• CYMERA_20141121_170820.jpg

    いつもはブログ用に一眼で撮影した写真をご紹介しているのですが、今回は普段何気なく撮影している手持ちのスマホで撮影した写真を織り交ぜながらお送りしたいと思います。こちらはとあるお洒落なインテリアショップの店内ディスプレイ。

    そしてここを奥に写っている窓の外側から見ると...

    20141118_222622.jpg


    こんな感じです。

    このスター型やアドベントライト風のライトを見ると、ああ今年もクリスマスだなという気分になります。


    20141120_164331.jpg

    そしてこちら。

    歩いているとその甘い香りに引き寄せられてしまうアーモンド屋さんです!"BRÄNDA MANDLAR"と書いてありますが、煎ったアーモンドにスパイスや砂糖などを絡めたものをその場で作って売っています。その場で甘い砂糖と絡めて煎っているので、本当に良い香りがして思わずとろけそうになります。試食が出来るので、いつも誰かがお店の前に惹きつけられています。

    ブログでも以前ご紹介した事のあるエストニアのタリンの観光名所である旧市街でも、あちらコチラで古い衣装に身を包んだお店の人が煎った甘いアーモンドを売っていました。


    20141031_172210 (1).jpg

    こちらは可愛くて思わず撮った、メレンゲのおばけです。ベーカリーカフェの店頭に飾ってあったので、思わずパチリ。スウェーデンではメレンゲは割とポピュラーなスイーツの1つで、カフェによく置いてあります。

    メレンゲはコーヒーのお供に...という感じですが、日本ですとあまりメレンゲだけ...というのは見かけませんね。私はスウェーデンへ来たばかりの頃、日本で売っているような生クリームの乗っている普通のケーキが食べたくて、見た目がそれっぽかったので購入し、家でフォークを入れてみると「サクッ」と音がし、ケーキの生クリームに見えていたものがメレンゲだった事に気付いた時はガッカリしてショックを受けました(笑)


    20141127_174131.jpg


    こちらは私のお気に入りの景色の1つ、街の教会が奥に見える小川の橋の上です。この時点で17時くらいです。今日の日の入り時間はすでに15:01、17時ともあればもう真っ暗です。

    ちなみに、15:01の日の入り時刻はストックホルム近郊の私の住んでいる街の時間です。試しに...とオーロラなどで有名な北部のキールナの日の入り時刻を調べてみたら、なんと12:50だそうです!日の出は10:04だそう。3時間弱しか日照時間がありませんね。

    そして更に、今年の初めに北極圏で撮影したオーロラをご紹介した時に行った街、ノルウェーのトロムソの日照時間は「0」時間です。太陽が1日のうちに出る時間は無いそうです。


    20141126_102722.jpg

    さて、最後にこちらは昨日外へ出た時に撮った写真。霜が沢山降りています。霜...というよりは、その前の夜に凄く濃い霧が出ていたので、霧の水分が凍ったものでしょう。雪は、相変わらず初雪以来降っていません。連日0~3℃といったところでしょうか?

    今日は冬では稀なのですが、雲が無く太陽の光を感じることが出来ます!スウェーデンの冬はだいたい曇り空ですので、太陽が見える日があるととても嬉しい気分になります。現在13:30前、あと少しで今日も夕暮れです。

    さあ、いよいよ12月に入りますね。アドベントキャンドルの1本目に火を灯すのも、もうすぐです。

  • IMG_6518.JPG

    初雪が降ったものの、そこまで冷え込む日が無くあれ以来雪が降らないまま11月も下旬に入りました。例年ですともう雪が積もっている頃なのですが、去年に引き続き、今年も暖かい冬のまま春を迎えるのでしょうか。アメリカの方ではマイナス気温に大雪のところなど、こちらとは逆にとても冷え込んでいるようです。


    IMG_6522.JPG

    さて、先日コンサートを観に夜にストックホルムの街へ行きました。スウェーデンでのコンサートは、日本のそれよりかなり遅くに開演し、終演時間が0時を過ぎることもあるので、私の住んでいる街からストックホルムまでは電車で1時間弱で着くのですが、終電を考慮するとストックホルムに1泊しなければいけません。

    夜のストックホルムは美しい街並みに海、そして煌びやかなライトが美しく、私はとても好きです。

    ちなみに上の写真はストックホルム市庁舎。ノーベル賞の記念晩餐会が行われる場所でもあり、観光名所の1つでもあります。



    IMG_6524.JPG

    市庁舎の見える橋を旧市街へと渡ると、こちらの「Riddarhuset」という建物が目に入ります。奥に見えているのはリッダーホルム教会です。こちらは、1270年建築の修道院を改築した教会で、19世紀半ばに再建された尖塔がとても印象的です。グスタフ・アドルフ2世をはじめ、国王一族の多くが眠っています。


    IMG_6526.JPG

    こちらは旧市街です。この時はまだクリスマスマーケットが始まっていませんでしたが、ちょっとしたイルミネーションが瞬いていました。


    IMG_6525.JPG

    昨年は写真でご紹介した旧市街のクリスマスマーケット、今年は本日11/23からクリスマス前の12/23まで行われます。
    旧市街クリスマスマーケットのHPはこちら

    ストックホルムのクリスマスイベントの一覧はこちらでご覧いただけます。


    IMG_6530.JPG

    昼間も雰囲気がありとても素敵な街並みのストックホルムですが、夜はより一層その輝きを増します。ストックホルムにお越しの際は、是非夜景もお楽しみください。海に囲まれており風が冷たいので、冬はしっかり厚着をして下さいね。

  • IMG_6513.JPG

    先日初雪が降りました!...といっても気温がまだ下がり切っていないので、この時の雪は降ってそのまま積もる事無く、解けてしまいました。この日は気温が1℃前後だったのですが、特に今日は暖かく日中10℃を超えた時間も。また次の雪が降るまでちょっと日が空きそうです。


    IMG_6504.JPG

    さて、こちらはカフェ + インテリアのお店。 以前はカフェだけだったのが、中でインテリア用品も販売するようになり、今ではカフェのテーブルスペースにもインテリアが置いてあるなかなか楽しい作りのお店になっています。


    IMG_6502.JPG

    この日はお店の中に足を踏み入れると、ライブのカントリーミュージックが聞こえてきました。1つ前の写真、テーブル席左側で演奏していたのがこのバンドです。バイオリニストのおじさんが、カメラ目線をくれて思わず笑顔に。

    ちなみにバンドの後ろに飾ってある絵画や、イグアナの像なども全て販売しています。


    IMG_6505.JPG

    こちらはテーブル席を背中にして、お店の入り口方向にあるカフェカウンターを撮ったところです。こちらには鮮やかでカラフルキッチン用品が、所狭しと並べられています。カフェカウンターには可愛らしいカップケーキやケーキが並んでおり、お客さんもこちら側のテーブル席には結構入っていました。



    IMG_6503.JPG

    こちらは先ほどのキッチン用品が並べてあるその後ろ側です。ランプも椅子も全てカラフルで目を引きますね。ちなみにこちらの椅子とテーブルにはお客さんが座れますよ。



    IMG_6506.JPG

    1階、そして吹き抜けの2階はカフェとインテリアショップですが、地下1階は雰囲気がガラっと変わり、レコードをメインに取り扱っているCDショップになります。階段に貼ってあるギターネックのシールが遊び心を誘います。


    IMG_6515.JPG

    さあ、クリスマスまであと1か月とちょっとです。街の広場には毎年冬恒例のスケートリンクも造り始められており、あとは景色が白銀の冬支度をしてくれるのを待つのみとなりました。

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.