• IMG_8428.JPG

    最近雨ばかり。今日は雷雨がありました。気温は15~25度位を行き来しており、夏はもう終わってしまったのかな?!といったお天気具合です。さて、今回は夏至辺りに撮影した湖の写真をご紹介したいと思います。最近では夏至も終わって徐々に、徐々に夜の時間が長くなっていっていますが、この時は夜23時を過ぎてもまだまだ明るく、とても美しい写真が何枚も撮れました。


    IMG_8425.JPG

    鳥の親子がすいすいと、美しい色の湖の上を進んでいきます。

    スウェーデン中北部の夏至の日の長さは、0時位で夕焼けになったかなと思うとそれが2時すぎ位まで続き、そのまままた朝になるという感じです。


    IMG_8445.JPG

    こちらの写真でも、遠くに鳥の親子が。

    特に冬に多いのですが、スウェーデンの夕焼け空はとても鮮やかなピンクです。青い空が日が落ちてピンクになり、夕焼けの空は青とピンクと紫のグラデーションになります。夕方の空といえば、日本ですと、どちらかというとピンクよりオレンジですよね。



    IMG_8207.JPG

    こちらは同じような場所で撮影したものですが、もうちょっと早い時間で空がピンクになり始めるちょっと前。それでも22時なので、スウェーデンの夏は本当に日が長いです。


    IMG_8216.JPG

    さて、こちらの湖では魚がよく釣れます。魚釣りもスウェーデン夏の風物詩の1つでしょう。よく釣竿を持った子どもや大人が湖や川で釣りを楽しんでいるのを見かけます。


    IMG_8222.JPG

    小さな魚が1匹、釣れました!良く釣れるのは、Abborre(ヨーロピアンパーチ)です。そのまま料理して食べたり、釣ってそのまま湖へかえしたり。


    IMG_8431.JPG

    こちらは0時頃、青空と夕焼け空の狭間に、低く浮かぶ月が出ていました。スウェーデン人が皆心待ちにしている夏。今年の夏至も過ぎ、日に日に深夜に暗い時間が増える度に、また冬が来るんだなあと感じます。


    こちらに住んでいると、日の長さが季節によってどんどん変化していくので、季節の移り変わりや夏至を起点にした1年のリズムを、とても身近に感じることが出来ます。

  • 2015.07.25

    暖炉の専門店

    IMG_8453.JPG

    日本ですと暖炉自体が一般的なものではありませんので、なかなか暖炉の専門店というものは見かけませんがスウェーデンではアパートにも暖炉が付いているところがある位、一般的なものです。一軒家には煙突が殆どついています。昔から生活の傍にあり、寒い冬にはそれに火を灯し、生活を彩ります。


    さて、前回は私のスウェーデン人パートナーのお母さんの新居のご紹介をしましたが、お母さんの旦那さんは暖炉の整備士です。ずっと現場でだけ働いているのかなと思っていたのですが、最近ではお店でも働くようになったそうで、彼の働く暖炉の専門店へと足を運びました。


    IMG_8458.JPG

    こちらの商品は、調理用として使えます。上にはコンロがついており、こちらの正面右側の取っ手の中はオーブンとして利用することが出来ます。昔ながらの、素敵なデザインです。


    3748e0253e1ea4b257aa1a189c4e107398336420.jpg

    こちらはサイトから写真をお借りしていますが、実際に使用すると、こんな感じです。


    IMG_8450.JPG

    こちらは店内の様子。様々な顔の暖炉や暖炉用品が並んでいます。


    IMG_8455.JPG

    コンパクトなものから大きなものまで様々です。
    実際に部屋で使用してみるとこんな感じになります。

    620t-modellpm.jpg

    contura_470_736x367.jpg

    Contura_I6.jpg


    以上写真はウェブからお借りしています。Contura社の物です。 http://www.contura.se
    そして上で紹介したキッチンコンロやオーブンとして使えるものは、こちら JOSEF DAVIDSSONS EFTR.

    お店に置いてあったものは、上記2社のプロダクトが多かったです。


    暖炉の専門店。やはり日本ではそんなに馴染みがないので、私も入店したのは初めてでした。「みんなこうやってお店に足を運んでどの暖炉が良いか検討してるんだな~」と、様々な暖炉をとても興味深く見てきました。暖炉のある生活って良いですよね。冬のスウェーデン、外はしんしんと雪が降り積もる白銀の世界、家の中では暖炉で木がパチパチとたてる音を聞きながら...なんて、うちには暖炉が無いので憧れてしまいます。



  • IMG_8396.JPG

    お久しぶりの更新となりました。スウェーデンは今バケーションシーズン真っ只中。私は先週はフィンランドはヘルシンキへのクルーズ旅行をし、今週はイタリアはローマへと旅行してきました。

    ただスウェーデン、たまに30℃近くなる快晴の日はあるものの、気温が10℃まで下がったりと肌寒く天気の悪い日々が続いています。昨日も突然の雷雨があったりと、スウェーデン人に言わせると「これがスウェーデンの夏さ」と笑う事でしょう。


    IMG_8395.JPG

    さて、今回ご紹介するのは、ミッドサマーでお世話になった私のスウェーデン人パートナーのお母さんの新居です。彼のお母さんは、今は新しい旦那さんと結婚し毎日笑顔で幸せに暮らしていますが、今まで街の中心地にほど近い住宅地に一軒家を持っていました。ただ、2人ともあと数年で仕事を定年退職します。仕事もやり遂げ、煩わしい近所付き合い等も無く残された人生を自然に囲まれてのんびり過ごしたい...という気持ちのもと、去年ずっと住んでいた一軒家を売り、サマーハウス(別荘)として所持していた土地にピカピカの新居を建てました!完成したのは今年の5月です。


    IMG_8384.JPG

    まず素敵!と思ったのが、こちらのキッチンです。リビングと一体になってとても広く、白が基準になっておりとても気持ちが良い空間です。こちらIKEAのものを使ったそうですが、まず写真右側、2つ縦長の棚のような扉がありますね。こちらは空けてみると、なんと左側が冷蔵庫で右側が冷凍庫です!

    また、シンクの下の棚。こちらも開けてみると食器洗い機になっています。他にもたくさんの扉や棚がありますが、全てこちらには食器がグラス、また調理に使うものが入っています。「見えない収納」、とても良いですね。写真中央上にあるレンジも、しっかりレンジが収納できるサイズになっており、無駄なスペースを取りません。スウェーデンの家庭はこういった「見えない収納」をするのが得意だなと感じます。パッと見、生活感が無くモデルハウスのような見た目なのですが、しっかり見えないところに収納してあります。


    IMG_8394.JPG

    こちらはキッチンテーブル横の壁紙です。とても可愛いです。

    冬に建築途中の家にお邪魔した時、まだ何もない空間で「ここがキッチンで、ここが暖炉で、ここの壁紙はこういう感じで...」と手振り身振りで説明してくれたお母さん。お母さんのこだわりが沢山つまった、新築の家です。


    IMG_8383.JPG

    ご紹介した壁紙はこちら写真右奥のものです。キッチンテーブルとソファの真ん中にある棚は、ワイン用のものです。右のソファの正面には、大きなフラットTVがあります。



    IMG_8390.JPG

    こちらはゲストルーム。白と黒のカラーリングでとてもすっきりとしていてお洒落です。


    IMG_8386.JPG

    こちらはジャグジーです!他にもシャワーが1つ、トイレが2つあります。


    IMG_8385.JPG

    こちらは正面左が玄関になりますが、リビング兼キッチンの横に大きなテラスに繋がる窓があるので、そこからも自由に出入りが出来ます。


    IMG_8397.JPG

    家の中にゲストルームは1つしかありませんが、外に2つ小さなコテージがあるのでこちらにも泊まれます。右側に見えるのが、別荘としてこの土地を所持していた頃に別荘として使っていたものですが、現在も壊すことなく再利用しています。


    IMG_8398.JPG

    そしてこちらが広い広い庭になります。

    こちらにはたまに鹿やヘラジカの親子がやってきます。ボートが置いてある釣りも出来る湖へは歩いて10分。ちょっと歩くと森でベリーをとったり、馬にニンジンをやったり。携帯の電波ですらちょっとしか入らないところですが、車があればすぐに街に出られるので問題ありません。


    こんなところで気持ち豊かに老後を過ごすというのは、本当に良いアイデアだなと思います。また次にお邪魔するのが楽しみになる、とても気持ちの良い家でした!



1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.