2017.08.23

深夜まで続いた結婚パーティー

xkzuvGya.jpg

最近こちらはずいぶんと日が短くなり、涼しくなってきて夏の終わりと秋の始まりを感じています。夏至祭の頃の夜22時はまだ明るかったのですが、今ではもう真っ暗。朝夜は15℃を切る日も少なくありません。1か月ほどあった夏休みから仕事へ戻る人も多くみられる時期です。夏が終わってしまうのが寂しい8月の終わりです。


さて、前回教会での結婚式の様子をご紹介しましたが、今回はその後皆で協力して飾りつけをした野外のテントでパーティーです。上の写真は会場のテントのすぐ近くに準備されたフォトブース。招待客が自由にチェキで写真を撮って飾っていきます。最後に持ち帰ると、何年たっても「この人が来てくれたな」なんて思い返せる、可愛らしくとてもいい結婚式の思い出になりますよね。



vVR3HRbz.jpg

会場に着いたら、早速食事が始まります。ケータリングの美味しそうな食べ物が届いています。


Vzxo2UJe.jpg

パスタやグリルポーク、種類やチーズが並びます。



pOKo-3GL.jpg

こちらは大きなウェディングケーキです!ブッシュドノエルのような切り株がモチーフになっており、新郎新婦2人のイニシャルが入っています。自然の木や草を飾りに使用している今回のパーティー会場にピッタリです。こちらは食事の後にデザートとして頂きました。



jbEwe-lM.jpg

そしてこちら、なんとビックリ皆がスプーンやフォークでグラスをたたいて音を鳴らし始めたら始まった、会場にいる男性陣が列になってそれぞれ花嫁にキス!皆素早くチュッと頬にしていきますが、中には口にしていた人も。日本だったら、きっと大問題になりますね(笑)



sJpBkayP.jpg

ちなみに会場のテントの向かいにはログハウスがありそこのトイレを使用するのですが、トイレも可愛くレースや写真で飾り付けられ、こんな風にいざ!という時のために老眼鏡やビタミンCのタブレットやヘアスプレーにバンドエイド、鎮痛剤まで。色んなものが置いてあり、面白かったので思わず撮ってしまいました。



7iFXjHZF.jpg

食事の後には感動的な新郎新婦のダンスも。2人の思い出の曲の生演奏に合わせて踊ります。子どもも大きくなり長い間ずっと一緒にいる2人が、やっと今結婚したその想いがとても溢れる素敵なダンスでした。この後新郎新婦のお母さんも交えてダンス、ダンス、ダンスです。


食事が始まったのが17時から、そしてその後話したりダンスをしたり...で結局パーティーが終わったのが深夜2時すぎ!長いですね。日本だったらすでに4次会くらいでしょうか?!真夏のスウェーデン中北部、夜は0時でも真っ暗になりません。楽しく素敵な夜は更けていきました。


とってもアットホームな手作り結婚式、ちょっとでも雰囲気が伝わっていたら嬉しいです!

        icon-next

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.