• 20181022_143035_HDR.jpg

    先日とてもいい天気に恵まれたので外へ出て写真を撮ってきました!フィルター加工など一切無しの、ピュアな青空の色です。冬になると白い雪雲が空を覆うようになるので、今のうちに青い空を満喫しておかなければいけません。

    そして昨日、スウェーデンはサマータイムが終わり、深夜に時計の針を1時間戻したことから今日から日が暮れるのが一気に1時間早くなりました。



    20181022_141625_HDR.jpg

    りんごはまだ赤く実っていますが、殆ど落ちてしまった家が殆どです。カラフルな庭が見れなくなると寂しいです。

    1時間時計の針が巻き戻った事で、もう15時台には夕方になってしまうようになりました。早いですね。
    気温も最高で4℃、最低はマイナス気温と一気に下がったので、気持ちの良い紅葉と、過ごしやすい気候が続いていた日々も終わり、真冬へむけてのスタートが一気に切られたような気がします。



    20181022_143352_HDR.jpg

    こちらはほぼ落ちてしまった庭のリンゴの木のお掃除中のお宅。沢山実りましたね!

    もうこんなに澄んだ青空の日があっても、すぐに日が暮れてしまうので良い天気の日は早々に外へ出て太陽の光を浴びないといけません。太陽が恋しくなる季節もすぐそこです。



    20181022_142627_HDR.jpg

    天気がとても良いですが、気温は10℃も無かったと思います。子どもたちは元気に大きな大きな木の下ではしゃいでいます。雪が降り始めたら、こうやってなかなか身軽に遊べませんからね。



    20181022_143154_HDR.jpg

    こちらはとあるお宅の庭のリンゴの木と、倉庫です。倉庫の上に沢山リンゴが落ちているのですが、わかるでしょうか?スウェーデン中の家の庭のリンゴの木に毎年合計どれだけのリンゴが生っているのかと想像すると、きっと凄い数なんでしょうね!



    20181022_143500_HDR.jpg

    こちらは見つけたハート型の葉っぱ。このような黄緑で鮮やかな葉の数々も、もうすぐ全部散ってしまうのでしょう。寂しいです。



    20181022_144042_HDR.jpg

    10月もハロウィンで終わり、11月もすぐそこ。一足お先にスウェーデンは完全に冬の装いです。

  • 42721274_1392561310874873_59039795066795516_n.jpg

    もうすぐハロウィンですね!日本では近年ハロウィンが大盛り上がりと聞いているので、きっと今頃街はハロウィンのモチーフの飾りやコスチュームを選ぶ人たちでにぎわっている事でしょう。

    スウェーデンでは毎年そこまで大きなイベントでは無いという事を書いているのですが、今年はストックホルムの海辺に位置する遊園地Grönalund(グローナルンド)でハロウィンイベントが始まったようなので、インスタグラムより写真をピックアップしてご紹介したいと思います!

    一番目の写真は、スウェーデンの情報を外へ発信している@visitstockholm のアカウントより。入り口にフォトジェニックなスモークが出る巨大カボチャがお目見えです。



    44358841_179484999603089_4325983156234085766_n.jpg

    こちらは笑顔がとっても素敵な@margauxdietz さんのポストより。お菓子の家のようなエリアで。奥にはカボチャらしきものが沢山並んでいるのが見えますね!本格的に、遊園地内がハロウィンモードです。



    43984506_2404523019576908_1840411113565892734_n.jpg

    こちらのカボチャが沢山並ぶ様子の写真を投稿したのは@alessandrabassi96 さん。奥にはメリーゴーランド。よく見るとポテトや人参なんかもあるので、ここでカボチャをはじめとしたマーケットをやっているのかもしれませんね。



    43118637_542461722865501_3412802590004745358_n.jpg

    こちらは@bassehell さんより。これは大人向けですね!とってもクリーピーです。



    43914252_923246221201822_1392423120230977650_n.jpg

    スカルのGodies(キャンディ)を持っているのは@photobyemmakarin くん。ハロウィン仕様のこんな感じのGodiesはスーパーやお店などでも今沢山手に入ります。大きな袋につめられた、量り売りのハロウィンキャンディも買う事が出来ます。子どもたちは嬉しいでしょうね!ハロウィンがテーマの遊園地で食べるのもとっても楽しいでしょうね。



    43912953_480042935816351_5708578886573389595_n.jpg

    そして最後はこちら@nillahall1 さんの写真。夜8時まで営業しており、最近では18時頃には暗くなるので夜のアトラクションのイルミネーションもとても綺麗です。こちらの写真ですと暗くて良く見えませんが、向こう側は海です!

    冬場はちょっと寒さが厳しいかもしれませんが、年中通してオープンしている大変人気の場所ですので、もしご旅行中に機会があれば行ってみてくださいね。ストックホルムの駅近くより、トラムで行けます!
    夏など気持ちの良い気候の時は、歩いても30分ちょっとでつくので散歩がてらに海辺を歩いて行くと観光にもとても良いと思います。

    Grönalundホームページ
    https://www.gronalund.com/sv/halloween/

  • 20181011_110016.jpg

    現在スウェーデンは紅葉真っ盛り。自然が多いので、外に一歩でると黄色に赤に、空の青にと、彩度の高いダイナミックな景色が広がっています。


    20181012_131645_HDR.jpg

    先日まで夜0℃程まで気温が下がったりなどして日中も寒かったのですが、昨日からまた夏の終わりがちょっと戻ってきたような、20℃程ある暖かい日が続いています。あと数日でこの暖かさも去ってしまうようですが、夜が長くなってきて冬を感じるようになってきたので、このまま暖かい日が続けばいいなあと思ってしまいます。



    20181011_105929.jpg

    夏場は夜遅くまで明るかったのに、今はもう18時半頃で日が落ちてきます。もう10月中旬ですものね。真冬の到来まであとわずか。暗くなり雪が積もる前に、この暖かさと紅葉と青空を楽しんでおかないといけません。そう思って、毎日用も無い時でも外へ出かけています。



    20181012_131633_HDR.jpg

    鮮やかな黄色に染まった葉と雲一つない青空は、スウェーデン国旗のカラーのよう。



    20181012_131236_HDR.jpg

    森に一歩はいると少し涼しい空気が漂っていますが、まだまだ木々に緑緑しい葉が残っています。



    20181012_131625_HDR.jpg

    赤、黄、緑の葉が茂る気の上で鳥の巣をみつけました。中からは雛の声が聞こえてきます。寒い寒い冬は、どこで越すのでしょうか?

    本格的な冬が来る前に、美しい葉が全て落ちてしまう前に、今年の秋をめいっぱい満喫したいと思います。

  • 20180824_172924_HDR.jpg

    スウェーデンでは、こんなに沢山のどんぐりを見るのは初めて!という位木にどんぐりが生り、そして秋が深まると地面に落ちてきます。それはまるでどんぐりの絨毯のようです。

    小学生のころ、どんぐりの食べ方の手順を見て拾って来たどんぐりを煮てみたものの、どこか間違えたのか食べたらとても渋かった事を思い出します。まさかあの頃、将来こんな遠くの国に住んでいるとは想像もつきませんでした。



    20180825_184153_HDR.jpg

    そして秋といえばこちら。
    手前にリンゴのはいった籠がありますが、何のリンゴだと思いますか?


    20180904_161219_HDR.jpg

    このように、沢山のリンゴが生るリンゴの木を庭に植えている家が沢山あるスウェーデン。秋になるとリンゴは熟して赤くなって地面へ落ちます。それはそれは無数のリンゴが、庭に絨毯のように落ちている景色を見ることが出きます。


    20180904_161210_HDR.jpg

    こちらのお宅は、こんな感じに。

    このように沢山のリンゴが生るのですが、収穫できなかったものは下へ落ちてしまい腐ってしまうので、何軒ものリンゴの木があるお宅の門にビニール袋に入っていたり、籠に入れてあったり、「ご自由にどうぞ」とのメモと共にそのお宅で生った今年のリンゴのおすそ分けが置いてあります。

    実際に持っていく人や、1個だけとって歩きながら食べている人も見かけます。なんだか素敵ですね。

    私も実際歩いていたら、見知らぬ方の家の前で「リンゴいる?」と声をかけられました。今日はいいですと断ると、またいつでもリンゴが欲しくなったら来てねと言って頂きました。



    20180907_150026_HDR.jpg

    そして秋というと...もうすぐハロウィンですね!あと一か月です。スウェーデンではハロウィンはそこまで大きなイベントでは無く普通の日とほぼ同じなのですが、シーズンになると一応こんな感じでカボチャがスーパーに並びます。不思議な形や色のカボチャですね。



    20180907_150018_HDR.jpg

    こんな感じでギッシリと売られています。こちらは恐らく食用でもなく彫る用でもない飾り用でしょう。


    20180825_184953_HDR.jpg

    そして秋といえばキノコ。沢山の野生のキノコが秋になると生えてきます。

    さてさて現在外の気温は4℃。日本からするともう真冬の気温ですね!今は夜なのですが、昼間でも今は15℃あるかないか位でしょうか?ちょっと天気の悪い日が続いています。外が寒いのに、アパートの暖房のセントラルヒーティングがまだ作動しないので家の中がとても寒いです!スウェーデンのアパートについているセントラルヒーティングは、自分でONやOFFが出来ずに部屋の温度が寒くなったら自動でつくはずなのですが...

    早く暖まりますように!




  • 20180705_203355_HDR.jpg

    もうすでに最低気温が一桁台になったスウェーデン。夕方にトレーナーとマフラーで外出したら寒く、もう冬用のジャケットが必要です。秋がすぎるのは、一瞬です。ただ、黄色に赤に、美しい紅葉はまだこれから深まるでしょう。

    今回は夏に遡って、7月に開催された毎年恒例のクラシックカーのフェスティバルの今年の様子をご紹介したいと思います。毎年3日間開催され、1日目と2日目は綺麗で素敵なクラシックカーが街中をクルーズし、3日目と1・2日目夜は見た目もユニークな改造車が沢山登場します。1枚目の写真は改造車とクラシックカーが交じり合ってメインロードをクルーズしている様子。

    今年はお天気に恵まれました!


    36913408_777720925951616_5050491252122845184_n.jpg

    3日間車がクルーズするだけではありません。勿論車のコンテストがメインですが、車の年代に合わせた50年代頃のピンナップガールファッションを身に纏った女性のコンテストもあります!まるでタイムスリップしたかのよう。こちらの3名が今年のミス・サマーミートです。嬉しそうな笑顔が素敵ですね。



    37715999_227970644705055_1550094653934534656_n.jpg

    こちらはミス・サマーミートと一般の参加者カップルです。かっこいいクラシックカーの前でポーズをキメて。ロカビリースタイルもとても車と似合っています。本当に2018年という事を忘れそうなほど。


    20180705_215019_HDR.jpg

    こちら映画でしか見たこと無いようなクラシックカーの数々。コンテストの参加者です。



    20180705_220459_HDR.jpg

    こちらは改造車。みんな窓から乗り出したりボンネットやトランクに座っているので、毎年毎年落ちてけがをしないかヒヤヒヤしてしまいます。日本だったら絶対にNGですよね。一応馬や車に乗った警察もちゃんとパトロールをしてくれています。



    20180705_215342_HDR.jpg

    こちらも後部の車体がかなり低い改造車です。急な坂道などは大丈夫なのでしょうか?!


    20180705_223147_HDR.jpg

    ピンクの可愛いピカピカのクラシックカー。毎年見かけると可愛くて思わず撮ってしまいます。こちらは駐車場に止まっていたところをパシャリ。

    改造車はとても古い車を改造して乗っている人たちも多いので、クルーズ中に故障して皆で車を押している様子なんていうのも、毎年お馴染みです。



    20180705_222049_HDR.jpg

    今ではすっかり19時半には暗くなってしまうようになりましたが、この時はまだ7月。空がとても綺麗だったので撮影しました。この時で夜22時頃です。年に一度のサマーミート、屋台も沢山並び夜遅くまで車のクルーズは続きました。

    また来年も楽しみです!

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.