• 20160709_211949.jpg

    8月も下旬にさしかかり、こちらはもうかなり日の長さや肌をかすめて行く風に秋を感じるようになってきました。6~7月は22時をすぎてもまだ明るく、ボートに乗って楽しむ人たちも沢山いたのですが、今ではもう21時半には薄暗くなり、太陽が出ていない時などは秋用のジャケットを着る位になってきました。やはり、毎年夏の終わりはとても寂しく感じます。

    さて、今回も前回に引き続き毎年一度行われる世界規模のクラシックカーのコンテスト。コンテストに出場しない改造車も、自分の車をアピールする為に各地から集まってきます。このコンテストを含めたフェスティバルは3日間開催されるのですが、毎年夕方にはコンテストに参加する車のクルーズ、夜は改造車のクルーズ...と、1日を通してとても盛り上がります。

    沢山の観覧する人たちも集まりますので、上の写真のように道端では無料のコーヒーやクッキーが振る舞われます。



    20160709_210417.jpg

    どんな車が集まって来るかというと...日本人的にビックリするのはこちらでは無いでしょうか?!日本では綺麗に清掃、整備されたピカピカの車が走っているので、日本に訪れた外国人がよく口にするのが「車が全部新車みたい!」ということ。私もこの車を見た時「こんなの走っていいんだ?!」と驚きました。車高もとっても低くとてもユニークです。「この車でどこからやってきたんだろう??」と、どれだけの距離を走行してきたのか気になってしまいます。

    奥の車の前では、クルーズの参加者にバラの花を売る人も。



    20160709_211427.jpg

    こちらは微笑ましい様子。クルーズ参加者の車にちびっ子達がゴミ袋を持って近寄ります。こちら何をしているのかというと、参加者達は沢山ドリンクを車内で飲むので、沢山のあき缶や空き瓶が出ます。スウェーデンでは飲み終わったペットボトルや缶、瓶を回収すると(スーパーにリサイクルできる機械があります。)キャッシュバックがあるので、ちびっこが回収しながらお小遣い稼ぎをしていました。


    20160709_211430.jpg

    ここではどうやら缶にまだ中身が残っていたようなのですが、ちびっこの為に中身を空にしています。



    20160708_200532.jpg

    こちらは車の年代に合わせたロカビリーファッションで揃えた参加者。写真右奥のテントは、今回の一番上の写真の無料のコーヒースタンドです。左奥にチラッと写っているのは簡易ライブ会場で、ここでバンドが生演奏しているので、通って行く参加者も車でノリノリです。


    20160709_211143.jpg

    こちらはすごい煙ですね!小さい子どもが「もう1回!もう1回!」とお願いするので、エンジンをふかして煙を出しているところです。


    20160709_212241_HDR.jpg

    こんな感じで、夕方から夜中まで改造車のクルーズは続きます。皆椅子持参でピクニックをしたりお酒を飲みながら楽しく観覧しています。来年も、どんな車が集まって来るのかとても楽しみです。

  • 20160708_173853.jpg

    毎年私の住んでいる街で行われている、世界でも最も大きなクラシックカーのフェスティバルの1つであるイベントが今年も開催されました。去年はアメリカ、メキシコ、ロシア、オーストラリア、日本をはじめ、46か国から2万台もの車がこの街に集まった事からその規模が伺えるかと思います。中でもコンテストのメインは50年代、60年代のもの。


    20160708_174014.jpg

    3日間行われるこのイベントも、今年は連日快晴に恵まれて、参加者も見物客も楽しい3日間を過ごすことが出来ました。


    20160708_173701.jpg

    39回目に当たる今年は、なんと24,000台もの車が世界中より集まったそうです。参加番号を掲げ、コンテストに参加する個性的な車の数々が街のメインロードをクルーズしていきます。


    20160708_173025.jpg

    参加する車の数も去ることながら、観客の数もとても多いです。皆ピクニックシートや食べ物・飲み物を持参して、道路の両脇にずらっと並び美しい車が行きかうのを眺めています。


    20160708_172923.jpg

    この日は本当に良いお天気に恵まれました。去年、一昨年とこのイベントで2日程雨が降ったと記憶しているので、開放的な真夏の気候の中盛り上がることが出来とても嬉しかったです。


    20160708_180716.jpg

    このイベントはお洒落なクラシックカーが集まるせいか、参加者も観客もお洒落をしてくる人も多いので、そこも楽しいところの1つです。参加者は毎年目立つのがロカビリーファッションの人たち。ロカビリー音楽を流し、ファッションもきめてクラシックカーに乗って街をクルーズする。そこだけ切り取ったら、まるで映画から飛び出してきたかのようです。

    上の写真ではキャンディーの屋台の前でお母さんと女の子がお揃いのファッション(髪型まで!)をしていたので、可愛くて思わずパチリ。ブラックのコンバースまでお揃いです。

    綺麗なクラシックカーがメインのコンテストですが、このイベントの楽しいところはそこだけではありません。コンテストには参加しない、思い思いにデコレーションしたり改造した車も各地から集まってきています。コンテストに参加する車のクルーズが終わった後は、改造車のクルーズ。次回はまたそちらの写真をご紹介したいと思います。



  • 20160721_175022.jpg

    こちらはメーラレン湖。スウェーデンに存在する湖の数は何と9万5千以上。その中でも3番目に大きなのがこのメーラレン湖です。1,140平方キロメートルあり、ストックホルムからずーっと広がっています。写真の正面に見えるのがそうなのですが、この湖、平日の夕方にこんなに人が沢山いるのを初めて見ました!


    20160721_175038.jpg

    雨の日が続き気温も涼しくなり、夏ももう終わりかな...?と思っていたところ、ここのところずっと炎天下の夏日です。電化製品店でもズラっと扇風機が並んでいます。そんな中、皆水着に着替え、湖のビーチへとやってきて夏を思いっきり満喫しています。


    20160721_175102.jpg

    こちらのビーチでは、なんとwi-fiがとんでいるのでネットに繋ぐことが出来るんです。浜辺で泳ぐ人たち、また自家用ボートで沖の方へ出かける人達、ジェットスキーを楽しむ人たち、釣りをする人たちなど様々です。勿論、バーベキューをしている家族も。


    20160721_174934.jpg

    こちらではビーチバレー。


    20160721_175813.jpg

    こちらは水上スキーで、ロープを持ってジャンプ台の上でジャンプしたり回転したり出来るアクティビティ。ジャンプが成功すると、まわりからワッと歓声が上がります。


    20160721_174405_HDR.jpg

    湖の正面にはプールもあります!中央に見えているのは、大きな滑り台を滑る人たち。下では日光浴やプールを楽しむ家族連れも沢山。皆がそれぞれ夏を楽しんでいます。


    20160721_175119.jpg

    写真ですとまだまだ日が高そうですが、こちらは夕方5時~6時頃です。まだ白夜で日が長いので、22時を過ぎてもボートで遊んでいる家族等も見かけます。暑い日が続くスウェーデン、今年は例年よりちょっと長い夏が楽しめそうです。

  • 20160624_180105.jpg

    今年は夏らしい良いお天気が続いている、こちらスウェーデン。といっても、スウェーデンの夏は急に雨が降ったりすることも多いので突然の雷雨に先日などアラレが降ったりしたのですが、それでも毎日美しい青空を見ることが出来る天候に、感謝感謝です。冬が長いスウェーデンでは、皆夏は思いっきり楽しむので、1週間~2週間のバケーションに出かけている人も少なくありません。私も先日、海がとてもきれいなクロアチアまで旅行してきました。日本はまだ梅雨でしょうか...?北欧では今一足お先に夏本番です。


    20160624_120940.jpg

    さて、今回はミッドサマーの時を含めた食事をご紹介したいと思います。といっても、スウェーデン人は結構「いつもの安定料理」を好むので、特に冒険した料理など無く定番ばかりですが...

    夏といえばバーベキューです!1枚目はとうもろこしとチョリソーをグリルしたもの。どこの家庭やアパートメントでもグリルマシーンを用意しているところが殆どですので、この季節にはあちらこちらからグリルの香りが漂ってきます。こちらの2枚目は、定番ゆで卵に小エビを乗せたオードブル。上の黒っぽいものはキャビアです。


    20160624_120945.jpg

    こちらは定番は大定番の、スウェーデン風ミートボール。みんな大好きです。ソースやベリーのジャムと一緒に食べるととても美味しいです。奥に見える瓶は、ニシンの酢漬けとマスタード漬け。こちらも定番の一品です。


    20160624_174459.jpg


    こちらは1枚目のとうもろこしと、お肉を家庭用グリルマシーンで焼いているところです。良く焼けて美味しそうです!


    20160624_175717.jpg

    こちらはポテトとドライトマトのミモザサラダ。ポテト、ミニトマト、バジルの葉、ドライトマトに豆等をサワークリームとスパイスであえたものになります。さっぱりしていて、とても美味しので、夏に外で食べるのにもピッタリです。


    20160624_175707.jpg

    こちらも定番、スモークサーモンと、グリルサーモン。こちらでは本当によくサーモンを食べますし、ジューシーで本当に美味しいです。


    20160624_194126.jpg

    そしてこちらはちょっとアップすぎてわかりづらいですが、バニラアイス&メレンゲ&チョコレートにイチゴ+フレッシュミントの葉をデザートで。まぜるだけでとても簡単なのですが、メレンゲがサクサクしてとても美味しかったです。スウェーデンでは夏と言えばイチゴなので、お店や街中のストロベリースタンド(イチゴを売っている出店)でイチゴを買って、アイスやヨーグルトと一緒に沢山食べます。


    夏至はもうすぎてしまいましたがまだまだ日が長いので、今日も夜に湖まで散歩しに行ったのですが、22時をすぎてもジェットスキーやボートを楽しむ人たちが見られました。22~23時位で夕方のようになるで、青とピンクに染まった空がとても美しい夜でした。

  • 20160623_220516_HDR.jpg

    先週末はMidsommar(夏至祭・ミッドサマー)。金曜日がミッドサマーイブ、土曜日がミッドサマー当日と、一年で一番日が長くなると同時に、それを心から皆で喜び祝う日です。各地からそれぞれが、家族と集まるために電車やバス、飛行機や車に乗って駆けつけます。日本でいうお正月やお盆のようなものでしょうか。上の写真は深夜2時半。白夜です。


    IMG_-s5c0t3.jpg

    こちらは湖より午後22時半に撮影しました。動物のような形の雲が浮かんでいます。丁度夕方のような感じで太陽が沈みかけるのですが、これがこのまま続き、太陽が沈み切らないまままた日が昇ってきます。この辺りには魚も沢山いるので、沢山のカモメが鳴いていました。


    IMG_-9n9oiw.jpg

    こちらの写真も夜21時頃。まだまだ、明るいです。ミッドサマーには毎年私のパートナーの家族と過ごすため、スウェーデン中北部の街まで行くのですが、最近パートナーのお母さんが湖のほとりの小さな集落に引っ越したので、大きなパーティーに出かけることもなく、お店もまわりに無い環境で皆でまったり、ゆっくりと過ごしました。ちょっと歩けば、近所の人が飼っている馬たちにも会えます。


    IMG_cu72b9.jpg

    ニンジンなどを持って来て、自由にあげる事が出来ます。手の上にニンジンをのせると、上手に食べてくれます。日本ですと滅多にないことですが、スウェーデンでは馬のいる暮らしはとても身近です。ここの街では馬に乗っている人にすれ違う事も少なくありません。また、スウェーデンをバスや電車で走っていると、よく馬がいるのを見ることが出来ます。


    IMG_-xkkjk5.jpg

    さて、タイトルにもあるとおり、今年のミッドサマーは本当に久しぶりに夏日の良いお天気に終日恵まれました!ミッドサマーといえば雨が降るなんてジンクスもある位、ここ数年雨が降ったり、晴れてもとても夏と思えない程寒かったり...で残念な日が多かったのですが、今年はミッドサマー含め前後4日、バッチリ快晴と夏日の気候に恵まれました!

    川や湖で泳ぐ人や、家のプールで遊ぶ人たちも沢山みられました。


    IMG_sdtttj.jpg

    気温は20℃ちょっと位でも、太陽が近いせいか体感温度は30℃近い感じです。ただカラッとしているので、暑い日でもそんなに汗をかかずに過ごしやすいです。また、ミッドサマーで滞在したこの小さな集落での写真、紹介していきたいと思います。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.