• 20171224_163131_HDR.jpg

    もう年の瀬ですね。日本ではこちらより一足早く年が明けたことと思います。スウェーデンは日本より8時間遅れて2018年を迎えますが、スウェーデンではお正月は日本ほど大きなイベントではありません。「ほぼ普通の日」で、仕事やお店もも1/2より通常通りという所が多いほど。というわけで、引き続きスウェーデンではお正月よりも大事なクリスマスの様子を引き続きご紹介したいと思います。

    上の写真は、クリスマスディナーの準備を皆でしているところ。美味しい料理を作っています。


    20171224_163829R.jpg

    スウェーデンでクリスマスを祝うのは24日です。25日はゆっくり休む日...といったところでしょうか。クリスマスのディナーも勿論24日です。今年はパートナーのお母さんの家で家族みんな集まって過ごしました。

    上の写真はブログでも何度か紹介していますクリスマスハムのJulskinkaです。こちらはきっとクリスマスディナーにはマスト!の1品。大きなハムの周りにはちみつとマスタード、そしてパン粉(細かいもの)をまぶしてオーブンでじっくり焼きます。私は翌日に温めて食べるのが、ハムがジューシーになってとても好きです。前回のブログでは、セロリの根でつくったベジタリアン用のクリスマスハムを紹介しましたね。


    20171224_163837R.jpg

    カラフルなキャビアを添えたゆで卵と奥にはサーモン。他にもパテやオムレツ、アンチョビを使ったスウェーデン料理ヤンソン氏の誘惑やパイなど、色々とテーブルに並びました。


    20171224_162520_HDR.jpg

    クリスマスツリーの下には、沢山のプレゼントがどんどん集まってきます。どれが誰のプレゼントで誰宛か楽しみです。



    20171224_161708_HDR.jpg

    こちらはクリスマスツリーの前でTVを見ながらディナーを待っている子。一番大きなプレゼントの包みを見てとっても興奮していました!



    20171223_080939_HDR.jpg

    今回お世話になったのは、メインの家の離れのこちらのキャビン。小さいですがベッドも完備、中は半袖で過ごせるほど暖かいんです。辺りにあまり家が無いところにあるので、キンと冷えた空気の中の満天の星空がとても綺麗でした。


    スウェーデンのお正月は、本当に特筆することが無い位通常の日のような感じですので、また引き続きクリスマスの写真などをご紹介していきたいと思います。




  • DQYqpz8W4AAatrA.jpg

    先日、またまたバルト海クルーズへと気分転換に出かけました。今のシーズンは、通常のディナーブッフェではなくJulbordが食べられます!Julbordというのは、スウェーデンの伝統的なクリスマス料理の品々の事です。この時期になると、レストランでJulbordが食べられるところも多いです。

    というわけで、クリスマスシーズンに初めてクルーズしてきました。



    DQYrESBXcAAHvfh.jpg

    こちらはJulbordの会場の船内レストランなのですが、その凝った飾り付けにビックリ!勿論通常シーズンにはこの飾りは一切ありません。白いクリスマスツリーにイルミネーション、まるで外にいるみたいです。



    DQYqmbvXkAA8EsP.jpg

    レストラン内ではコスチュームを身にまとったスタッフが出迎えてくれます。こちらも通常シーズンにはないことなので、びっくり!なかなか手が込んでいます。



    DQYqoMYXUAEch7T.jpg

    白ひげを蓄えた、とっても足の長いスタッフも入り口で入店した人たちを迎えます。



    DQYqkDoXUAMy0Zl.jpg

    食事中もキラキラのイルミネーションに目が行きます。とても素敵な空間です。


    20171206_180525_HDR.jpg

    こちらはお料理のコーナー。こちらはデザートです。「VINTERSMAK」(冬の味)と書いてあります。


    DQYrM_JW0AEM-ni.jpg

    お料理の順番が前後してしまいますが、こちらは温かいフード。一番右はたっぷりのジューシーなサーモン、その2つ隣の手前にマスタードソースが置いてあるものはターキーのグリルです。

    温かいフードの中に、一見するとお肉のようなのですが、これは一体なんだろう...?と思い食べたもの。なんとベジタリアン用のクリスマスハムで、ハムの代わりにセロリの根を使用したものでした。セロリの根をスウェーデンの伝統的なクリスマスハムを作る要領でマスタードなどを周りに塗ってグリルしていました。



    DQYrKBEX4AAdL48.jpg

    こちらは冷たいフードのエリア。お肉のパテやハムが並びます。



    DQZnl5YW4AI8xhW.jpg

    こちらのJulbordの目玉は何といってもこちら!「Godiesrummet」その名もキャンディールーム。スウェーデン人が好んでよく食べるチョコレートやキャンディーの数々が取り放題です。とても可愛らしくデコレーションしてあります。



    DQZnog9VoAAviVW.jpg

    種類はこのほかにもまだまだありました。まるでお菓子の国ですね。

    お子さんはきっと大喜びするでしょうこのキャンディールーム。この日のクルーズにはご年配の方が多かったのですが、日常的に皆さんキャンディーやチョコはよく食べますので、ご年配の方たちも楽しそうに好きなものを好きなだけとって楽しんでいました。


    今回も写真多めでご紹介しましたが、クリスマスクルーズのJulbordの紹介でした。



  • IMG_9683.JPG

    クリスマスホリデーを目前に、バタバタと忙しい日々が続いています。今日はまた前回に引き続き、別のクリスマスマーケットの様子をご紹介します!最初の1枚は、100年ほどまえのスウェーデンの一般家庭のクリスマスの様子を再現した部屋です。星形のアドベントライトが今と変わらず輝いていますね。



    IMG_9697.JPG

    こちらはマーケットの屋台です。こちらではパンやお魚ペースト、ジャムなどを売っていました。



    IMG_9698.JPG

    コチラがそのジャムです。ストロベリーにブルーベリーに...手作りのベリー系のジャムが何個か。



    IMG_9699.JPG

    マーケットには白いひげを沢山たくわえたサンタさんも登場です。



    IMG_9702.JPG

    こちらでは手づくりのウールやファーで作られた小物からアクセサリーが売られています。冬にとっても暖かそうですね。



    IMG_9710.JPG

    屋台の後ろには本物の大きな木がイルミネーションでクリスマスツリーへと早変わり。スウェーデンの国旗なども飾ってありますね。



    IMG_9714.JPG

    こちらに並ぶ屋台ではもみの木の葉で作ったオーナメントなどが売られています。




    IMG_9720.JPG

    こちらでは子どもたちに人気のスイーツが売られています。



    IMG_9718.JPG

    同じお店には袋詰めの色んな味のキャンディーも置いてあります。赤と白のものはPolkaと呼ばれるペパーミント風味。人気の味です。黒いものはリコリスでこちらも日本人では苦手な方が多いと思いますが、スウェーデンではとても人気です。

    この写真を撮影したのは14時半頃だったのでまだ少し明るいですが、この後すぐに真っ暗になってしまいました!
    今回はいつもより多めの写真をご紹介しましたが、クリスマスシーズンまだまだ今月は引き続きこちらのクリスマスの様子をお届けしていきたいと思います!




1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.