2017.12.15

続クリスマスマーケット2017

IMG_9683.JPG

クリスマスホリデーを目前に、バタバタと忙しい日々が続いています。今日はまた前回に引き続き、別のクリスマスマーケットの様子をご紹介します!最初の1枚は、100年ほどまえのスウェーデンの一般家庭のクリスマスの様子を再現した部屋です。星形のアドベントライトが今と変わらず輝いていますね。



IMG_9697.JPG

こちらはマーケットの屋台です。こちらではパンやお魚ペースト、ジャムなどを売っていました。



IMG_9698.JPG

コチラがそのジャムです。ストロベリーにブルーベリーに...手作りのベリー系のジャムが何個か。



IMG_9699.JPG

マーケットには白いひげを沢山たくわえたサンタさんも登場です。



IMG_9702.JPG

こちらでは手づくりのウールやファーで作られた小物からアクセサリーが売られています。冬にとっても暖かそうですね。



IMG_9710.JPG

屋台の後ろには本物の大きな木がイルミネーションでクリスマスツリーへと早変わり。スウェーデンの国旗なども飾ってありますね。



IMG_9714.JPG

こちらに並ぶ屋台ではもみの木の葉で作ったオーナメントなどが売られています。




IMG_9720.JPG

こちらでは子どもたちに人気のスイーツが売られています。



IMG_9718.JPG

同じお店には袋詰めの色んな味のキャンディーも置いてあります。赤と白のものはPolkaと呼ばれるペパーミント風味。人気の味です。黒いものはリコリスでこちらも日本人では苦手な方が多いと思いますが、スウェーデンではとても人気です。

この写真を撮影したのは14時半頃だったのでまだ少し明るいですが、この後すぐに真っ暗になってしまいました!
今回はいつもより多めの写真をご紹介しましたが、クリスマスシーズンまだまだ今月は引き続きこちらのクリスマスの様子をお届けしていきたいと思います!




        icon-next

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.