• 20160827_132701.jpg

    こちらスウェーデンは朝晩とだいぶ冷え込むようになったので、最近風邪をひいている人も少なくありません。朝晩と6℃位まで下がるようになり、日もだいぶ短くなってきました。日本も季節の変わり目で風邪をひいている方、多くありませんか?季節の変わり目は気を付けないといけないですね。


    20160827_132622.jpg

    さて、写真はストックホルムは旧市街ガムラスタンなのですが、先にちょっと風邪の話を出したので良い天気の日のガムラスタンの写真を紹介しながら、スウェーデンの「風邪」事情についてお話したいと思います。


    20160827_132802.jpg

    風邪の時に食べるとよいとされているもの。これは各国で様々なので、とても面白いですよね。アメリカではチキンスープだったり、日本だとおかゆだったり。スウェーデンではどうでしょう...?

    私は以前風邪をひいた時、パートナーのお母さんに「温かいブルーペリースープやローズマリースープが良いわよ」と言われたことがあります。ビタミンが入っていてとっても体に良さそうなのですが、日本人の私には「温かいブルーベリー」しかも「スープ」がちょっとハードル高く感じてしまい、まだ試すに至っていません(笑)


    20160827_133110_HDR.jpg

    そして先ほど気になり、スウェーデン人は皆風邪をひいたら何を食べるんだろう?と検索してみたのですが、「風邪をひいたんだけど、元気になる為に食べると良いものは?」というトピックに皆が回答している掲示板を見つけたので、読んでみました。一番多かった食べ物、何だと思いますか?


    20160827_132950.jpg

    正解は「アイスクリーム」です!熱が出ていたり食欲が無かったり、喉が痛くても楽に食べられてエネルギーがとれるからとのこと。グリコーゲンがとれるので、メレンゲやシロップをかけて食べる人、またウィスキーと一緒に食べる人様々のようです。次点でやはり「スープ」も多かったです。

    日本のおかゆのように、スウェーデンでクリスマスに食べるミルク粥など挙がるんじゃないかな?と予想していたので、アイスクリーム一択の回答にビックリしました!



    20160827_134745.jpg

    以上、スウェーデン人が風邪をひいた時に食べるもの事情でした!

    最後の写真は、前回に続きまたまたポケモンGOをする子ども達の様子です。
    皆さん、季節の変わり目どうぞお身体ご自愛下さいね。

  • IMG_-k3tyzr.jpg

    9月だというのに、またちょっと夏のような気温の日が戻って来たスウェーデン。温かい日差しをとても嬉しく感じますが、肌にあたる風はちょっと冷たく、そして日照時間もなんと1日ごとに約20分(!)短くなっています。さて、こちら写真はストックホルム。セントラルから地下鉄ですと4~5駅程はなれたところです。夏のスウェーデンといえば、ボートを楽しむ人たちが多く見られるのですが、9月になってもまだボートの姿、良く見かけます。


    IMG_j75cgy.jpg

    沢山のボートが並ぶ中、こちらでは風船を飾り付けている人たちが。この近くに保育園があったので、保育園のパーティーか何かでしょうか?


    IMG_-6og7se.jpg

    またちょっと離れたエリアでは、こちらも海沿いにセカンドハンドのお店がずらっと並びます。アンティークなものから最近のものまで、珍しいものから「これまだ使えるの?」といったものまで何でもあるので、見ていてとても楽しいです。ロケーションも最高ですね。


    IMG_3shmuo.jpg

    こちらではカラフルなフードトラックがずらっと並びます。こちらに足を運んだのがお昼前の10時頃だったので、丁度オープン準備をしているところでした。


    IMG_-g01owf.jpg

    こちらはハンバーガーのトラック。まだ準備中ですが、トラックの見た目が可愛くて、ワクワクします。


    IMG_ci5mk5.jpg

    こちらはクレープ料理のトラック。写真を撮っていたら、丁度お姉さんが中から出てきました。隣の茶色いトラックは、おいしいコーヒーのお店です。


    IMG_-y9ps2w.jpg

    さてこちらの少年たち。何をしているかというと、ポケモンGOです!ポケモンGO、日本より一足お先にスウェーデンで公開されたのですが、それ以来日本と同じように多くの人たちがスマホを片手に遊んでいる姿を見かけます。


    この日は夏に戻ったような気候と良いお天気、そして海風がとても気持ちの良い一日でした。写真で伝わっているといいのですが!

  • IMG_-u48qu6.jpg

    前回スウェーデンのホテルの朝食についてご紹介したのですが、今回は先日とってもユニークなホテルに滞在したのでそちらをご紹介したいと思います。上の写真、個室へと続くドアなのですがちょっと普通のホテルとは変わっていますよね。こちら、19世紀に実際に刑務所として使われていた建物を改装し、今はホテルとして使用されているんです。


    IMG_-5l44bb.jpg

    元刑務所といっても、とてもお洒落に改装されているのでかなり快適な空間になっています! 3階まであるのですが、こちらは吹き抜けの廊下です。左右にそれぞれ3階まで個室が並んでいます。刑務所だったころは、ここに囚人が収容されていました。今では一番最初の写真の可愛らしいターコイズカラーのドアが並んでおり、また窓がとても大きく自然光で明るいのでとても気持ちのいい空間です



    IMG_rara78.jpg

    こちら個室の中の2段ベッドの上からの様子。天井までかなり高さがあり、窓からは太陽の日差しが沢山入ってきます。個室内にはちゃんとTV,シャワールーム、トイレがついており、どこも清潔に整えられています。一泊しましたが、とっても過ごしやすく居心地のいいホテルでした。建物がユニークで綺麗ということも勿論あるのですが、なんとここ、歩いてすぐの所にプライベートビーチがあるんです。


    IMG_r3zrk6.jpg

    IMG_-54zat9.jpg

    夏場は沢山の宿泊客がこちらで泳いだりピクニックをしたりしています。ここは昔刑務所だったので、ロケーションは小さい島にあります。島といってもかなり都心で、ストックホルムの駅周辺や、観光スポットして有名なノーベル賞の晩餐会が開かれる市庁舎も見渡すことが出来ます。旧市街も海を挟んでみることが出来ますし、徒歩での移動も可能です。

    海ではカヤックを楽しむ人たちが多かったです。こういったビーチ以外にも、他には大きな自然公園があるので、刑務所の面影を残すホテルにのんびり泊まって、辺りを散歩をするだけでも楽しめるのでお勧めです。


    IMG_m9eaw.jpg

    ホテルロビーには、こんな囚人風なTシャツも売っています。Tシャツにかいてある「Långholmen」というのがこの刑務所ホテルのある島の名前。ホテルの名前も、Långholmen Hotelです。 ちなみに部屋の中には、当時の囚人の1日のスケジュールや当時収容されていた人たちのインフォメーションがのった紙等がはられていたり、全身鏡がギロチン風だったりと、現在はとても綺麗にされていますが「本当にここは昔刑務所だったんだなあ」と肌で感じられる場所になっています。


    IMG_-8zu0q.jpg

    ホテルの中には博物館もあります。この中にきっと当時の品等色々と展示されていると思うのですが、時間が合わずに残念ながら中を見ることはできませんでした。 ストックホルムにお越しの際は、北欧スタイルのホテルもいいですがこんなちょっとユニークなホテルも是非楽しんでみて下さい。

  • IMG_-as7in1.jpg

    先日ちょっと気分転換に、バスで1時間半ほどのところにあるウプサラという街へ1泊してきました。このブログでも何度かご紹介している、素敵な大聖堂のある街です。そこまで遠くないですし、特別に用事があるわけでも無く1泊する必要は全く無かったのですが、目当てはちょっとした気分転換と「ホテルの朝食ビュッフェ」です!ホテルに泊まった時の朝食、ワクワクしますよね。


    というわけで、今回宿泊したウプサラの駅真正面にある新しいラディソンブルというホテルの朝食をご紹介します!


    IMG_-tn4bv8.jpg

    まずこちらはチーズ。スウェーデンは乳製品が豊富ですし、とてもよくチーズを食べます。パンと一緒に、ハードブレッドと一緒に。奥には野菜が並び、チーズの種類はブリーチーズ、ヤギのチーズ、カッテージチーズにカマンベールチーズ等がありました。お好きなパンと一緒に、サンドイッチでどうぞ。


    20160806_080512.jpg

    パンはこんな感じです。白パンやライ麦パン等が並び、左上に見えている薄いものがハードブレッド(クネッケブレッド)です。真ん中には大きなバターが。スウェーデンのバター、とっても美味しいんです。


    20160806_080531.jpg

    こちらはパンにお好みのジャムを。左からアプリコットマーマレード、奥の赤いバケツ(!)がイチゴのマーマレード、手前がオレンジマーマレードでその奥がラズベリーマーマレードです。左上の籠の中には、小さな一口サイズのマフィンが。


    20160806_080638.jpg

    トマトジュースのデカンタの横にはまるっとトマトにレモン、ライムが並びとっても鮮やかで目も覚めそうです!輪切り等ではなく、丸っと置いてあるのはなかなか見ないですよね。スパイスにタバスコや胡椒等お好みで。



    IMG_-o8gcbb.jpg

    スウェーデンでは是非是非味わってみてほしいサーモンです。こちらはスモークサーモンですが、厚みもあって食べごたえがあります!臭みは全くなくジューシーでとっても美味しいです。そしてローストハムやサラミ等が。


    20160806_081056.jpg

    温かいお料理(ソーセージ、スクランブルエッグ、ブラウンマッシュルーム、ベーコン)とスモークサーモンを乗せたお皿がこちらです。他のお料理と比較すると、サーモンがどれだけしっかりと厚みがあるサイズかお分かりいただけるでしょうか?


    IMG_-ls4dj0.jpg

    こちらはシリアルコーナーです。手前のものはカボチャの種やドライフルーツ、レーズンなどのトッピング。フルーツカクテル、そして奥にはミルクやヨーグルトがズラッと並びます。スウェーデンのホテルの朝食でシリアルは必ず置いてあるのですが、特徴としてラクトスフリーや豆乳、またベリーの味など、お客さんの好みに合うよう何種類ものヨーグルトが置いてあることです。


    20160806_082607.jpg

    シリアルコーナーの袋の中身を上から見てみましょう。左側に並んでいるのがシリアルですね。あとはアーモンドやプラム等、先ほどご紹介したトッピングが並びます。これだけ種類があれば、朝から1日に必要な栄養がたっぷりと取れますね!


    写真をご覧頂いておわかり頂ける通り、お料理や食材のディスプレイもとても凝っていてお洒落です。小さなバケツや紙袋(タグまでついています!)、木製やガラスや陶器のお皿まで。食材のクオリティもなのですが、こちらの朝食ビュッフェは目でみてもとても美味しいです。日本でも、お客さまをお招きしてのちょっとしたパーティー等のテーブルセッティングに使えそうですね。

  • 20160709_211949.jpg

    8月も下旬にさしかかり、こちらはもうかなり日の長さや肌をかすめて行く風に秋を感じるようになってきました。6~7月は22時をすぎてもまだ明るく、ボートに乗って楽しむ人たちも沢山いたのですが、今ではもう21時半には薄暗くなり、太陽が出ていない時などは秋用のジャケットを着る位になってきました。やはり、毎年夏の終わりはとても寂しく感じます。

    さて、今回も前回に引き続き毎年一度行われる世界規模のクラシックカーのコンテスト。コンテストに出場しない改造車も、自分の車をアピールする為に各地から集まってきます。このコンテストを含めたフェスティバルは3日間開催されるのですが、毎年夕方にはコンテストに参加する車のクルーズ、夜は改造車のクルーズ...と、1日を通してとても盛り上がります。

    沢山の観覧する人たちも集まりますので、上の写真のように道端では無料のコーヒーやクッキーが振る舞われます。



    20160709_210417.jpg

    どんな車が集まって来るかというと...日本人的にビックリするのはこちらでは無いでしょうか?!日本では綺麗に清掃、整備されたピカピカの車が走っているので、日本に訪れた外国人がよく口にするのが「車が全部新車みたい!」ということ。私もこの車を見た時「こんなの走っていいんだ?!」と驚きました。車高もとっても低くとてもユニークです。「この車でどこからやってきたんだろう??」と、どれだけの距離を走行してきたのか気になってしまいます。

    奥の車の前では、クルーズの参加者にバラの花を売る人も。



    20160709_211427.jpg

    こちらは微笑ましい様子。クルーズ参加者の車にちびっ子達がゴミ袋を持って近寄ります。こちら何をしているのかというと、参加者達は沢山ドリンクを車内で飲むので、沢山のあき缶や空き瓶が出ます。スウェーデンでは飲み終わったペットボトルや缶、瓶を回収すると(スーパーにリサイクルできる機械があります。)キャッシュバックがあるので、ちびっこが回収しながらお小遣い稼ぎをしていました。


    20160709_211430.jpg

    ここではどうやら缶にまだ中身が残っていたようなのですが、ちびっこの為に中身を空にしています。



    20160708_200532.jpg

    こちらは車の年代に合わせたロカビリーファッションで揃えた参加者。写真右奥のテントは、今回の一番上の写真の無料のコーヒースタンドです。左奥にチラッと写っているのは簡易ライブ会場で、ここでバンドが生演奏しているので、通って行く参加者も車でノリノリです。


    20160709_211143.jpg

    こちらはすごい煙ですね!小さい子どもが「もう1回!もう1回!」とお願いするので、エンジンをふかして煙を出しているところです。


    20160709_212241_HDR.jpg

    こんな感じで、夕方から夜中まで改造車のクルーズは続きます。皆椅子持参でピクニックをしたりお酒を飲みながら楽しく観覧しています。来年も、どんな車が集まって来るのかとても楽しみです。

前の5件 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.