• IMG_3742.JPG

    夏至もある6月目前。

    例年ですとだいぶ暖かくなり、太陽の暑さが真夏を思わせる日々も少なくない5月の下旬。28℃近くなったり、10℃以下になったり...。スウェーデンでは日本より一足お先の6~7月が夏真っ盛りの時期になるのですが、今年はどうも安定しない天気のまま6月を迎えそうです。

    先日よりまた雨が降り、気温は現在10℃。上着なしでは寒い気候です。ちょっと前の、半袖でも暑く、帽子をかぶっていないと太陽が眩しすぎる日はどこへ行ってしまったのでしょうか。


    さて、前回お伝えした春を迎えるお祭りのフォークダンスの様子ですが、他にも沢山写真を撮ってあるので引き続き笑顔でダンスをする人たちの写真をご紹介していきたいと思います。


    IMG_3682.JPG

    パートナーと手をつないでにっこり。ご夫婦でしょうか?さあ、これから踊ります。


    IMG_3706.JPG

    この日も寒かったのですが、速い2拍子のポルカに乗せて。手をつないで、軽快に踊る人たち。思わず漏れる笑顔が春を誘います。



    IMG_3752.JPG

    IMG_3751.JPG

    こちらは後半の、お客さん達が飛び入り参加した時の様子。


    IMG_3715.JPG

    子どもたちも熱心にダンスを見つめていました。この子たちも、大きくなったらきっとダンスをすることでしょう!


    IMG_3748.JPG

    IMG_3738.JPG



    とある春の、素朴で楽しい一日。



    IMG_3722.JPG


  • IMG_3698.JPG

    前回雪が降ったことをお伝えしましたが、その後天候は持ち直しまた20℃を超える日が続いています。冬の長いスウェーデンですから、日が長くなり暖かい春の到来はとても喜ばしいことです。近所で行われたこちらも春を迎えるお祭りの様子をご紹介したいと思います。


    IMG_3734.JPG

    この日はまだ寒さの残る日で雪もちらついていたのですが、お祭りのプログラムのひとつフォークダンスで皆とても楽しそうです。思わず満面の笑みがこぼれます。



    IMG_3719.JPG

    日本にいるとなかなかダンスを踊る機会も無いですが、スウェーデンでは割と一般的です。フィンランドやエストニアへ行く大型客船の上でも、バンドの演奏が始まるとおじいちゃん、おばあちゃん世代までがペアになってダンスをします。素敵ですね。



    IMG_3670.JPG

    演奏は生演奏です。バイオリンの綺麗な音と、笑い声が広場に響きます。男性同士のペアも楽しそうに踊っています。


    IMG_3737.JPG


    ダンスを見ていた子どもたち。家族連れも多いので、子どもたちも沢山いました。


    IMG_3745.JPG

    最後の方には、見物にきていたお客さんたちも混ざって。


    IMG_3763.JPG

    最後には全員でフィナーレ。
    楽しそうな様子が少しでも伝わればと思います!


    最近では夜9時をすぎても明るく、徐々に夏も近づいて来ているなぁといった感じで、短い春、そして夏の到来に胸を弾ませます。

  • 2014.05.12

    5月に降る雪

    IMG_3608.JPG

    4月最終日は冬が終わり春の到来を祝うお祭り、Valborg(ワルプルギスの夜)。そして5月1日はメーデーで祝日でした。

    Valborgは大きなかがり火を焚きます。今年は天気予報がValborgの日は雪が降る可能性が...と伝えており、一旦20℃を超える気候になった後だったので、まさか雪は降らないだろう、降ったとしても雨になるはず...と思っていたのですが、なんと本当に雪が降りました。


    IMG_3599.JPG

    写真を見ていただいてもわかる通り、多くの人が傘をさしています。スウェーデンでは日本と違い、皆小雨程度では傘はさしません。ですので、この時ですでに結構雨が降っていました。生憎のお天気でしたが、例年のように沢山の人が集まっています。


    IMG_3637.JPG

    本来ならこのかがり火もとても大きく燃え続けるのですが、雨のせいで徐々に徐々にその炎は勢いを無くしていき、風も強かったので火の粉が飛び散ってちょっと危険な感じでした。


    IMG_3626.JPG

    こちらも恒例、男性のみの合唱隊が、春が来た喜びについて書かれた歌を歌います。


    IMG_3615.JPG

    IMG_3630.JPG

    かがり火はまだ燃えていましたが、歌を聞いてから雨も強くなってきたので会場を後にし家へ向かっている時のこと。



    IMG_3648.JPG

    とても勢いが強く写真ではよくわかりませんが、途中から雨が雪へ。天気予報の通り、本当に雪が降った!と驚いてしまいました。この雪はこのまま強くなり、翌朝はうっすら雪が積もるほど。


    この夜に続き5月に入ってからも、3回ほど雪が降りました。最低気温も寒い時でマイナス3℃に。この前の桜が満開でとても暖かかったあの陽気はどこへ行ってしまったのでしょう!でも、これがスウェーデンです。1歩進んでは、2歩下がるの繰り返しで、待ちに待った夏の到来を迎える事でしょう。

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.