2017.03.26

サマータイム突入 クルーズ旅行

PPVyAdII.jpg

サマータイムがいよいよ始まり、一気に日が1時間長くなりました!今日はサマータイムに入って初日だったのですが、この前まで寒かったのに一気に春らしくなり、日中15℃ほどあり太陽に当たっていれば上着が必要ないくらに。待ちに待ったサマータイム...という事で、今日はたくさんの人たちが外に出かけていました。


さて、今回ご紹介するのは先日久しぶりに行ってきたクルーズ旅行。フィンランド近くまで行き船内で1泊して戻ってくる...という、スウェーデンではとてもポピュラーで気軽な旅行のひとつ。週末など息抜きにピッタリです。船内ではレストランで美味しい食事を食べたりダンスをしたり免税店でショッピングを楽しんだり...と退屈はしません。前回は去年の10月頃に船内で好きなアーティストがライブをする...という事で行ったのでそれ以来となります。まずは上の写真、今回は何件かあるクルーズ会社からBirkaをチョイス。ストックホルムの旧市街から一番近い乗り場となります。


OUikAaQl.jpg

こちらはロビー。こちらで客室のカードキーや食事券をひき替えます。以前はみなチェックインカウンターに並んでいたのですが、現在ではどこのクルーズ会社のロビーでも自動発券機が置いてあるので、煩わしいチェックインは無く、各自で予約番号を入力して発券機からカードキーが出てくるのを待つだけです。1組2分もあれば終わります。おかげで長い列に並ばずに楽々です。


nen4b3E6.jpg

船内に入ると色々な場所でライブが開催されます。乗客も飽きずに色々みることが出来ます。


Xxq5VneN.jpg

こちらのステージでは人気のオールディーズバンドがライブをしています。ダンスフロアではご年配の方たちが楽しそうにペアを組んでダンスを踊っています。船の名物の1つです。


-aPayvF3.jpg

こちらの写真はシンガーの奥のお2人、奥様の方がなんとこの日70歳のお誕生日という事でその場に居合わせた皆でスウェーデンの誕生日の歌を歌いお祝いをするシーンも。心があたたまります。


Bt2ZxzII.jpg

船内にはこんな部屋も。こちらは葉巻を楽しむことが出来るシガールームです。色んな種類の葉巻が並びます。また、カンファレンスルームも10部屋位用意されているので、ビジネスとしてもクルーズしながら利用することが出来ます。


uRMh-zr0.jpg

そしてこちらはトップフロアのプールバーです。吹き抜けの天井が解放感があってとても気持ちのいい空間です。本来ですと写真の右側に位置するプールで泳いだりできるのですが、この日はプールをステージにしてDJイベントを行うという事でした。トップフロアといっても、実はこの吹き抜けの天井のまわり、ここより更に1階上にはランニング用のトラックがあり、日頃の運動を欠かしたくない人は最上階(外)に出て走り込むことも出来ます。

さて、様々な用途にあった施設が船内にあり乗客が飽きずに楽しめるようになっているこの船でのクルーズ、いくら程かかると思いますか?次回はこちらで食べたとってもおいしい食事を紹介しながら、かかった費用等お知らせしますね。

        icon-next

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.