2013.08.31

秋の足音

DSC02259.JPG

昼間は天気が良いとまだ暖かいですが、朝夜はもうジャケットがないと寒い位の気候。日照時間もかなり長かった5~7月に比べ、今では徐々に徐々にと、暗い時間が増えていっています。夏至のある6月などは、一番暗くなる深夜2~3時でも完全に太陽が沈みきらずにうっすらと明るかったのですが、今ではその時間は真っ暗です。このまま冬に向けて、やや駆け足気味で季節が巡ります。



DSC02261.JPG

インテリアショップのディスプレイも、すっかり秋っぽくなりました。


DSC02262.JPG

原色や蛍光カラーなど、カラフルなものが多かった春夏にくらべ、落ち着いたイメージのカラーリングです。


DSC02260.JPG

こちらはスウェーデン第4の都市、UPPSALAです。奥に見えるのがスカンジナビアで一番大きなウプサラ大聖堂、また、この街には北欧最古の大学もあります。

DSC02257.JPG

だいぶ肌寒くなってはいますが、まだまだ夏を楽しみたいスウェーデンの人々は、オープンテラスのカフェでコーヒーを飲んだり、川沿いに座っておしゃべりをしたり。冬にもなると、この川も凍り真っ白に。


DSC01891.JPG

こちらの写真は先月撮影したものですが、こちらが夜の9時すぎ頃。10時になってもまだまだこの明るさでした。今ではもう、夜の9時はかなり暗くなっています。日が暮れるのが早くなったと感じるごとに、寂しい気分になるのもこの時期です。

スウェーデンに来たばかりの頃は、太陽や青い空になかなか会えない暗く、長く、そして寒い冬がとても憂鬱だったのですが、ここ最近はイルミネーションに輝く白銀の雪が積もった道、暗がりの室内に灯るキャンドル、クリスマスに向けてソワソワし始める人たち... 暗くても、長くても、スウェーデンの冬は美しく、夏と同じく待ち遠しいものだな...と思えるようになりました。


夏には一面のブルーが広がる上の写真の湖も、真冬には水面が全て凍り、白い雪雲に白い湖、辺り一面が白銀に輝き、それはとても美しい眺めへと変貌していきます。四季の美しい日本と同じく、ダイナミックにその姿を変えていくスウェーデンの四季も、とても美しいものですよ。

        icon-next

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.