• 20181011_110016.jpg

    現在スウェーデンは紅葉真っ盛り。自然が多いので、外に一歩でると黄色に赤に、空の青にと、彩度の高いダイナミックな景色が広がっています。


    20181012_131645_HDR.jpg

    先日まで夜0℃程まで気温が下がったりなどして日中も寒かったのですが、昨日からまた夏の終わりがちょっと戻ってきたような、20℃程ある暖かい日が続いています。あと数日でこの暖かさも去ってしまうようですが、夜が長くなってきて冬を感じるようになってきたので、このまま暖かい日が続けばいいなあと思ってしまいます。



    20181011_105929.jpg

    夏場は夜遅くまで明るかったのに、今はもう18時半頃で日が落ちてきます。もう10月中旬ですものね。真冬の到来まであとわずか。暗くなり雪が積もる前に、この暖かさと紅葉と青空を楽しんでおかないといけません。そう思って、毎日用も無い時でも外へ出かけています。



    20181012_131633_HDR.jpg

    鮮やかな黄色に染まった葉と雲一つない青空は、スウェーデン国旗のカラーのよう。



    20181012_131236_HDR.jpg

    森に一歩はいると少し涼しい空気が漂っていますが、まだまだ木々に緑緑しい葉が残っています。



    20181012_131625_HDR.jpg

    赤、黄、緑の葉が茂る気の上で鳥の巣をみつけました。中からは雛の声が聞こえてきます。寒い寒い冬は、どこで越すのでしょうか?

    本格的な冬が来る前に、美しい葉が全て落ちてしまう前に、今年の秋をめいっぱい満喫したいと思います。

  • 20180824_172924_HDR.jpg

    スウェーデンでは、こんなに沢山のどんぐりを見るのは初めて!という位木にどんぐりが生り、そして秋が深まると地面に落ちてきます。それはまるでどんぐりの絨毯のようです。

    小学生のころ、どんぐりの食べ方の手順を見て拾って来たどんぐりを煮てみたものの、どこか間違えたのか食べたらとても渋かった事を思い出します。まさかあの頃、将来こんな遠くの国に住んでいるとは想像もつきませんでした。



    20180825_184153_HDR.jpg

    そして秋といえばこちら。
    手前にリンゴのはいった籠がありますが、何のリンゴだと思いますか?


    20180904_161219_HDR.jpg

    このように、沢山のリンゴが生るリンゴの木を庭に植えている家が沢山あるスウェーデン。秋になるとリンゴは熟して赤くなって地面へ落ちます。それはそれは無数のリンゴが、庭に絨毯のように落ちている景色を見ることが出きます。


    20180904_161210_HDR.jpg

    こちらのお宅は、こんな感じに。

    このように沢山のリンゴが生るのですが、収穫できなかったものは下へ落ちてしまい腐ってしまうので、何軒ものリンゴの木があるお宅の門にビニール袋に入っていたり、籠に入れてあったり、「ご自由にどうぞ」とのメモと共にそのお宅で生った今年のリンゴのおすそ分けが置いてあります。

    実際に持っていく人や、1個だけとって歩きながら食べている人も見かけます。なんだか素敵ですね。

    私も実際歩いていたら、見知らぬ方の家の前で「リンゴいる?」と声をかけられました。今日はいいですと断ると、またいつでもリンゴが欲しくなったら来てねと言って頂きました。



    20180907_150026_HDR.jpg

    そして秋というと...もうすぐハロウィンですね!あと一か月です。スウェーデンではハロウィンはそこまで大きなイベントでは無く普通の日とほぼ同じなのですが、シーズンになると一応こんな感じでカボチャがスーパーに並びます。不思議な形や色のカボチャですね。



    20180907_150018_HDR.jpg

    こんな感じでギッシリと売られています。こちらは恐らく食用でもなく彫る用でもない飾り用でしょう。


    20180825_184953_HDR.jpg

    そして秋といえばキノコ。沢山の野生のキノコが秋になると生えてきます。

    さてさて現在外の気温は4℃。日本からするともう真冬の気温ですね!今は夜なのですが、昼間でも今は15℃あるかないか位でしょうか?ちょっと天気の悪い日が続いています。外が寒いのに、アパートの暖房のセントラルヒーティングがまだ作動しないので家の中がとても寒いです!スウェーデンのアパートについているセントラルヒーティングは、自分でONやOFFが出来ずに部屋の温度が寒くなったら自動でつくはずなのですが...

    早く暖まりますように!




  • 20180705_203355_HDR.jpg

    もうすでに最低気温が一桁台になったスウェーデン。夕方にトレーナーとマフラーで外出したら寒く、もう冬用のジャケットが必要です。秋がすぎるのは、一瞬です。ただ、黄色に赤に、美しい紅葉はまだこれから深まるでしょう。

    今回は夏に遡って、7月に開催された毎年恒例のクラシックカーのフェスティバルの今年の様子をご紹介したいと思います。毎年3日間開催され、1日目と2日目は綺麗で素敵なクラシックカーが街中をクルーズし、3日目と1・2日目夜は見た目もユニークな改造車が沢山登場します。1枚目の写真は改造車とクラシックカーが交じり合ってメインロードをクルーズしている様子。

    今年はお天気に恵まれました!


    36913408_777720925951616_5050491252122845184_n.jpg

    3日間車がクルーズするだけではありません。勿論車のコンテストがメインですが、車の年代に合わせた50年代頃のピンナップガールファッションを身に纏った女性のコンテストもあります!まるでタイムスリップしたかのよう。こちらの3名が今年のミス・サマーミートです。嬉しそうな笑顔が素敵ですね。



    37715999_227970644705055_1550094653934534656_n.jpg

    こちらはミス・サマーミートと一般の参加者カップルです。かっこいいクラシックカーの前でポーズをキメて。ロカビリースタイルもとても車と似合っています。本当に2018年という事を忘れそうなほど。


    20180705_215019_HDR.jpg

    こちら映画でしか見たこと無いようなクラシックカーの数々。コンテストの参加者です。



    20180705_220459_HDR.jpg

    こちらは改造車。みんな窓から乗り出したりボンネットやトランクに座っているので、毎年毎年落ちてけがをしないかヒヤヒヤしてしまいます。日本だったら絶対にNGですよね。一応馬や車に乗った警察もちゃんとパトロールをしてくれています。



    20180705_215342_HDR.jpg

    こちらも後部の車体がかなり低い改造車です。急な坂道などは大丈夫なのでしょうか?!


    20180705_223147_HDR.jpg

    ピンクの可愛いピカピカのクラシックカー。毎年見かけると可愛くて思わず撮ってしまいます。こちらは駐車場に止まっていたところをパシャリ。

    改造車はとても古い車を改造して乗っている人たちも多いので、クルーズ中に故障して皆で車を押している様子なんていうのも、毎年お馴染みです。



    20180705_222049_HDR.jpg

    今ではすっかり19時半には暗くなってしまうようになりましたが、この時はまだ7月。空がとても綺麗だったので撮影しました。この時で夜22時頃です。年に一度のサマーミート、屋台も沢山並び夜遅くまで車のクルーズは続きました。

    また来年も楽しみです!

  • 20180704_165146_HDR.jpg

    今回ご紹介するのは、とってもオシャレなカフェと、カフェと同じフロアにあるインテリアショップ。
    こちらの写真、手前のテーブルの下の部分がドラムのスネアになっていたり、椅子にもスタッズがついていたりとてもロックですね!正面奥にはピアノにマイクにユニークなオブジェに...

    こちらカフェと併設しているインテリアショップです。そしてもちろんここでお茶をしてもOK。


    20180704_165120_HDR.jpg

    店内を見渡すとこんな感じです!フロアのテーブル&椅子も、同じものばかりでなく席によってバラバラ。一見統一感がないようですが、なんとも素敵なバランスでお洒落な空間になっています。こちらの家具、勿論全てが購入可能となっています。



    20180704_165134_HDR.jpg

    こんなオブジェも。棚の上に並ぶ一番左のランプシェード、とてもユニークなデザインですね。シェードの部分がフワフワしていて可愛いです。左奥には洋服も。

    こちら写真には写っていないのですが、この写真で見た左奥側がお店の入り口、そして色々なケーキを置いてあるカフェがあります。スウェーデンのカフェでは結構どこも同じようなケーキの種類しかなく、そして置いてある種類も少ないので、普段見ないようなケーキや置いてある種類が多いとワクワクしてしまいます!写真が無くて申し訳ないのですが、以前来店した時はニューヨークチーズケーキを注文しました。チーズケーキも日本では人気でどこでも置いてあるケーキの1つですが、スウェーデンではそこまで見かけません。



    20180704_165233_HDR.jpg

    こちらはお店の一角のまた別の席。最初の写真と同じ空間に置いてある席ですが、雰囲気がだいぶ違いますね。椅子やソファのデザインもバラバラですが、素敵な空間です。

    こういったシートによって置いてあるテーブルも椅子もオブジェもバラバラ...というカフェはスウェーデンでは多いのですが、全て同じにそろえてあるカフェより気兼ねの無い空間、知り合いの家に遊びに来たような雰囲気がして好きです。





    20180704_170303_HDR.jpg

    そして最後はこちら、最近オープンしたハンバーガーショップをご紹介。オーダーが入ってから作るホームメイドバーガー店です。他の街ではすでに何軒かオープンしておりとても評判が良いようなので、オープンを楽しみに待っていました!

    再生紙のメニューがオシャレです。メニューは単品は無くセットのみ。99クローネ(約1300円弱)のメニューが殆どです。ベジタリアン用バーガー、そしてキッズメニューもあります。サイドメニューとディップソースはメニューの右側に。サイドはモッツァレラスティック、オニオンリング、チリチーズ、バッファローウィング、フライドスイートポテト、野菜のグリルです。

    フライドスイートポテトはこちらのマクドナルドでも食べられる、最近人気のメニューです。



    20180704_170730_HDR.jpg

    そして頼んだセットはこちら!オリジナルのハンバーガー+ベーコンのもの。ポテトの入れ物が可愛いなと思いました!味もとっても良かったです。ハンバーガーはバンズも手づくり、お肉はジューシーで是非リピートしたいと思いました。

    ちなみにスウェーデン語で「セット」は「Meny(メニー)」といいます。スウェーデンへ来てファストフードなどでセットを注文する時はメニーと言ってみてくださいね!

  • 2018.08.30

    移動遊園地

    20180629_194708_HDR.jpg

    もうすっかり秋、リンゴの木の実は真っ赤に色づき、キノコがぐんぐんと生えてきました。朝夜は10℃ちょっと。日が暮れるのも徐々に早くなってきて、冬を遠くに感じる日々です。

    今年の「260年ぶり」と呼ばれた猛暑は本当に暑く、どこの街でも扇風機が売り切れになるほどでした。例に漏れず私のうちでも扇風機を買いに行ったのですが、どこの店も売り切れ。プレゼントとして贈ってもらい届くはずだったエアコンディショナーも売り切れでストックが無いという事で、結局キャンセル扱いとなりました。こんなに暑い夏が来た後の冬は、寒いのでしょうかあたたかいのでしょうか?

    ここ近年温暖な冬が続いているので、久しぶりにスウェーデンらしい雪の深い冬を過ごしたいなあなんて気分です。



    20180629_194628_HDR.jpg

    さて、今回はまだご紹介していなかった今年の夏のフェスティバルの様子を。1枚目は日本にもあるのでしょうか?私はあまり記憶が無いのですが、スウェーデンでは移動遊園地では必ずある人気のアトラクションです。大きな大きなチョコレート。1キロ位でしょうか?好きな番号を選んで、ルーレットを回して当たると1キロの大きな大きなチョコレート菓子を貰えます。

    遊園地やフェスティバルでは、この大きな大きなチョコレート菓子を小脇に抱えている大人や子どもと沢山すれ違います。スウェーデン人はみんなチョコレートが大好きなので、やはり人気なのでしょうね。


    2枚目の写真はあひるのアトラクション。小さな子が乗って待っている両親や祖父母へ元気に手を振っています。


    20180629_194655_HDR.jpg

    こちらは絶叫系アトラクションです。名前がわからないのですが、日本でもありますよね!シートがグルングルンと大きく横回転するもの。こちらは小中学生に人気です。

    移動遊園地は昔からずっとスウェーデン各地をまわっているので、アトラクションのデザインも80年代、90年代を思わせる懐かしい雰囲気のものが多いです。この後も、アトラクションを乗せたトラックが次の街へと向かいます。




    20180629_195006_HDR.jpg

    こちらはメーラレン湖へと続く川。奥に見える川に浮いている丸いボールのようなもの、こちら子どもが入って遊べるアトラクションとなっています。どんな感じなのか私も一度やってみたいです!

    ここまで子どもに人気のアトラクションの写真をご紹介してきましたが、大人はというと... 川の右奥につくられた大きなステージでコンサートが深夜まで続くので、そちらを楽しむ人が多いです。スウェーデンで人気の地元アーティストが何組もやってきます。



    20180629_203236_HDR.jpg

    こちらは大人で賑わっていますね!右のテントでは、マイクを持った人が写っているのわかりますでしょうか?テントの中でもライブが開催されています。食事とアルコールを楽しみながら皆ライブをエンジョイしています。夏は日が長いので、遅くまで外で楽しむことが出きます。冬は出来ない事なので、夏を思いっきり楽しみます。



    20180629_200021_HDR.jpg

    最後にこちらもDJやバンドの公園に設置されたライブスペース。こちらは親子連れが多かったです。子どもたちが長い旗のようなものを音楽に合わせてクルクル回して遊んでいました。大人は大人同士で音楽を聴きながら談笑を。


    夏は様々なフェスティバルや催し事があるスウェーデン、もう9月に入るので各地でのフェスティバルは全て終わったころ。秋になって少しするとそろそろクリスマス用品などが店頭に並ぶようになります。ちょっと寂しいですが、家族で楽しむクリスマスが来るのもまた楽しみの1つです。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.