• IMG_9340.JPG

    この時期あちらこちらでクリスマスマーケットが開催され、クリスマスムードもいよいよ本番となってきました。週末だけ開催されるマーケット、大規模なところはクリスマス前まで連日開催されています。

    今回は何回かご紹介したことのある、野外博物館での小規模で可愛らしいクリスマスマーケットを。


    IMG_9274.JPG

    こちらの野外博物館では1800年代のスウェーデンの家や人々の生活の様子が垣間見れるのですが、今回はクリスマスマーケットが開催中ということで、当時を再現した家で、当時を再現した服を着てジンジャークッキーを焼いて振る舞ってくれていました。クッキー、この写真右側の薪をくべて火をつける大変古いタイプのオーブンで焼いていたんですよ。


    IMG_9305.JPG

    そしてこちらでは当時の方法でキャンドルを作っています。後ろにはクリスマスツリーが。

    この写真を撮影した時は午後4時半頃だったと思うのですが、なんとこのおじいちゃんは午前11時からずっとキャンドルを作っているのだそうです。4本の糸を蝋に垂らして引き上げる...をずーっと繰り返してこうやってキャンドルが出来て行くのですね。昔はこうやって灯りをとっていたんですね。


    IMG_9308.JPG

    このように木の部分を持ち、蝋につける...を繰り返していきます。簡単そうにみえて、時間はかかるしとっても重労働ですよね。


    IMG_9313.JPG

    そしてこちらが手造りのクリスマスキャンドル。作る過程で先に向かって細くなっているのが特徴ですね。お値段は85クローネ(1000円弱)です。


    IMG_9286.JPG

    こちらは当時のクリスマスディナーのメニュー。現在とだいぶ違います。パンにチーズ、おかゆにクリスマスハム、そしてLutfiskと呼ばれる保存食の白身魚です。


    IMG_9285.JPG

    そしてこちらがメッセージがついた当時の子ども達へのクリスマスプレゼント、藁で作った人形です。


    昔からこうやってクリスマスには家族で過ごし祝っていたのですね。電気が無い時代、外は雪で家の中はハンドメイドキャンドルの灯りのみ。とっても静かだったのではないでしょうか。またクリスマスマーケットの様子など次回ご紹介したいと思います!

  • IMG_9215.JPG

    前回の更新で大雪が降り気温もかなり下がったとお伝えしたのですが、あれから急にまた気温が上がりここ再起は日中10℃近くになる日も。雪のかわりに雨がしとしと降り、霧が出て、沢山積もった雪は解けてしまいました。

    さて、そんな中早くも各所でクリスマスマーケットが始まっています。私の住んでいる街では先週末に移動遊園地も来て、クリスマスマーケットと遊園地を楽しむ家族連れが沢山見られました。ストックホルムでも、12/23頃まで旧市街等でクリスマスマーケット行われているので、ご旅行でお越しの方は是非この季節ならではのクリスマスマーケットを楽しんで行ってくださいね。


    IMG_9210.JPG

    この日の気温も5℃以上あり、そこまで凍えることなく外でも過ごしやすい日でした。外で遊ぶ子どもたちには丁度良かったかと思います。


    IMG_9204.JPG

    写真では真っ暗なので夜かな?と思われるかもしれませんが、これで17時ほど。サマータイムも終わり日がかなりのスピードで短くなっていっているので、もう最近では16時位から暗くなるように。来月の終わりには15時過ぎから暗くなるようになるでしょう。


    IMG_9219.JPG

    こちらはクリスマスマーケットの屋台です。こちらではスウェーデン名物ベリーのジャムやハードブレッド(クリスプブレッド)等が並んでいます。


    IMG_9225.JPG

    こちらにはスウェーデン人が大好きなGodis(キャンディーやグミ等)がズラッと並びます。こちらの人たちは本当にGodisをよく食べるので、どんなスーパーにも量り売りで売っていますし、安いものから高いものまで、またGodis専門店もあります。

    そしてなんと、1人当たりが1年に食べる平均が17キロでスウェーデンが世界一とのこと!キャンディーにグミにチョコレートにマシュマロに...その種類も様々、子どもから大人まで皆大好きです。1人で年間17キロって、すごいですよね。


    IMG_9229.JPG

    こちらでは毎年恒例のスケートリンクが。こちらは冬が終わるまで設置されたままになります。こちらの子ども達はみんなスケートが上手です。スケートリンクの後ろの小屋の上には4本のキャンドルが。こちらはアドベントキャンドル。12月に入ってから1週間に1本火が灯り、4本全部に火が灯る頃にはいよいよクリスマスです。

    ここ近年の温暖化でクリスマスに雪が無い!という年もあるようになったのですが、今年はどうでしょうか?そろそろ皆のクリスマスショッピングも始まるころです。イルミネーションに彩られた街も、クリスマスへと向けて徐々に徐々に浮足立ち始める事でしょう。

  • 2016.11.10

    今冬初の大雪

    IMG_-y1wqqh.jpg

    先週よりちらほらと雪が舞い、霜が降りるようになったのですが昨日から大雪が!ストックホルムでも40cm程積もっているようです。こちらの写真は霜をまとったローズヒップ。白い世界に赤い身がアクセントになっています。


    IMG_urnrmq.jpg

    現在自転車は、こんな感じで雪に埋もれています。朝から降り始めて夜にはこんな感じでした。もう自転車に乗るのもちょっと危ないですね!靴ももうスニーカーや丈の短いものは履けず、皆ブーツの装いです。


    IMG_-tvlpxn.jpg

    葉っぱの上にもこんなにフンワリと雪が積もっています。


    20161108_094252.jpg

    こちらはまだ沢山降り積もる前の写真ですが、保育園の子ども達は真冬の装いで皆元気に外で遊んでいました。この時が今冬で初めて雪がちょっと積もった時だったので、子ども達も嬉しいのかとっても元気です。皆のきゃっきゃという声があちらこちらから聞こえてきます。



    CYMERA_20161109_074543.jpg

    さて、こちらはフラワーショップです。店頭には、冬を感じさせるリースやクリスマスツリー風にアレンジされたものが沢山置かれていました。


    20161108_170745.jpg

    とても素敵です!こちらの写真に写っているツリー風のものは現在のレートで約3000円ほど。

    レートといえば、数年前は1クローナが17円位だったのですが、今では円が上がって1クローナ11円~12円程にまでなっているので物価の高いスウェーデンですが日本から旅行に来られるならまさに、今!です。 例えばホテルがオフシーズンで一泊850クローネだとすると、以前は15000円位だったのが今のレートだと10000円ほど。今までクセで日本円に換算して「高いな~」と思っていたものも今のレートだとそこまで高く感じないので、日本から来るならとても良いのですが、こちらから日本へ行くとなると以前は1000クローナを換金したら17000円になったものが現在では11000円ですから、ちょっとこの差は大きいですよね!


    CYMERA_20161109_074509.jpg

    話をフラワーショップに戻しまして、店頭にあったこちらのキャンドルホルダーもモミの木の枝が紐でとめてあしらわれており、玄関に置いてお客様を迎えるのにもピッタリな雰囲気です。


    さて、今年の初雪は去年より随分早かったなという印象です。去年などは11月も終わりか12月頃だったような記憶もあるのですが。以前ですとありえなかったのですが、ここ近年ではクリスマスに雪が無かったりと年々と積雪量が減っているのを感じていたので、今年の冬はどれだけ雪が降るのかな?と今から考えています。

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.