるイベント。去年もその様子を写真でご紹介したのですが、今年は別の広場へ篝火を見に行って来ました。大きな街では、数カ所に渡って篝火が焚かれます。


    DSC00884.JPG

    空がまだ随分明るいですが、これで夜8時頃です。
    この日は夕方通り雨が降ったのですが、篝火のイベントが開催される時間には天候にも恵まれ、雲の隙間から虹が顔を出していました。


    DSC00900.JPG

    大きな篝火の横には、大道芸人がナイフなどを使ったパフォーマンスを披露しています。皆、彼らを囲んでそのパフォーマンスに釘付けです。楽しんでいる様子が伝わるでしょうか?


    DSC00915.JPG

    この会場では、篝火は夜7時~9時に渡って焚かれ続けました。こちらの写真は夜8時半頃でしょうか。徐々に日も落ちてきます。


    DSC00938.JPG


    こちらの会場では、その場で焼いてくれるホットドックやハンバーガー、コーヒー等の出店が出ていました。あとは子ども専用の遊具なども並びます。スウェーデンで軽食といえば、ホットドック。街中でもホットドックスタンドを良く見かけます。


    DSC00919.JPG

    午後9時に近づくと、勢い良く燃えていた篝火も、徐々に小さくなって行き...


    DSC00948.JPG

    フィナーレには打ち上げ花火が。

     

     

    天候にも恵まれた、とても気持ちのいい夜でした。




    春を迎えるイベントも終わり、これでようやく本格的に春が...と思っていたところ、3日程前より急に温度が上がり、今ではなんと日中の気温が真夏と同じくらいに!25℃前後でしょうか。25℃というと、日本だとそんなに暑く無いイメージだと思いますが、こちらは太陽が近く日射しがきついので、20℃も超えると待ちゆく人は皆半袖やタンクトップです。この前までジャケットを羽織っていたのに、今ではタンクトップでもOK。季節の変わり目なので、またすぐに寒くなるかもしれませんが、スウェーデンの春と秋は夏と冬に比べて短いので、「気付いたら季節が変わっていた!」なんて事も、多々あります。

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.