• IMG_8490.jpg

    2日前の夜の事です。バルコニーに出たパートナーが「オーロラ出てるかもしれない。見て!」というので、私もバルコニーへ出たところ、うっすらと目視出来るオーロラが出ていたので写真に撮ってみました。弱いオーロラですが、お分かりいただけますか?右手のマンションの上側に、うっすらオーロラのカーテンが出来ているのが見えるかと思います。

    オーロラは、弱いものですと目で見るとうっすら白くモヤがかかっているように見えるか、ちょっとだけ緑な感じなのですが、写真で撮るとよくわかります。今回は目で見ても緑っぽいものが確認出来たので、オーロラに間違いない!と思って写真に収めました。

    写真左上に見えているのが北斗七星です。スウェーデンでは、一年中ほぼ変わらずこの位置に北斗七星が見えています。



    IMG_6400.jpg

    こちらはまた家のバルコニーから去年の9月に撮影したオーロラです!この時は目視では白く見えていただけなのですが、写真で見るとこの時の方がハッキリしていますね。



    DSC_2325.JPG

    さて、ちょっとずつ涼しくなってきているスウェーデン。先日夜21時頃にパートナーと湖へ釣りへ出かけたのですが、生憎この日は風が強く釣り日和ではありませんでした。...ので、湖の写真をご紹介したいと思います。こちらにかかっている橋、私のお気に入りの場所です。



    DSC_2326.JPG

    ここは湖沿いに遊歩道が設けてあるので、夜でも沢山の人がウォーキングやジョギングをしているところを見かけます。


    DSC_2308.JPG

    木陰から覗くと、こんな感じです。冬場にはこちらの湖は全て氷になり、空ももっとピンクに染まるのでとても幻想的な景色が見える場所になります。


    DSC_2313.JPG

    ここには鴨も沢山います。以前見かけた鴨の親子の赤ちゃんも、だいぶ大きくなっていました。


    またオーロラが見えたらオーロラの写真を、そして冬になったら凍った美しい湖の写真をご紹介出来たらいいなと思います。日本はまだまだ残暑の残る季節でしょうか?スウェーデンはゆっくりとですが、冬へと向かって一歩一歩進んでいるような、夏の終わりの寂しさを感じる季節になりました。

  • DSC_2298.JPG

    もう肌寒いし今年の夏ももう終わったかな?と思っていたのですが、ここ数日また暖かくなり夏日が続いています!もうこのまま秋になってしまうと思っていたので、とても嬉しいサプライズです。

    さて、先日日本から友人が夏休み中の子ども達を連れて、スウェーデンへ遊びに来てくれました!友人は私の住んでいる街やストックホルムに滞在し、そして一緒にハンガリーはブダペストへと小旅行し、とても楽しい時間を一緒に過ごすことが出来ました。遥々遊びに来てくれて、とっても嬉しいです。蒸し暑い日本からやってきたので、束の間の快適な気候をスウェーデンで過ごせたのではないでしょうか。


    DSC_2295.JPG

    さて、今回ご紹介するのは、友人滞在最終日に訪れたストックホルムの教会です。こじんまりとしていますが、美しく中に入るととても落ち着く教会です。ストックホルムには沢山の教会がありますが、こちらは中央駅から徒歩20分ほど、地下鉄Hötorget駅よりほど近いところに位置するAdolf Fredrik Kryka(Kryka=教会)です。プラプラ歩いているときに通りかかったので、入ろうかと相成りました。


    DSC_2292.JPG

    こちらの教会は、1768年に建設が始まり1774年に完成しています。1674年に出来た木造の教会を建てなおしたものになるそうです。こちらの上の写真、ちょっと小さいのでわかりにくいかも知れませんが、奥の祭壇左側に白いドレスを来た女性の後ろ姿が写っているの、わかりますか?丁度この日、結婚式がこちらで行われたようです。

    DSC_2297.JPG

    外にはごく少数の新郎新婦の親類、友達が。
    日本の結婚式というと、やはり花嫁の大舞台という事で盛大に沢山の人を招いてお金をかけて行いますが、スウェーデンの結婚式は本当に親しい人のみを招待してアットホームに行います。私のパートナーのお母さんと今の旦那さんは、空港にある教会で、旅行前にサッと結婚したそうです。とてもシンプルですね。

    DSC_2293.JPG

    こちらへ訪れたのは丁度午後2時頃でしょうか。柔らかい日差しが教会の中を照らします。


    DSC_2302.JPG

    教会の入り口では、こんなふうに真っ直ぐに伸びた背の高い木々が出迎えてくれます。緑が気持ちいい季節です。


    余談ですが、こちらの写真に写っている向かって左側の建物、地下1階を含めた全3階が全てセカンドハンド(中古)のお店で、食器から生活用品にインテリアに服にDVD...と、かなり色々揃っているお店ですので、こちらの教会へ訪れた際は是非是非このセカンドハンドのお店にも入ってみて下さい!何か掘り出し物があるかもしれません。

  • IMG_8343.JPG

    スウェーデンには子ども達が安全に元気に遊べる公園が沢山あります。日本との違いはどうでしょう??今回はスウェーデンの公園をご紹介したいと思います。


    IMG_8347.JPG

    ブランコは跨いで座ったり、座ってもガードがあり落ちないタイプのもので、殆どの遊具が木造です。


    IMG_8372.JPG

    こちらの公園には玩具の車が何個かあるのが見えますが...


    IMG_8368.JPG

    なんとこちらのボックスの中の玩具の車、自由に遊べるように公園に置いてあるんです!公園に来た子ども達が好きな車を取って遊び、帰る時にまたこちらのボックスへ戻して行きます。こうやって沢山置いてあるという事は、持って帰ってしまう子などはいないのでしょうね。


    IMG_8367.JPG

    自由に借りて遊べる玩具の車、特に男の子達はとっても嬉しいんじゃないでしょうか。


    IMG_8373.JPG

    こんなちょっと変わった遊具もあります。右の入れ物の中に砂やおもちゃを入れて、椅子に座ってハンドルを回すと入れ物が移動する仕組みです。ブルドーザーのような感じでしょうか。


    IMG_8342.JPG

    ちなみに一番最初の写真を別のアングルから見てみると、こんな感じで中にキッチンがついています!水等は出ませんが、シンクとコンロがちゃんとついていて、きっと女の子たちが楽しんで遊べるのではないでしょうか。こちらの子は、この時「パスタ」を作ってくれました。


    IMG_8349.JPG

    以上、スウェーデンの公園でした!

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.