2016.05.13

春を迎える Valborg

IMG_8771.JPG

春到来、恒例行事のValborgが4/30に行われました!大きなかがり火を焚いて、長くて暗く、寒い冬が終わり春がやってきた事を皆で喜ぶ行事です。スウェーデンでは18世紀にはじまりました。


IMG_8769.jpg

火が灯るずっと前から広場には沢山の人が集まっており、火が灯ると激しい炎に小さな子ども達もビックリ。そして興味津々です。炎の周りには多くの子ども達が集まっていました。


IMG_8762.jpg

この日はまだ肌寒かったので、かがり火の炎がとても暖かく気持ちが良かったです。


IMG_8756.JPG

こちらはとてもスウェーデンらしい光景。スウェーデンでは父親も育児に積極的に参加しています。お父さん2人が、ベビーカーを揺らす手を緩めないまま、赤ちゃんをあやしながら立ち話をしています。


IMG_8723.jpg

こちらは火が灯る前、ステージの前で生演奏に合わせて元気に踊っていた子ども達がステージ上に上げて貰え、ステージで元気よく笑顔で踊っているところです。リズムに合わせてとても楽しそうに踊っており、周りの大人たちもミュージシャンも皆笑顔になっていました。


IMG_8787.JPG

かがり火は街の至る所で行われます。こちらはまた別の場所で、合唱隊が春が来た喜びを綴った歌を綺麗な歌声で聞かせてくれました。


去年はValborgの日になんと雪が降ってしまったのですが、今年はValborg以来どんどん暖かくなり、今では日中20℃~25℃まで気温も上がり、オープンテラスで食事をしたりお茶をしている人たちがかなり増えてきました。タンクトップの夏服の人たちも少なくありません。深夜でも、真っ暗になる事はなくなってきました。これから夏に向けて、一年で一番スウェーデン人が元気になる季節です!

        icon-next

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.