2018.01.31

Fettisdagen セムラの日

-Henjp4c.jpg

毎年ブログでもご紹介している「Fettisdagen(フェッティスダーゲン)」、今年はバレンタインの1日前、2/13です。Fettisdagenは英語だとパンケーキデイ。その昔四旬節の40日間は断食期間だったことから、その期間にカロリーのあるセムラを食べるという伝統が今でも続いています。勿論今は断食はしませんが。

セムラの日もといFettisdagenを前に、今回は色々なセムラをご紹介したいと思います!こちら1枚目の写真、私も初めて見ました。パステルピンクのセムラです!とっても可愛いです。



w0lLhAEx.jpg

こちらは以前紹介したストックホルムの有名なカフェ「Vetekatten」のミニセムラ。
セムラはシュークリームに似た見た目をしていますが、カルダモン風味のパンにアーモンドペーストと生クリーム(スウェーデンの生クリームは日本のそれのような繊細で甘い味わいではありません)がたっぷり入った、大きいボリュームもとてもたっぷりなものなので、ミニサイズが女性には丁度いいかもしれませんね。



gN6yP3Nj.jpg

こちらはグルテンフリーのセムラです。スウェーデンはベジタリアンむけ、グルテンフリー、ラクトスフリーなどなど、様々な人に対応した食品が売られています。



5IskXNmX.jpg

こちらは普通のセムラですが、生クリームがたっぷり高く盛ってあり見た目もゴージャスですね。カフェの1品です。




oSXO2SdJ.jpg


こちらはパン生地がデニッシュのデニッシュセムラです。見た目がシュークリームのようなセムラですが、味は全く別物ですので、シュークリームのように日本のデザートを意識して食べるのであればパン生地も甘めのデニッシュセムラをおすすめします!普通のセムラのパンは柔らかくも甘くも無いパンなんです。




884KEaO6.jpg


最後に「GRATTIS」(おめでとう)という文字のキャンドルが刺さったセムラです。お誕生日でしょうか?日常的なセムラもこんな風にデコレーションすると素敵ですね!

        icon-next

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.