• 20151123_101402_HDR.jpg

    今外では静かに雪が降っています。きっと明日の朝には積もっている事でしょう。上の写真は先日バスを待っていた時のバス停にて。霜が凍って美しい形状を象っていました。たまにまだ秋のような気温の日がある中、ストックホルムでは旧市街等で毎年恒例のクリスマスマーケットが開催され始めました。12/23まで続きます。

    先日、私の住んでいる街でもクリスマスマーケットが開催されたので、その時の写真をご紹介したいと思います。


    20151122_162033_HDR.jpg

    まず大きなクリスマスツリーの登場です。先週半ばころから至る所にライトをまとったクリスマスツリーが登場し始めました。これで、暗い冬の夜もツリーが照らしてくれます。


    DSC_2383.JPG

    マーケットの日には、移動遊園地も来ていました。子ども達が楽しそうにアトラクションに乗り、親たちが周りで見守っています。


    DSC_2374.JPG

    この日の気温はマイナス6℃。もっと冬が深くなれば気温は勿論もっと下がるのですが、まだ秋気分も抜けきらないのでとても寒く感じました。


    DSC_2387.JPG

    こちらは広場に並んだマーケットの様子。キャンディーに工芸品にファーの防寒具等が並びます。


    DSC_2386.JPG

    お店のショーウィンドウもすっかりクリスマス仕様に。

    この日のマーケットでは最後に花火が上がったようなのですが、とても寒くて花火の時間まで待つことが出来ず、早歩きで家路を急ぎました。アドベントキャンドルの1本目にも火が灯り、人々がクリスマスギフトのショッピングを楽しむ時期となりました。

  • DSC_2367.JPG

    昨日私の住んでいる街で、とても素敵なイベントがありました。午後6時。今の時期もう午後4時頃から暗くなるので、もう真っ暗な時間帯です。子ども達が瓶にペイントしたものをキャンドルホルダーとして使用した、無数のキャンドルが暗闇を照らしました。


    DSC_2358.JPG

    キャンドルは、中心部から放射線状に置いてあり、全部合わせるとかなりの数があったと思います。防寒をしっかりとした子ども達をつれた沢山の家族の姿がありました。


    DSC_2370.JPG

    キャンドルホルダーの1つ1つを見てみると、それぞれ全部違い個性豊かです。ペイントしてあったり、デコレーションしてあったり。


    DSC_2371.JPG

    スウェーデン人にとって、キャンドルはとても日常的なアイテムです。家に職場にレストランにカフェに...と、季節を問わずキャンドルを見かけない日はありません。キャンドルの明かりはとても優しく、気分が落ち込みがちな位冬の夜を鮮やかに照らしてくれます。


    DSC_2368.JPG

    こちらは放射線になったキャンドルの中心地。沢山の子ども達と、写真を撮る人々の姿がありました。


    DSC_2362.JPG

    こういった美しく心が温まるイベント、また開催されたらいいなと思います。


    さて、こちらは現在外の気温はマイナス8℃です。冬が来たな~と感じる寒さになってきました。初雪も、つもりはしませんでしたがこのキャンドルのイベントがあった日に降りました。11月も下旬、クリスマスはすぐそこ。街中でもクリスマスミュージックを耳にするようになり、各地でのクリスマスマーケットもそろそろ開催されます。今年もクリスマスマーケットの様子、ご紹介できたらなと思います。

  • 2015.11.12

    Saluhallen

    DSC_2334.JPG

    スウェーデン語で様々な食料品が買えるお店が集まった建物を「saluhallen」というのですが、近所に出来たsaluhallenに初めて足を運んできました。もう出来てから2年位立つので、やっと行けたという感じです。

    スーパーに並ぶものより「ちょっといいもの」が売っているsaluhallen。魚貝や肉、チーズなどの専門店が並びます。日本では近年専門店はあまり見かけなくなりましたよね。日本で言うと丁度「デパ地下」みたいな感じでしょうか?


    DSC_2336.JPG

    こちら2枚の写真は魚貝の専門店。この写真は右側にサーモンが売っていますが、左側手前はスウェーデンで良く食べられるサラダ用のチーズ(一番左)と、ハーブに付け込んだニンニク(その右隣)です。そのまた後ろの列にはオリーブやチリガーリック、ドライトマトが並びます。


    DSC_2330.JPG

    こちらはお肉屋さんです。新鮮な様々な肉が置いて有り、欲しいものをグラム単位で注文してその場で切り分けてもらいます。


    DSC_2338.JPG

    こちらはパンチェッタやプロシュートなどのハム類が置いてあります。

    DSC_2337.JPG

    こちらは色々なサラミが置いてあります。種類がとても多いですね!



    DSC_2352.JPG

    こちらはチーズの専門店。スウェーデンではとてもよくチーズを食べるので、チーズの種類も豊富です。普通のスーパーでも、ズラッと様々なタイプのチーズを色々なメーカーが出しているのを目にすることが出来ます。主な食べ方は、スライスしてパンやknäckebröd(クラッカーのような平たい乾燥したパン)に乗せて。一家に1つ大きなホールチーズを買って、食事の際に食卓にチーズスライサーと一緒に並べるのもよく見られる光景です。


    Saluhallenでは他にも色々写真を撮って来たので、また追って他の専門店もご紹介したいと思います!

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.