• IMG_7335.JPG

    今回は前回に引き続き、おばあちゃん80歳サプライズバーティーの時の様子をご紹介したいと思います。今回はパーティーに用意さえた食事のご紹介です。昔牢屋だったという建物を貸し切って(現在はパーティー等の貸しスペースとして使われています)、自分達で全部飾りつけ、テーブルセッティングをしておばあちゃんを連れてくるディナータイムに備えます。


    IMG_7334.JPG

    今回の食事はレストランのケータリングサービスを利用しました。メニューはスウェーデンではオーソドックスなこちらの写真左からチキン串、サラダパスタ(チーズの味がアクセントになっていて美味しいです!)、豚肉のソテー、ポテトグラタンです。ポテトグラタンはスウェーデンではかなり頻繁にお目見えするメニューの1つなのですが、こちらのポテトグラタンはクリーミーでとても美味しかったです。

    これらに、数種類のソースを添えて。


    IMG_7332.JPG

    そしてパンとチーズ。手前の丸い入れ物に入っているのはバター。ふわふわしていてとても美味しいバターです。左上の文字の書いてあるものは、ライムドレッシングです。チキン串などととても良く合いました。


    IMG_7396.JPG

    そしてこちらは80歳おめでとう!の特製ケーキです。なんと2つも!
    このケーキが出てきた時、ビックリしてしまいました。このデザインやカラーは日本だとなかなか見かけないのではないでしょうか?

    おばあちゃんの好きな水色をベースに。おばあちゃんは自宅の庭で野菜や植物を育てているのですが、それがとても好きな事から植木鉢に入ったお花と手入れをする手(ハートがちりばめられています!)、そしてスコップと柵。おばあちゃんの好きな事がギュッと詰まった、とってもユニークなケーキです。


    IMG_7413.JPG


    ケーキをカットした断面図はこんな感じ。スポンジにベリージャム、クリームがサンドされています。ちなみに植木鉢の部分も全て食べられます。


    IMG_7324.JPG

    さて、料理も届いてあとはおばあちゃんが来るのを待つだけです。皆早めに集まって待機中。会場に着くまでパーティーの事がバレないよう、うまく連れてこれるでしょうか?本当は今回で全てご紹介してしまおうと思ったのですが、写真がまだまだ沢山あり、せっかくですのでまた続きは次回ご紹介したいと思います!


    さて、もうすぐ3月ですね。

    こちらは積もった雪も殆ど解け、日も随分長くなり春の気配を少し感じる事が出来るようになりました。真冬の一番日の短い時期は午後3時で暗くなってしまうので、日が長くなっていく事に一番冬が遠のいていくのを感じます。

  • IMG_7292.JPG

    雪が沢山降り積もった日、おばあちゃんの80歳サプライズパーティーが開催されました。

    私のスウェーデン人のパートナーのおばあちゃんはフィンランド人ですが、スウェーデン人と結婚し、長く、長くスウェーデンに住んでいます。そのおばあちゃんが元気に80歳を迎え、「パーティーなんてしなくていいよ!」と言う本人を皆で驚かせてお祝いしようという作戦です。


    IMG_7294.JPG

    サプライズパーティー会場はこんな感じです。手づくりのデコレーションで皆で準備しました。

    サプライズですので、おばあちゃんの家の近所の会場を借りています。ですので私たちも自宅から遥々電車で4時間、中にはフィンランドとデンマーク、スウェーデン国内からも更に遠い所から親類が集まります。勿論おばあちゃんには、内緒で。


    IMG_7297.JPG

    こちらはテーブルセッティング。おばあちゃんの写真が入った「80歳おめでとう!」とプリントされているキャンディーがお皿の上に置いてあります。ナプキンも子ども達の手も借りてハート型にしました。


    IMG_7298.JPG

    テーブル全体はこんな感じです。本当に近しい親類だけが集まるので全部で20席ほど。奥には古い調律が長くされていないピアノがあり、そして壁には皆が参加する「おばあちゃんクイズ」の紙が貼られています。右奥にはステージも!


    IMG_7299.JPG

    こちらはドリンクカウンターとキャンディーとスナックです。皆が気軽にお酒を飲みながらつまめるように。こちらにもおばあちゃんの顔がプリントされた紙が飾られています。


    IMG_7317.JPG

    早くに集まって準備をしたので、夕食に合わせた時間からスタートするパーティーまで時間があり子ども達は遊び始めました。


    IMG_7344.JPG

    さて、こちらの会場ですが、なんと昔々は刑務所だった建物だそうです!

    元は刑務所...といっても建物自体は普通の家のような感じで、キッチンなども設備は整っており、パーティーで使える食器類やコーヒーメーカー等全て揃っています。現在ではこうやってパーティーをしたり、何か貸切で行う際に気軽にレンタル出来る場所として開放されています。


    IMG_7379.JPG

    日が沈み始め、細かい雪がどんどん降り積もって静けさとその白さを増していきます。パーティー開始までもうすぐ。おばあちゃん、驚いて喜んでくれるでしょうか?皆がワクワクしています。

    また次回、続いてパーティーの様子をご紹介したいと思います!

  • IMG_7469.JPG

    先々週の土曜日、前回の記事で大雪の時の写真を載せた中北部に位置する街まで行ってきたのですが、その時に各地でたくさんの雪が降り積もりました。こちらの写真は、夏に使う自家用ボートから雪をおろしているところ。かなり積もったので、雪かきをしないといけません。


    IMG_7474.JPG

    道路は除雪車が綺麗にしてくれますが、道路から家までは雪で埋もれているので皆雪かきに大忙しです。こちらの写真は、私のスウェーデン人のパートナーのお母さんが、現在の旦那さんと住む予定の現在建築中の家です。

    「現在の旦那さん...」と書きましたが、スウェーデンでは離婚率、再婚率が高くまた未婚のカップルも多いので、クリスマス等に皆で集まる時は、部屋に離婚済の両親、そしてお母さんの現在の彼氏、その彼氏の家族、お父さんの現在の奥さん、祖父母(こちらも離婚してそれぞれの現在のパートナーがいる場合も)等が集まったりしますが、これが普通です。日本ですと、「気まずくないのかな??」なんて思ってしまうような場面ですね。スウェーデンの場合これが普通なので、皆笑顔でそれぞれを迎えます。


    IMG_7475.JPG

    こちらは建築中の家の向かいにある小さな家。そして道路からの道を雪かきをしながら必死に作っているところです。


    この場所は元々お母さん夫婦の別荘だったのですが、もうすぐ2人とも定年退職するという事で、ご近所さんも少なく湖もすぐ、敷地は広く、野生の鹿や様々な動物が訪ねてくる自然がいっぱいのこの場所に引っ越し、残りの人生をのんびり楽しむことを決めたようで、別荘を取り壊して一軒家を建てているところです。


    IMG_7472.JPG


    建築中の家の中を見せて貰ったのですが、お母さんにはもうこの部屋にはこの壁紙、ここにはTVを置いて暖炉を作って...と楽しく計画を建てているようで、まだまだ殺風景で何もない状態ですが、「ここはジャグジーで...」と1つ1つ部屋の完成図を紹介してくれました。私も家が完成するのが今から楽しみです。


    IMG_7466.JPG

    さて、真夏の暑い日も冬の大雪の日でもいつも同じ場所で元気な姿を見せてくれるのが鴨です。この日も沢山の雪が積もった中、寒そうに皆で肩を寄せ合って座っていました。ちなみにこの場所、奥の方も真っ白ですが実は大きな湖です。


    IMG_7465.JPG

    ちょっとひいて撮影したところ。奥に見える水の部分、ちょっとしかありませんが、あの位置から奥の方まで本来なら大きな大きな湖が広がっています。この日は湖の上にも雪が積もり、見渡す限り白銀の世界でした。


    CYMERA_20150201_143940.jpg

    そしてこんな大雪の降った寒い日にはこちら。おばあちゃんの作るキャロットスープです。

    私はこの時初めて飲んだのですが、まろやかでクリーミーでとっても美味しい!思わずレシピをおばあちゃんに聞いたのですが、ニンジンをミキサーにかけ、あとは水、牛乳、生クリーム、野菜ブイヨンでコトコト煮るだけだそう。優しい味で本当に美味しかったです。ニンジンをブロッコリー等他の野菜にしても美味しそうですね!

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.