• C_IRdGeM.jpg

    バケーションシーズンで街に人が少ない今の時期のスウェーデン。夏真っ盛りではありますが、徐々に徐々に日が短くなっていっています。天気が良く気持ちの良い日が多い今日この頃ですが、もうすぐ秋の訪れを感じることができるようになるでしょう。

    さて、先日とても素敵な体験をしてきました!結婚式と、その後のパーティーへお呼ばれして北へ電車で4時間ほどの街まで行ってきました。日本では結婚式というと、とてもお金がかかるというイメージがありますがこちらの結婚式などはどうでしょうか?写真と一緒にご紹介していきますね。

    まず今回は、みんなで準備した教会であげる結婚式の後のパーティー会場について。1枚目の写真、とても可愛いですよね!こちらは新郎新婦の席になります。



    B17XfjxR.jpg

    こちらはテーブルメイク。ホワイトとブラウンで統一されていて素敵です。他の色は使いたくないという花嫁のリクエストです。ちなみにテーブルメイクに使っているこの草などは、外から摘んできたもの。お金をかけなくても、こんなに可愛いテーブルメイクが出来てしまうアイデアに脱帽です。



    6uywf195.jpg

    パーティー会場はこんな感じで、なんと緑に囲まれた野外テントです。こちらはまだまだ皆で設営中の写真。



    ELjkPbAh.jpg

    こちらはゲストが手紙やカードを持ってきたときに入れる用の鳥かごです。あちらこちらに置いてある白樺の木がまたテーマカラーのホワイトに映え、また手づくりの温かみが感じられてとても良いです。こちらも、森から切ってきたもの。



    sdkxmX8q.jpg

    こちらのゲートのようなもの、とっても素敵な「フォトブース」です!白樺にレースと花があしらわれたこちらの前にゲストが立って、当日置いてあるインスタントカメラで自由に撮影して写真を思い出に残していく事が出来ます。こちらもお金がかかっていないのに可愛くて素敵なアイデアです。



    N-WCSoJC.jpg

    こちらは電飾の木です。北部で夏ですのでかなり遅い時間にならないと暗くなりませんが、パーティーは夕方から深夜まで続くのでライトの設置も怠りません!当日はミュージシャンの生演奏に合わせて皆でダンスもします。


    これらが前日に行った手作りの会場セッティング。ドリンクや当日必要なものも全て運びこび、あとは翌日の本番を待つのみ。実はこの夜雷雨だったので翌日テントは大丈夫かな?!と心配で皆見に行ったのですが、ちゃんと全て閉まるタイプのテントの会場を設置していたので大きな被害は無く無事当日を迎えることが出来ました。


    結婚式の様子、また次回ご紹介したいと思います。

  • 20170719_154140.jpg

    私の住んでいる街に、とても可愛らしい家ばかり集まった小さな小さなエリアがあります。手前に流れている川の向こう側、沢山の小さい家と、その向こう側にはそれぞれ住人の個性あふれるお庭が。ちょっとこちらのエリアをのぞいてみましょう。

    それにしても、自然が豊かで家の裏からそのままボートに乗って出かけられる環境だなんて、最高ですね!



    20170719_154820.jpg

    中にはこんなに入るのがワクワクしそうなおとぎ話のような家も。今は丁度夏ですので、お庭の緑が多い茂って中の家はどんな様子なんだろう?と想像を掻き立てられます。こちらのお家は恐らくDIYだと思いますが、ドアも柱も窓もデザインと色が個性的です!



    20170719_155545.jpg

    こちらは見て下さい!お庭がとても素敵なお宅です。この自転車をつかった花壇、ちょっとしたお店のディスプレイのようです。左奥には小さな小さな、可愛らしいサイズの家が。この辺りは皆これくらいのサイズの家で、本当に最低限の部屋しか無いんだなぁと想像しています。大きさは平均的な1部屋に、プラスアルファといったところでしょうか。

    こちらのエリア、お庭にりんごの木があるところが多いので、秋に来るとお庭には沢山のりんごと紅葉した葉が落ちていて、また一味違った美しさです。




    20170719_155740.jpg

    家の裏側にまわると、1枚目の写真で手前に流れていた川にでます。ベンチに座ったり、ボートをこちらへつけてボートに乗って出かけたり。魚もいるので、魚釣りも出来ますね。とても素敵な環境です!


    20170719_154922.jpg

    さて、こちらは可愛らしい「遊んでいる子どもに注意!」のユニークな看板。可愛らしいちょっと古風なイラストが描いてあります。このようなイラストの看板も、このエリアでしか見たことがありません。そしてここから更に歩いて行くと...



    20170719_155109.jpg

    なんと「遊んでいるご老人に注意」の看板が!こんな可愛らしく洒落のきいた看板初めてみたので、思わず写真を撮りました。やはりこちらのエリアは、リタイヤされてのんびりと最低限の生活を自然の中で楽しんでいる人たちが心豊かに暮らしているのでしょう。



    徐々に日が暮れるのが早くなってきましたが、スウェーデン、夏まだまだ真っ盛りです。

  • bU6V1eMc.jpg

    今回は先月行われた毎年恒例行事の1つ、高校生の卒業パレードの時の様子をご紹介したいと思います!卒業生たちのキラキラした笑顔と、街中をゆっくりと走っていくクラスごとの個性的な大きなトラック。毎年楽しみにしているスウェーデンならではのイベントの1つです。


    OPulFws1.jpg

    こちらは女の子ばかりのトラックです。美容師になる勉強をしてきた子たちでしょうか、トラックにはドライヤーのイラストとシャレのきいたテキストが書いてあります。


    tfNXNcHi.jpg

    卒業生は皆白い帽子をかぶっています。トラックには1台1台巨大スピーカーが積んであり、それぞれ好きな音楽を爆音で流してゆっくり通り過ぎていくので、街はさながらクラブのようです。大きな盛り上がりをみせています。


    TOFma_9J.jpg

    こちらが男の子の卒業パレードの正装です。皆おそろいの白い帽子と紺色のスーツ。女の子は白い上下に下はスカートになります。首からは家族や友達に貰う卒業おめでとう!の花束やマスコットを沢山下げていますね。日本の高校生に比べると、こちらの高校生はずいぶん大人っぽい風貌です。


    UGZhbDf9.jpg

    スウェーデンはとても移民が多い国ですので、卒業生たちの人種も持つ国旗もアラブ系やアフリカ系など様々です。


    MqnAXSD8.jpg

    こんな被り物をしている子も!家族は卒業生がまだ小さかった頃の写真が貼ってあるプラカードを持ち、道の両脇に沢山集まっています。トラックでのパレードは2~3時間続き、毎年街は音楽と歓声に包まれます。

    6月にスウェーデンにご旅行でいらっしゃると、もしかしたらこの卒業パレードに遭遇するかもしれません!

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.