• 20180530_164241_HDR.jpg

    今年の夏はどうやら暑いようで、5月ですでに記録的な暑さになっているスウェーデン。5月で連日30℃を超えたりするのはかなり珍しいです。例年より一足先に、真夏の日々を皆謳歌しています。

    夏といえば、ベリー。街中で色んなベリーのスタンドを見ることが出来ます。こちらも今日みかけたベリーの特設スタンド。左手前はブラックベリー。奥にラズベリー、右はストロベリー、そしてブルーベリーなどが並びます。特にスウェーデン人の夏のストロベリーの消費量はなかなかだと思います!



    さて、前回までエストニアのタリンへのクルーズ旅行をご紹介していたのですが、今回も最後に船上のアクティヴィティや食事等をご紹介したいと思います。



    20180503_221701_HDR.jpg

    20180503_220906_HDR.jpg

    20180503_220604_HDR.jpg

    フェリーによってアクティビティは色々と変わるのですが、今回は中国・モンゴルのパフォーマー達のショーが夜に2回行われていました。船上ですが、こちら大きなホールのようになっており、1階席2階席とあります。このほかにもバンド演奏や、誕生日の人を祝うイベント、そしてビンゴなど夜中まで色々と行われます。




    20180502_181412_HDR.jpg

    こちらは免税店です。免税店もフェリーによって入っているブランドや販売している商品が変りますが、ブランド物のコスメ、香水、また別のお店では服や小物なども購入することが出来ます。




    20180502_182654_HDR.jpg

    20180502_182658_HDR.jpg

    こちらのフェリーにはスーパーマーケットも。他には菓子類、お酒、たばこ等購入することが出来ます。フルーツや野菜が置いてあるお店のあるフェリーは珍しいです!サバの缶詰まで置いてありますね。


    他にも船内にはカジノ、スパ、バーなど色々あるので、夕方からずっと船に乗っていても退屈することはありません。



    20180502_170707_HDR.jpg

    CYMERA_20180503_042341.jpg

    こちらはレストランでのディナービュッフェの品々。写真に写っているのは一部ですので、かなりの種類がありました!左下に写っている、ぱっと見シュウマイのようなものはエストニア料理の小エビのオードブルでした。美味しかったです!フェリーでの食事ではサーモンをはじめとした魚介類がいつも楽しみです。




    20180503_081010_HDR.jpg

    そしてこちらは品数は少ないですが、温かいコーヒーや色んなパンがいただけるモーニングビュッフェでの一枚。こちらのモーニングビュッフェの定番は、どこのフェリーでもスクランブルエッグ、ベーコン、ミートボールにスモークサーモン、サラダ、パン etc といったところでしょうか?


    ちなみに今回のフェリーはストックホルムとタリンを行き来しているフェリーでしたが、乗客は若干エストニアの方たちが多かったような印象でした。
    以上、エストニア、タリンへのクルーズ旅行のレポートでした!

  • 20180503_103448_HDR.jpg

    引き続き夏日が続いているスウェーデン。毎日30℃近く気温も上がり、しかし湿気が無いのでとても気持ちの良い日が続いています。さて、今回は前回の続きで特別編、タリンへのクルーズからタリン旧市街の街並みをご紹介したいと思います。

    上の写真は、タリンの港に到着したストックホルムから乗ってきたフェリーです。船内で1泊、朝になると到着し、半日タリンに滞在して夕方船内へ戻ってまた一泊し、翌日ストックホルムへ帰港というスケジュール。同じようなスケジュールで、ストックホルムからはヘルシンキやラトビアのリガへも便が出ています。




    20180503_122953_HDR.jpg

    港から市街地を抜け、ショッピングモールなどを探索しながら歩いて行くと15分程で旧市街へと到着です。旧市街は、タリン歴史地区と呼ばれ1997年ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。中世のような街並みが今でも残っています。



    20180503_123021_HDR.jpg

    旧市街で目にするのが、こちら。甘いアーモンド菓子を中世の衣装を着たスタッフがワゴンで売っています。スウェーデンでもよく食べられるものですが、とても美味しいですよ。



    20180503_123006_HDR.jpg

    こちらはレストランの呼び込みスタッフです。こちらも中世の衣装を身にまとっていて、雰囲気が出ていますね。この辺りにはこのように当時の衣装を着たスタッフや中世風のパブやレストランが並びます。



    20180503_123244_HDR.jpg

    そしてこちらはそんな場所からすぐの、ラエコヤ広場。沢山のレストランが並びます。1322年に記録に登場し、1404年に現在の姿に修復されたそうです。こちらの広場には、写真には写っていませんが旧市庁舎が建っています。




    20180503_131539_HDR.jpg

    ちょっとわき道に入ると、こんなに古い建物が並んでいます。こちらは美容院。古い建物とピンナップガールの看板のコントラストがユニークで目立ちます。



    20180503_131624_HDR.jpg

    こちらもわき道です。世界遺産に登録されているだけあり、さすが歴史を感じます。


    タリンへは何度も来ているのであまり街歩きをしなかったのですが、何度来ても素敵なところです。物価もスウェーデンより安いですし、スーパーでスウェーデンに売っていないものを試すのもとても楽しいです。旧市街の街並みも、ストックホルム旧市街とはまた違った趣が。


    ストックホルムへお越しの際は、シリヤラインのクルーズ旅行2泊で来れるので、是非日程に余裕のある方はスケジュールに組み込んでみてくださいね!

  • 2018.05.16

    夏が来た!

    20180513_210646_HDR.jpg

    前回までの更新ではまだまだ春を感じたり冬に一歩戻ったり...といった気候だったのですが、ついに夏日がやってきました!日本の感覚からすると、早いですよね。スウェーデンの夏はだいたい5~8月、8月も中旬となれば秋を感じ始めます。ですので今、本当に良い気候、となっています。

    上の写真も撮影したのが21時すぎ。22時前まで明るい、白夜の季節もやってきましたよ。



    20180513_204650_HDR.jpg

    こちらの写真も夜です。青空が広がっており、とても気持ちが良いです。

    気温も25℃超え、昨日今日などは日中の体感温度が30℃となっています。日陰でないところは本当に暑いです!でも日本と違って湿気がないので、不快な暑さではありません。沢山の人が、タンクトップにショートパンツ、ワンピースといった真夏の装いで歩いています。




    20180502_152943_HDR.jpg

    さて、私たちはよくクルーズに出かけるのでブログでも何度か紹介していますが、先日は久しぶりにエストニアの首都タリンまで行って帰ってくるクルーズへ行ってきました。久しぶりのシリヤラインです。シリヤラインはクルーズ会社の中でも、日本では一番耳にする会社だと思います。その理由は、ストックホルムからヘルシンキ、そこからタリンやラトビアのリガまでの便が出ているからでしょう。


    バルト三国のエストニア、日本からですと中々行く機会も無いと思いますので、日本から友達が遊びに来てくれた時はよく連れてクルーズで行っていたので、私にとっては5回目位、3~4年ぶりのタリンとなりました。

    上の写真は、シリヤラインでストックホルムとタリン間を運行しているバルティッククイーンという名前の船です。船には全て名前がついているんですよ。



    20180502_154129_HDR.jpg

    こちらは船内、今回利用したプレミアムのキャビンです。安いキャビンは窓無し、折り畳みベッド...と多少快適では無い部分があるので、今回はベッド付きのお部屋にしました。窓から外の海も見れ、夜は丁度バルト海に浮かぶ満月がとても綺麗に見えていました。




    20180502_152947_HDR.jpg

    こちらは出発前、チェックイン時です。以前はチェックインカウンターに皆並んでいたのですが、最近ではどこのクルーズ会社もセルフチェックインの機械を取り入れており、かなりスムーズに簡単にチェックインが出来るようになりました。写真の真ん中にあるものが、それです。




    20180502_152802_HDR.jpg

    セルフチェックインの仕方はとても簡単です!こちらで予約番号を入力するだけです。
    そうすると、申し込んだもの全て、お部屋のカードキーや食事のクーポンなどが発券されるので、後はそれを持って船へ行くだけ。とっても簡単ですよ。



    次回は特別編として、エストニアのタリンの写真を少しお見せしたいと思います!

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.