• IMG_6497.JPG

    ハロウィン。日本ではここ近年ハロウィンが以前よりとても盛り上がっていると聞きますが、こちらスウェーデンではそんなに大きなイベントではありません。昨日もスーパーへ行ったのですが、ハロウィングッズは売り場の小さな小さな一角に売られている程度。日本の方が盛大にハロウィンのイベントを行っているに違いありません。


    IMG_6498.JPG

    こちらは毎年ハロウィンの時季になると野菜売り場で売られる、ハロウィン用のカボチャです。ジャックオランタン等を作る用ですね。最初にご紹介した写真のとても大きなカボチャは、安いもので1キロ約150円程から買えます。こちらの写真のカボチャは、サイズは小さいですがユニークな見た目をしたものばかり。デコレーション用にうってつけですね。


    IMG_6486.JPG

    ところでハロウィンといえば、欧米などでは子ども達が「Trick or Treat!」と言いながらお菓子を貰いに近所の家を周るようですが、ここスウェーデンは他人との距離やプライバシーをとても大切にするので、まずやりません。もしかしたら小さなお子さんの多い団地などでは前もって計画しておいて出し物の一環として行う...という事はあるかもしれませんが、一般的には行いません。

    子ども達は、恐らく保育園等で先に紹介したカボチャでジャックオランタンを作ったり、仮装したりして楽しくハロウィンという文化を知るでしょう。一般的には、ここスウェーデンでのハロウィンはとっても地味です。


    IMG_6493.JPG

    さて、まだまだ緑の強い葉を残した木々もありますが、紅葉した葉や落ちリンゴも見られるようになり、風景はすっかり秋です。こちらの写真は、昨日16時半頃に撮影したもの。

    真冬になると15時すぎでもう真っ暗ですから、まだまだ今は日は長い方でしょう。ただ、日に日に日没時間は早くなって行きます。


    IMG_6495.JPG

    こちらはとあるお宅。庭のリンゴの木に成る実が十分に赤く染まり、地面に落ちているのを見て「秋だなあ」と思ったのでパシャリ。スウェーデン秋の風物詩の1つです。庭にリンゴの木がある家が多いので、秋になるとよく自宅の庭に落ちたリンゴを拾ってる人たちを見かけます。リンゴはジャムなどにするそうです。


    IMG_6491.JPG

    秋空の写真を撮っていると、まだ青い空に半月が。


    IMG_6490.JPG

    一か月後の同じ時間にはもう真っ暗なんだろうな...と考えるとちょっと寂しいですが、今年の冬はどんな白銀の景色を見せてくれるのだろうと考えると少しワクワクします。去年はとても温暖であまり雪が積もらなかったのですが、今年はどうでしょうか。

  • IMG_6473.JPG

    バタバタとした日を過ごしているうちに、前回の更新より少々時間が経ってしまいました。こちらは最近では気温は10℃前後、そして昨日の深夜にサマータイムが終了し、時計の針を1時間戻しました。これで夏の間は7時間だった日本との時差が、8時間に。日本との距離が、心なしか少し遠くなったような気さえします。

    サマータイムが終わると一気に日が暮れるのが早くなり、冬がすぐそこのドアをノックしているかのよう。


    さて、今回は前回ご紹介しきれなかった秋のカルチャーフェスティバルの写真を。

    IMG_6472.JPG

    こちらも毎年恒例になっている、お城の前で開かれるマーケットの様子です。毎年伝統的な商品を売る屋台と、中世の衣装を身に纏った店主が並びます。こちらは"saft"を売っている屋台です。saftというのは、いわゆるフルーツやお花から作られた主にジュースの事を指します。


    IMG_6474.JPG

    こちらでは弓の体験が出来る屋台で、子ども達で賑わっていました。


    IMG_6475.JPG

    こちらはフェイスペイントの屋台です。こちらも子ども達に人気です。


    IMG_6479.JPG

    夜は冷え込むので、焚火の周りには暖を取る人たちで賑わいます。良く見ると、ベビーカーが4台も集まっていますね。


    IMG_6468.JPG

    最後にご紹介する写真は、マーケットを離れて街の大広場で行われていたドラムとパーカッションのライブ演奏の様子。こちらにも沢山の人たちが集まり、リズムを刻む様子に耳を傾けていました。来年はどんなパフォーマンスが行われるのか、今から楽しみです。



    さて、10月も終わりに差し掛かり、北部ではすでに雪模様のところもあるようです。私の住んでいるストックホルム近郊に初雪がおりるのは、今年は一体いつになるでしょう?10℃前後の日々が続いているので、もう少し後かなあと予想しています。

  • IMG_6461.JPG


    先日、毎年楽しみにしている秋に行われる地元の音楽フェスティバルが行われました。このイベントは、街の中心部に何ヶ所もステージが設置され、全ステージで同時に夕方から深夜までパフォーマンスが行われるというもの。様々な出し物もあるカルチャーイベントでもあります。


    IMG_6465.JPG

    こちらは教会内でゴスペルコンサートを行っていた高校生のグループ。
    沢山の人がその美しい歌声に耳を傾けに来ています。



    IMG_6466.JPG

    こちらは教会入口より中へ入ったところからの写真です。

    IMG_6456.JPG

    こちらはまた別のアングルから。目の映える様な青の服が教会の中でとても映えますね!


    IMG_6460.JPG

    教会の中はとてもよく音が響くので、この日はピアノ伴奏に更にマイクをスタンドで立てて、とても美しい歌声が教会の中に響いていました。


    IMG_6467.JPG

    コンサートが行われているのは勿論ここだけではありません。バンド演奏や中学生のブラスバンド演奏、パーカッション演奏等が同時刻にそれぞれの場所で行われます。毎年楽しみにしている音楽・カルチャーフェスティバルからの1シーンでした。

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.