• 2015.12.31

    God fortsättning!

    DSC_2390.JPG

    今年ももうあと残り少しとなりました。日本ではもうすぐカウントダウンを迎えようとしていますね。TVでは大晦日の特番がやったり規模の大きなカウントダウンイベント、また明けてからは初詣に出かける人たち、お正月セールなどなど、日本ではビッグイベントですよね。一方こちらスウェーデンでは、クリスマスにとても盛り上がるので大晦日と年始は至って普通の平日といった感じ。お店の営業時間がちょっと短くなる程度でしょうか?


    DSC_2403.JPG

    というわけで、今回もクリスマスの時に沢山撮った写真のいくつかをご紹介したいと思います。最初の写真はストックホルムの地下鉄中央駅のすぐ近くの広場Sergels torgです。こちらでも旧市街と同じく毎年クリスマスマーケットが出ています。そしてこちらの写真は、旧市街です。雪が積もっているととっても雰囲気があるのですが、ここ近年ではあまり降らなくなってしまいました。


    DSC_2391.JPG

    Sergels torgのマーケットは、去年まで前回ご紹介した旧市街のマーケットのように屋台のようになっていたのですが、今年からはこんな風に中に入るととても暖かい造りになっていました。これならお買い物に来た人も、店員さんも寒さに震える事無く時間が過ごせますね。


    DSC_2392.JPG

    上の写真の左手前のお店の中は、こんな感じです。キャンドル屋さんでした。様々なキャンドルホルダーが所狭しと並んでいます。


    DSC_2394.JPG

    DSC_2396.JPG

    くさりタイプの珍しいものまで。


    DSC_2406.JPG

    こちらは旧市街のチョコレート屋さん。飾りつけがクリスマスっぽくなっています。中に入ると、好きなチョコレートを一粒単位で購入する事が出来ます。


    DSC_2408.JPG

    そしてこちらは、クリスマスマーケットの時期でもあまり人がいない静かな裏通り。ただ、お店の前を通り過ぎると、窓の向こう側には暖かい明かりとクリスマスのオーナメント等が目を楽しませ、また心を温かくしてくれます。


    さあ、日本はもうあと30分ちょっとで年明けですね。こちらは現在時差がマイナス8時間ですので、まだまだ先です。今年も1年、ブログを読んで下さりどうもありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします!

  • 2015.12.24

    GOD JUL!

    DSC_2419.JPG

    GOD JUL! (メリークリスマス!)今年のクリスマスは家でのんびり過ごしています。年々クリスマスに雪が降らなくなってきているのですが、今年は更に暖かくまるで春のよう。気温は7度です。寒くないのは過ごしやすくて良いのですが、ちょっと寂しい気も。

    さて、今回は昨日まで開催されていたストックホルムは旧市街のクリスマスマーケットの写真をご紹介したいと思います。


    DSC_2426.JPG

    毎年開催されている人気のクリスマスマーケット。規模は小さいですが、伝統的なお店が並びます。観光客の姿も沢山見うけられ、中には日本人も見かけてちょっと嬉しい気分になりました。


    DSC_2409.JPG

    この日は雪は降っていませんでしたが、気温が低くなっていた時期でマイナス8℃ほど。マーケット内で買えるGrogg(スパイス入りホットワイン)を飲んで暖を取る人たちの姿も。


    DSC_2424.JPG

    スウェーデンでは家に必需品のロウソク。こちらにはハンドメイドのロウソクがズラっと並んでいます。


    DSC_2412.JPG

    こちらは色んな種類のニシンの酢漬けが。クリスマスでも良く食べられますし、ホテルの朝食にも出てくるほどポピュラーな食べ物です。


    DSC_2411.JPG

    こちらはオーナメントなどが置いてあります。赤と白でクリスマスカラーですね。


    DSC_2427.JPG

    旧市街のクリスマスマーケットは、毎年こちらノーベル博物館前の広場で行われています。クリスマスシーズンにストックホルムにご旅行でいらっしゃる際は、是非訪れてみて下さいね。


    スウェーデンのクリスマスは家族で過ごす日...ですのでお店は閉店、スーパーも午後1~3時には閉まってしまいとても静かになります。たまには家でのんびりと過ごすクリスマスも良いものです。皆さんもどうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください!

  • IMG_8675.JPG

    日本ではもう日付が変わってしまいましたが、今日12/13は聖ルチア祭です。毎年この日に行われ、各地では蝋燭の冠をつけ手に蝋燭を持ち、そして白いドレスを纏う「聖ルチア」達の行進や伝統的な歌を披露するコンサートが行われます。私の住んでいる街でも、聖ルチアのイベントが行われました。


    IMG_8671.JPG

    こちらがステージです。沢山の人たちが聖ルチアを見ようと訪れていました。上の写真では、丁度伝統的なルチアの歌を歌っているところです。ルチアの歌に続き、シーズンのクリスマスソングが何曲かアカペラやピアノ伴奏で披露され、街はクリスマスムードが溢れていました。


    IMG_8677.JPG

    ステージの近くでは、無料のコーヒーがサンタ帽を被った子ども達によって振る舞われており、寒い中長い行列が出来ていました。


    IMG_8680.JPG

    街中でも至る所にクリスマスツリーが飾られており、一時期下がった気温も少し上がり、温暖なせいか雪が無いのが寂しいですが、クリスマスムードを高めています。暗い冬の夕方を、イルミネーションの明かりが照らしてくれます。ちなみにこの写真を撮ったのは、ルチア祭のコンサートが行われた16時です。空はすでに、真っ暗です。


    IMG_8682.JPG

    お店の中に入っても、ディスプレイや並んでいる商品はクリスマス一色です。皆クリスマスギフトのショッピングに精を出すシーズン。毎週日曜には、クリスマスショッピングの為に市内のバスが無料になる嬉しいサービスも。


    IMG_8683.JPG

    さて、今の時期にスーパーの炭酸飲料売り場へ行くと沢山売っているのがこちら。こちらでもかなり沢山並んでいます。こちらは「Julmust」(ユールムスト)、スウェーデンのクリスマスシーズンの定番ドリンクです。スウェーデンのクリスマスシーズンには、ユールムストがコカコーラよりも売れるので、その間コカコーラの販売量が50%も落ちるそうです。この時期コカコーラの販売量がここまで落ちるのは、恐らくスウェーデンだけでしょう。

    また、4,500万リットルのユールムストが12月中に飲まれ(スウェーデンの人口は約900万人)、これは12月に消費されるソフトドリンクの総量の50%近くにもなるそうです。どんな味か気になりますか??色はコーラのようですが、味はちょっと違います。材料を調べたところ、炭酸水、砂糖、ホップからの抽出物、大麦からの抽出物、スパイス、着色料(カラメル)という事でした。日本でも、もしかしたらIKEAに売っているかもしれませんね。IKEAへ行く機会のある方は、クリスマスシーズンのスウェーデンの味ユールムストを是非試して見て下さい。

  • 20151123_101402_HDR.jpg

    今外では静かに雪が降っています。きっと明日の朝には積もっている事でしょう。上の写真は先日バスを待っていた時のバス停にて。霜が凍って美しい形状を象っていました。たまにまだ秋のような気温の日がある中、ストックホルムでは旧市街等で毎年恒例のクリスマスマーケットが開催され始めました。12/23まで続きます。

    先日、私の住んでいる街でもクリスマスマーケットが開催されたので、その時の写真をご紹介したいと思います。


    20151122_162033_HDR.jpg

    まず大きなクリスマスツリーの登場です。先週半ばころから至る所にライトをまとったクリスマスツリーが登場し始めました。これで、暗い冬の夜もツリーが照らしてくれます。


    DSC_2383.JPG

    マーケットの日には、移動遊園地も来ていました。子ども達が楽しそうにアトラクションに乗り、親たちが周りで見守っています。


    DSC_2374.JPG

    この日の気温はマイナス6℃。もっと冬が深くなれば気温は勿論もっと下がるのですが、まだ秋気分も抜けきらないのでとても寒く感じました。


    DSC_2387.JPG

    こちらは広場に並んだマーケットの様子。キャンディーに工芸品にファーの防寒具等が並びます。


    DSC_2386.JPG

    お店のショーウィンドウもすっかりクリスマス仕様に。

    この日のマーケットでは最後に花火が上がったようなのですが、とても寒くて花火の時間まで待つことが出来ず、早歩きで家路を急ぎました。アドベントキャンドルの1本目にも火が灯り、人々がクリスマスギフトのショッピングを楽しむ時期となりました。

  • DSC_2367.JPG

    昨日私の住んでいる街で、とても素敵なイベントがありました。午後6時。今の時期もう午後4時頃から暗くなるので、もう真っ暗な時間帯です。子ども達が瓶にペイントしたものをキャンドルホルダーとして使用した、無数のキャンドルが暗闇を照らしました。


    DSC_2358.JPG

    キャンドルは、中心部から放射線状に置いてあり、全部合わせるとかなりの数があったと思います。防寒をしっかりとした子ども達をつれた沢山の家族の姿がありました。


    DSC_2370.JPG

    キャンドルホルダーの1つ1つを見てみると、それぞれ全部違い個性豊かです。ペイントしてあったり、デコレーションしてあったり。


    DSC_2371.JPG

    スウェーデン人にとって、キャンドルはとても日常的なアイテムです。家に職場にレストランにカフェに...と、季節を問わずキャンドルを見かけない日はありません。キャンドルの明かりはとても優しく、気分が落ち込みがちな位冬の夜を鮮やかに照らしてくれます。


    DSC_2368.JPG

    こちらは放射線になったキャンドルの中心地。沢山の子ども達と、写真を撮る人々の姿がありました。


    DSC_2362.JPG

    こういった美しく心が温まるイベント、また開催されたらいいなと思います。


    さて、こちらは現在外の気温はマイナス8℃です。冬が来たな~と感じる寒さになってきました。初雪も、つもりはしませんでしたがこのキャンドルのイベントがあった日に降りました。11月も下旬、クリスマスはすぐそこ。街中でもクリスマスミュージックを耳にするようになり、各地でのクリスマスマーケットもそろそろ開催されます。今年もクリスマスマーケットの様子、ご紹介できたらなと思います。

前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.