news

12月6日は「フィンランド独立記念日」

Blog

2019.11.11

11月というのに昼間は汗ばむほどの浜松ですが、さすがに朝晩はぐっと
冷え込む日が増えてきました。日本よりも一足先に冬モードに入った
フィンランドでは12月に「独立記念日」という大イベントが控えています。

fi0222.jpg
フィンランドはスウェーデンやロシアの影響力を強く受け、1917年の
12月6日にやっと独立することができた100年足らずの若い国です。
そのような経緯があるため独立記念日は国家国民をあげてお祝いする
大イベントだそうで商業施設なども一斉休業します。

この日はフィンランド国旗を掲げ、窓辺に国旗と同じ青白のツートン
カラーのキャンドルを飾るのだとか。さすがはキャンドル消費大国は
オシャレ... というわけではなく、このキャンドルは独立賛成派の
シンボルで、これがある家は独立賛成派の活動家や兵士を匿ったり
食事を振る舞うなどの後押しをしていた歴史の名残だそうです。
平和的で穏やかなイメージのフィンランドにもこんな歴史があるんですね。



44545245.jpg

冬の訪れとともに9sense diningでは、手打ちタリオリーニ(パスタ)が
愉しめる季節の創作プレート「冬の煌」が11月下旬からスタートします。
パイリングにワインで蒸し上げた4種類のシーフードを盛込んだ香ばしさ
薫るサクサク食感のパイリングです。ご期待ください!