• V3jDQ1Lo.jpg

    今回はケーキの写真から。すっかり元気になりまして、先日誕生日を迎えたのですが日本ではあまり見かけない感じのケーキを頂いたので、ご紹介を。こちらイチゴに生クリームのホールケーキ...といきたいところですが、このちょっと茶色い生クリームっぽい部分、何だと思いますか?こちら生クリームではなく全てメレンゲ、焦がしメレンゲです。



    tdVnPkNw.jpg

    カット部分が汚くなってしまったのですが、中はこんな感じです。外側と上の白い部分、全部メレンゲです。スポンジ、カスタードっぽいクリーム、メレンゲそしてイチゴという構成。私は生クリームが大好きなので、生クリームだ!と思って食べたら白い部分全部メレンゲだったので、びっくりしました。日本だとなかなか見かけませんよね。クリーム部分がすべてメレンゲのケーキ。スウェーデンだと定番のケーキの種類はとても少ないのですが、メレンゲはよくスイーツに使われていますね。

    お味は...とっても甘かったです!



    AEnLum8J.jpg

    さて、ケーキつながりでお次はカフェで最近食べたケーキもご紹介しようと思います。こちらのカフェ、内装がとても可愛いので日本から友人が遊びに来てくれたら毎回連れていくカフェなのです。


    nRhN5X2Q.jpg

    店内入ってすぐに大きなヘラジカのはく製がお出迎え。シャンデリアが店内を照らします。


    aM0DqArd.jpg

    手前のお鍋は日替わりのスープが。奥の壁にはアンティークの置時計が4つも。こちらのお店はシャンデリアも机も椅子の1つ1つもそれぞれすべてがバラバラなのですが、全部アンティークのものを置いていてそこが不思議と統一感を出しているとても雰囲気のあるカフェです。


    aUML-cs0.jpg

    この日頂いたものはこちらのベリーがたっぷりのったタルトです。生クリームとバニラクリームは「いる?」と聞かれたので両方お願いしました。タルトの左側がバニラクリームなのですが、スウェーデンではよくスイーツにバニラクリームをつけますね。こちらのカフェには手作りのケーキやタルトが何種類か置いてあるのですが、こちらのベリーのタルトは当たりでとっても美味しく頂きました。こちらの生クリームは、日本のものに比べると味気のない感じです。ブラウニーなど甘さの強いものを食べるときに一緒に食べると、甘さがちょっと中和されるような感じです。


    HOvLiZhz.jpg

    店内は広く、こちらは一番奥の部屋なのですが床も壁も天井も木の造りになっていて、外が雪景色の時などに来るととてもほっこりとする場所のひとつです。こちらテーブルや椅子が全部揃っておらずバラバラなのがわかりますか?どれもとても古いものが使われています。こんな感じで街の中でも珍しく遅くまであいているカフェ、私のお気に入りの場所の1つです。

    日本のスイーツとはまたちょっと趣の違ったこちらのスイーツ。また機会があればご紹介したいと思います。

  • IMG_me8hfm.jpg

    みなさん体調など崩していませんでしょうか?私はというと、5日前に高熱が出て以来文字通り寝たきりになってしまい、まだ熱は平熱まで下がりきっていないのですがようやく通常通り動けるようになってきました!ちなみに熱はというと、私の平熱は低くて35℃ちょっとしかないので36℃後半でさえかなりしんどくなるのですが、なんと今回38.5℃まで上がってしまいました。日本だったらすぐに病院へ行って診てもらって、必要な薬を処方して貰い、それ以上ひどくならない様早く回復できるように努めることができますよね。福祉の国スウェーデンではどうでしょう?

    というわけで、今回はスウェーデンの病院事情を、寒かった日に撮影した写真を交えながらお話したいと思います。ちなみに今は雪はもう完全にとけてしまいました!


    20161212_115930.jpg

    さて、日本だとすぐに病院にかかれるので必要な処置をその日にすぐしてもらえるのですが、スウェーデンだと...?例えば風邪であったりインフルエンザであっても、自分で治す必要があります。4日ほど様子を見て悪くなるようであれば、そこでやっと診療所のドクターに診てもらえるという感じです。例え「熱が39℃あって本当にしんどいので今日診察して薬をください」と診療所へ行ったとしても、「4日ほどみてよくならないようであれば戻って来なさい」と帰されるそうなので、診察代だけが無駄になってしまいます。


    IMG_7hk7fe.jpg

    ある程度の風邪であれば、日本のように「風邪で病院へ行く」という考えはもう無かった私ですが、さすがに平熱が36℃ある人にしたら40℃近い熱が出ていたのでベッドに横になっているだけでもとても辛く、熱がある程度下がるまでに時間を要したので「日本だったらすぐに薬を貰えるのに、病院へすら行けないなんて無駄に高熱を長引かせて苦しんでいる気がする!」と、ちょっと腹を立ててしまいました。こちらではこれが普通なのですが。


    IMG_-icf14c.jpg


    あと日本では総合風邪薬のような風邪の症状にオールマイティに効く心強い薬やビタミン剤などが沢山出ていますよね。こちらでは「風邪薬」のようにこれを飲んでおけばとりあえず大丈夫!というような薬は売っておらず、鎮静剤か解熱剤か、鼻詰まりを解消する薬かのどの痛みに効くスプレーか...と、どれかの症状に絞って飲む形になります。 風邪薬の存在に慣れている日本人からすると、「えっ風邪薬無いの?」ってなりますよね。


    20161212_122056.jpg

    あとはマスクも売っているのを見たことがありません!日本では皆さんよく使用していますよね。こちらにも探せば売っているのでしょうか?でも誰もしていないので、マスクをしたら逆に浮いてしまいそうです。


    インフルエンザや風邪の場合、スウェーデンではこんな感じです。どれだけひどい症状が出ていても、とりあえずは市販の薬で様子を見て自分で治さないといけないので、ちょっとしたことでもすぐにその日のうちにドロップインで病院へ行って診察して貰って必要な薬が手に入る...という日本の環境は本当に素晴らしいものだと思います。スウェーデンでは専門医にたどり着く前に、まずは地元の診療所に予約を入れ診療医に診てもらうところから始めなくてはいけません。ですので、専門的な(例えば皮膚の症状など)症状が出て、すでに自分で必要な薬がわかっていても貰えるのに時間がかかったり、病院の専門医にかかりたいとお願いしても、そこにたどり着くまでに数か月かかる場合もザラです。


    20161215_082249.jpg


    ただ、便利だなと思うところはe処方箋が普及しているので、例えば私は喘息があるので吸入器を1個は持つようにしているのですが、それも日本では毎回病院へ行く必要がありますが、こちらでは一度処方してもらった薬等はネットや電話で申し込めばすぐにe処方箋を処方してもらえ、処方箋の有効期限内であればスウェーデン全土の薬局で必要な薬が手に入るというところです。なのでe処方箋に必要な薬があれば、例えば海外旅行に行く前に空港の薬局で病院でしか処方してもらえない薬を購入して一安心...ということも可能です。

    長くなってしまいましたが、スウェーデンにおける病院事情でした。

  • 20161222_181542.jpg

    こちらの気温は3度前後をウロウロ。日本は寒波が来ているそうですので、本州でも恐らくこちらとそこまで気温が変わらないのではないでしょうか?数年前はこの時期に私の住んでいるストックホルム近郊でもマイナス30度近くまで下がる日もあったのですが、ここ近年はずっとそこまでの寒さは経験していません。


    20161222_181425.jpg

    マイナス30度も近いとどんな感じかといいますと、それ位の気温になったときに丁度自宅のシャワールームを修理することになってしまい、修理に1か月以上かかったのですが(日本だったらきっとすぐ終わる工事です!)その間ずっとうちのマンションから50mほどの建物にあるシャワールームを使用していたのですが、その50mの間、時間にして徒歩で1~2分でしょうか。その間にシャワーを浴びて乾かした後の髪の毛が凍ってしまうほどでした。

    マイナス15度くらいになると、はいた息がそのまま髪にかかって凍るので、顔周りの髪の毛が白くなります!


    さて、写真の説明がまだでしたが、1枚目はクリスマスの真っ白なトムテ。そして2枚目はデザインがとってもお気に入りのスウェーデン人のおうちにならどこにでもあるのではないでしょうか?スウェーデン語で「Doftljus」=アロマキャンドルです。書いてあるテキストと香りは左から森、クリスマス、そして平和です。

    20161222_175303.jpg


    20161222_173851.jpg

    こちらの2枚はカフェチェーン店の最近のメニューと、冬用のお持ち帰り用カップです。赤が基調となりまだまだクリスマスを感じさせますね。メニューの方は甘~いケーキやパイとサンドイッチ。一番左は日本ではなかなか見ないかもしれません。チョコレートカラーですがチーズケーキです。チョコレート&ヘーゼルナッツのチーズケーキです。


    20161222_174008.jpg

    そしてクローズアップしたこちらがフレッシュチーズを使ったキャラメルチーズケーキ。そして右側がブルーベリーのパイです。スイーツのパイはバニラクリームなどと一緒にいただくのがスウェーデンではポピュラーです。


    20161222_174013.jpg

    食事系のメニューはこんな感じにパイやフォカッチャやクロワッサンのサンドイッチが並びます。


    20161222_173859_HDR.jpg

    そしてこちらはクリスマス時期限定のジンジャークッキー風味の生地で作られたマフィンです。ベリーがトッピングされておりこちらもとっても甘くなっています。FIKAでコーヒーを飲みながらスイーツを食べてお喋りする時間が大好きなスウェーデンの人たち。コーヒーはブラックで、とっても甘いスイーツを片手に...という風景がよく見られます。

  • IMG_9362.JPG

    新年も明けまして早月半分が経過しましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?こちらはクリスマスで浮き出しだったムードからゆったりと新年を迎え、現在も街のイルミネーションがクリスマスのままのところを多く見かけますが着実に新しい1年を1日1日と静かに迎えています。


    IMG_9396.JPG

    さて、今回はまだまだクリスマスの前後に撮ってご紹介していない写真が沢山あるので、そちらをお見せしていきたいと思います!こちらの写真はストックホルム旧市街ガムラスタンのお店のショーウィンドウ。スウェーデン人が日常的にもたくさん食べる大好きなGodies(キャンディやチョコレートなど)がモリッと持ってあり、寒い外から眺めた時中の温かい空気が伝わってきました。キャンドルもとても古いタイプで人の温かみが感じられます。


    IMG_9397.JPG

    Godiesのショーウィンドウはこの写真の通り沿いにありました。こちらのすぐ右側にノーベル博物館があり、ブログでもご紹介したガムラスタンのクリスマスマーケットが開催されるStortorgetです。そして、写真の奥に見えている時計と鐘のついている建物が13世紀に建てられた歴史のあるストックホルム大聖堂です。ストックホルム王宮もすぐそこで、クリスマスシーズン問わす1年中沢山の観光客の皆さんでにぎわっている通りの1つになります。


    IMG_9346.JPG

    こちらはこじんまりとしたクリスマスマーケット。私の住んでいる町の野外博物館のものです。小さな広場に沢山の屋台が出て様々なものを売ってるので多くの人が寒い中集まっていました。


    IMG_9347.JPG

    こちらは屋台の裏側にまわった様子です。暖房器具の用意や焚火がないのでお店の人もとっても寒そうです。


    IMG_9337.JPG

    お店の中にはこんなクリスマスならではのものも。Christmas crecheと呼ばれるキリストが誕生した時の様子の手作りのオブジェたち。スウェーデン語では「Jul Krubba」といいます。


    IMG_9322.JPG

    こちらもクリスマスにぴったりのサンタの大きな置物と、こちらも大きな大きなキャンドルホルダーです。こちらのキャンドルホルダーは中に大きなキャンドルを1つでなく、小さなものを2~3個まとめて飾って火をともすことができるのでとても素敵だなと思いました。

    また引き続きクリスマス前後の写真と最近の写真を交えながら更新していきたいと思います。日本では最近寒波でずいぶん南のほうまで雪が降ったと聞きました。どうぞ風邪などひかれませんよう皆さんご自愛くださいね。

  • 2016.12.31

    God fortsättning!

    IMG_9357.JPG

    今年のクリスマスは春のような気候でしたが、引き続き温かい日が続いていますが、クリスマスに続き年末年始もこのような感じですと、なんだかちょっと変な感じです。さて、こちらの年越しは日本のように盛大に祝ったりカウントダウンを皆でしたり...と言う事はあまり無いのでクリスマスシーズンの写真を引き続きご紹介したいと思います!


    IMG_9351.JPG

    こちらはアイススケートリンク。クリスマスシーズンのストックホルム名物です。場所はKungsträdgården。こちらの公園は春になると沢山の桜が満開になりお花見でとても有名なスポットです。この日は雪が降った翌日に冬らしい写真を!とストックホルムまで出かけたので雪が残っており、またとても冷える日でした。上の写真はスケートリンクの氷を専用の車でならしているところです。

    ちなみにスケートリンクは誰でもスケート靴を持っていけばリンクの周りのベンチなどで履き替えてそのまま無料で好きなだけ滑ることが出来ます。


    IMG_9374.JPG

    この時時間は午後3時前。どうやらこの日はスーパームーンだったようで、とっても明るく大きな月が出ていました。こちらはストックホルム宮殿(Kungliga slottet)の正面の広場から海を望んだところです。むかって左奥がストックホルム駅になり、宮殿は前回のブログでご紹介したクリスマスマーケットの行われているガムラスタンの広場からすぐになります。こんな冷える日でも宮殿のガードはジッと何事にも動じず立っています。


    IMG_9379.JPG


    クリスマスマーケットには、スウェーデン人が大好きなGodis(キャンディー)も勿論沢山売っています。こちらは「PARAPLY KUBBA 10SEK」(傘の形の飴 1つ10クローネ)。値段の書かれたハートが可愛いですね。


    IMG_9361.JPG

    こちら最初にご紹介したスケートリンクの前にある売店では、こちらもスウェーデン名物皆が大好きなホットドッグを売っており、列が途切れることなく皆温かいホットドッグを頬張っていました。バンズにソーセージ、お好みでマスタードとケチャップをかけてフレークタイプのオニオンフライをかけて頂きます。子ども達も大好きです。


    IMG_9401.JPG

    こちらはガムラスタンで暖をとるために入ったカフェで食べたKladdkakaです。スウェーデン風ブラウニーで、とても人気があります。温めると中がトロっとして、生クリームやバニラアイスと食べるととっても美味しいです。甘いものが好きな方にはたまらないでしょう。こちらはパウダーシュガーでハートマークが描いてありました。


    さて、スウェーデンは日本より8時間おくれて新年を迎えます。皆さまどうぞ良いお年をお迎えください!
    God fortsättning och Gott Nytt År! 

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.