• 2013.12.31

    God fortsättning!

    DSC_0530.JPG

    クリスマス気分ももう終わり、いよいよ大晦日ですね。


    大晦日...といっても、スウェーデンはクリスマスで盛り上がったばかりですので日本のそれに比べるとちょっと地味です。ストックホルムの野外動物園スカンセンでは毎年カウントダウンで大きな花火が打ち上げられ、TVでも生中継されるのですが、地方都市では"いたって普通の日"といった感じです。




    というわけで日本ではビッグイベントの1つの大晦日ですが、前回に引き続き、こちらのビッグイベントクリスマスの様子をご紹介したいと思います。上でUPした写真は、ストックホルム・セルゲル広場のクリスマスマーケット。前回の更新でご紹介したガムラスタンのマーケットと違うところは、スケートリンクが設置されているところです。




    DSC_0539.JPG

    DSC_0538.JPG

    DSC_0533.JPG

    クリスマスマーケットにスケートリンクにメリーゴーランド。

    桜の木があるこの広場では、春になるとお花見などが行われますが、この時の広場はクリスマスの時季にしかお目にかかれない、スペシャルな空間となっていました。


    DSC_0569.JPG

    こちらが広場すぐ目の前に位置する有名デパートNKです。建物も、イルミネーションが眩しく輝き夜を彩ります。


    DSC_0469.JPG

    さて、こちらは落ち着いた雰囲気ですがどこだかわかりますか?

    ストックホルム宮殿です。


    スウェーデン王室の近衛兵が立つ向こう側、こんなところにもクリスマスツリーが。


    DSC_0535.JPG

    煌びやかなクリスマスシーズンも終わり、もうすぐ新年を迎えようとしています。日本では年越しといえば打ち上げ花火にカウントダウン、新年は初詣に初売りに...と盛大に新しい年が明けることをお祝いしますが、こちらはそんなことも無いのでクリスマスが終わってしまうとちょっと寂しいです。


    2014年はどんな1年になるのでしょうか?皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

  • DSC_0424.JPG

    クリスマスも終わり、いよいよ年の瀬です。皆様楽しいクリスマスをお過ごしになられたででょうか?


    スウェーデンでは年末年始よりもクリスマスの方が大イベントですので、クリスマスに休暇をとって年始は2日から職場に戻る人も少なくありません。私は...というと、毎年恒例で、こちらの家族と過ごす為に中北部の街まで行ってきました。こちらの様子は、また後日改めてご紹介したいと思います。


    今回は、クリスマスまで行われていたストックホルムのクリスマスマーケットの様子をお届けしたいと思います。


    DSC_0456.JPG

    ストックホルムのクリスマスマーケット...というと、ガムラスタン(旧市街)や有名デパートNK前の広場、そして野外動物園のスカンセンなどが有名ですが、今回はガムラスタンの紹介を。ガムラスタン...というと、ストックホルム中央駅から歩いても行ける観光名所です。古い街並みに石畳みの道路、とても雰囲気のある場所です。

    毎年この時期ですと雪景色でクリスマスマーケットの明かりもとっても美しく映えるのですが、このブログでもお伝えしている通り今年は雪がありません。前回の更新からしばらく立ちましたが、まだ雪は降らないままです。どうしてしまったのでしょうか?



    DSC_0452.JPG

    15時も過ぎると陽が落ちて、早くもイルミネーションが美しい時間に。人々の装いも、心なしか例年より薄着です。この日は雨が降っていました。クリスマスマーケットが開催されている真ん中には、大きなツリーが。


    DSC_0447.JPG

    こちらでは手作りのパンを売っています。手前に置いてあるのは、クリスマスといえば...のルシアパンです。サフランで黄色く色付き、レーズンが添えてあります。


    DSC_0418.JPG


    こちらのお店の手前に並んでいるのはマスタード。ほかにも紅茶などが並んでいます。



    DSC_0441.JPG

    こちらはハンドメイドのキャンドルのお店。様々なサイズのキャンドルが並びます。お店の奥中央に貼られているポスター、雰囲気がありますね。


    DSC_0416.JPG

    こちらではサーモンの燻製や鱈などが並んでいます。スウェーデンで食べることが出来るサーモンは、とても美味しいです。



    DSC_0443.JPG


    DSC_0446.JPG

    DSC_0409.JPG


    DSC_0440.JPG

    ハンドメイドの雑貨や綿菓子屋さん等など、お店の軒数はそこまで多くありませんがスウェーデンの伝統的な商品を沢山見ることが出来ます。上の写真は、クリスマスに飲む赤ワインにスパイスを入れた「Glögg(グロッグ・グルッグ)」を売っているスタンド。

    多くの人が、あたたかいグロッグを手にとり、小雨の降るクリスマスマーケットを楽しんでいました。

  • DSC_0322.JPG

    先週の週末、やっと雪が積もりだいぶ冬らしくなってきました!...と、クリスマス目前、例年のような雪景色の写真をご紹介したかったのですが、なんとここ数日また気温が上がり(先日など早朝なのに9℃近くもありました)この時積もった雪は全て溶けてしまいました。 今は、またしとしと雨が降っています。

    これを書いている現在深夜なのですが、なんと8℃もあります。例年だと0~マイナス10℃程なのですが...なんだか冬では無いような感じがします。

    DSC_0339.JPG

    こちらの写真はちょうど先週の日曜日。沢山雪が降っていたのですが...

    夏に見たときは何とも思わなかった少年の銅像、こうして雪の中見ると、とても寒そうです。

    DSC_0335.JPG

    DSC_0318.JPG

    街にはクリスマスプレゼントを買う人たちが。
    先週、今週と、土曜日は「クリスマスショッピング」用に街のバスは無料になっています。とても粋な心遣い。

    DSC_0337.JPG


    さて、こちらはスウェーデンの映画館です。スウェーデンでの劇場・上映作品の情報がチェック出来るサイトはこちらです。オンラインでチケットを購入し、購入時に使用したクレジットカードで現地のチケットマシーンでチケットを取り出すタイプがとても簡単です。


    DSC_0340.JPG


    日本と同じで、ポップコーンやソーダなどチケットカウンターで売っています。ポップコーンが床にこぼれてしまっていますが...誰も掃除をしないようですね(笑)

    さあ、もうじき3本目のアドベントキャンドルを灯し、ルシア祭もやってきます。そしてそのあとはクリスマス。街中、そして一軒家やマンションの窓を見上げると、皆クリスマスの準備はそのイルミネーションを見る限りバッチリです。天気予報を見てみると、この先1週間もまた気温が高めですが、雪はどうでしょう。

    毎年降っている時期に雪が降らないのも、なんだか寂しいですね。

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.