• IMG_20200101_152037.jpg

    スウェーデン、1月に入ってもまだまだクリスマスのデコレ―ションを残したところが多く、日本のように新年の特別な飾り物やイベントなど無いので、日本に比べて「ハッピーニューイヤー!」という気持ちを新たにするようなムードは感じません。

    そんな落ち着いた日々がすぎていく1月、今年の元旦の夕焼けが大変美しいものでしたので写真をご紹介していきたいと思います。




    IMG_20200101_152245-EFFECTS.jpg

    今年の冬は更に温暖で、殆ど雪が降っておらず気温も10度近くになる日も。これは春頃の気候といってもいいほど。あいにくの曇り空と、小雨が降る日も多かったので家にいることが多かったのですが、元旦の日は「せっかくだから街の大聖堂へ行ってみよう!」と思い、外へ出たのでした。

    家を出て大聖堂へ到着するまでは、「また悪い天気の時に外に出てきてしまったな」などと思う位厚い曇に空は覆われていたのですが、大聖堂へ入って祭壇へ行ってみると...




    IMG_20200101_151623.jpg

    こちら祭壇。右手前にはまだクリスマスツリーが飾ってあります。
    奥にある窓に注目していただきたいのですが、紫色をしていますよね。こちらはステンドグラスではなく、そのまま外の空の色。1枚目からすでに鮮やかな空の写真をすでにお見せしていますが、この時私は初めて厚い雲が晴れて夕焼け空になっている事に気が付きました!


    曇りの日が続いていたので、こんなに鮮やかな夕焼けの空を目にするのは本当に久しぶりだったんです。



    IMG_20200101_152046.jpg

    こちらは大聖堂の外へ出た時の空。祭壇のところから見た窓の色と同じ空の色が広がっていました。
    スウェーデンの夕焼け空は、日本のようにオレンジ~青でなく、ピンク~紫であるのが特徴です。どうやら、その差は空気中の湿気だとか。




    IMG_20200101_152233.jpg

    こちらは街の大広場。こちらにも、まだまだ大きなクリスマスツリーが。高い建物が無いので、鮮やかな夕焼け空を180度見渡すことが出来ます。




    IMG_20200101_151939.jpg

    大聖堂へ出かける前の曇り空から、よく突然ここまで良いお天気になったなと思いました。日の出、日の入もクリスマスの頃には日照時間が6時間をきっていたのですが、今はほんの少しだけ長くなり、私の住んでいるストックホルム近郊で今日で日の出が8時42分、日の入が15時21分となりました。日照時間はまだまだ短いですが、日に日に数分ごとに確実に長くなっているので日が長くなる時期を待ち遠しく思います。



    2020年元旦の、素敵なサンセットの写真をお送りしました。

  • IMG_20191222_175215.jpg

    もう年の瀬。日本は年末年始、年越しとお正月を迎えるにあたり街はそれとなく浮足立っているのではないでしょうか?こちらスウェーデンは、毎年の事ながら、一大イベントのクリスマスを終えた後という事でのんびりとした雰囲気が漂います。

    街はクリスマスのイルミネーションを残して。クリスマスのイルミネーションはだいたい春を迎える頃まで続き、長い冬の夜を明るくしてくれます。




    IMG_20191222_175239.jpg

    こちらはお花で出来た大きなハートマーク。花屋さんの前に飾られていました。

    写真をご覧頂いて分かる通り、雪が全くありません!昔はこのシーズンはかなり雪が積もり、辺り一面白銀の世界...というのが普通だったのですが、こちらのブログでも何度も書いているように温暖化で年々雪が降らなくなってきました。一時期積もった雪も、すぐにとけてしまい、今は曇りや雨の日々が続いています。クリスマスの日にも雨が降りました。




    IMG_20191220_151039.jpg

    こちらは一軒家のお宅。スウェーデン冬の風物詩ともいえる星形のランプとキャンドル型のアドベントライトが窓辺を照らしています。庭の木にもイルミネーションが。やっぱりこの時期に雪が無いと、ちょっと寂しいですね。




    IMG_20191214_145708.jpg

    こちらはクリスマス前の一枚。クリスマスには、Julbordと言う伝統的なクリスマスディナーを頂きます。クリスマスハムだったりニシンの酢漬けだったり、エビのカクテルだったり。 

    12月には、多くのホテルやレストランがJulbordの予約を受け付けており多くの人が舌鼓をうちに来ます。こちらはとあるレストラン。キャンドルを持った木彫りのトムテの向こう側に、鮮やかなクリスマスカラーのテーブルカバーを敷いたJulbordのテーブルが。こんな風に、人々はJulbordのテーブルを親しい人たちと囲みます。




    IMG_20191208_151357.jpg

    こちらのお店でもJulbordがいただけます。皆さんも良く知るお店なんですが...どこだと思いますか?




    IMG_20191208_151437.jpg

    こちら皆さんご存知のイケアです!イケア店内にあるレストランではスウェーデン料理を食べることが出来ますが、クリスマスシーズンになると「通常の食事エリア」と「Julbordテーブル」に分かれており、こちらはビュッフェ形式のJulbordのお料理が置いてあるテーブル。オーソドックスな伝統的なクリスマス料理が安価で頂けます。この日も、通常の食事エリアよりもJulbordの方が賑わっていました。日本のイケアにはJulbordはあるでしょうか?



    皆様、どうぞよいお年をお迎えください。

  • 2019.12.25

    God Jul!

    IMG_20191222_174600.jpg

    今日は12月25日。皆さんどんなクリスマスをお過ごしでしょうか?スウェーデンでは24日にクリスマスのお祝いやクリスマスディナーをするので、メインは24日。25日はお店もだいたい休みになり、静かに家族で過ごします。

    写真はこちら、とてもスウェーデンらしい可愛いクリスマスのデコレーション。こちらはウィンドウのディスプレイなのですが、ここはショップではなく銀行なんです。銀行やオフィスでも、このようにクリスマスのデコレーションをしてお客さんを迎えます。




    IMG_20191224_102147.jpg

    さて、クリスマスイブの24日。近くのこじんまりとした教会で子ども達へむけた行事が毎年行われているのでちょっとだけ行ってきました。こちらは1960年代に建てられた、新しめの教会。教会内の装飾もシンプルめでアットホームな雰囲気。普段はお茶会なども行われる場所。


    正面には白い服を纏った子ども達が。席には家族連れの人たちが。



    IMG_20191224_102044.jpg

    子ども達は、キリスト降誕の様子を歌を歌ったり、劇をしながら学びます。背中に羽根を付けている天使役の子達が沢山いますね。



    IMG_20191224_102023.jpg

    子ども達の右奥に写っている青い布と、星が見えているのがキリストが生まれた小屋の再現です。




    IMG_20191224_102131.jpg

    他にも教会内にはこのように子ども達が座ったり書いたり、学びながら遊べる場所が用意されていました。





    2019-12-24-10-55-31-403.jpg

    教会に入ると歌の本が渡され、教会の前の方には番号が掲げてあります。番号はその日の行事で歌われる曲の番号。
    アナウンスで「39番」と言われると、このように39番の曲を開いてみんなで斉唱します。




    IMG_20191224_101758.jpg

    こちらがその本の中表紙。「Psalm」というのは旧約聖書の讃美歌が収録された本の事です。




    今日25日は先にも書きました通り皆ゆっくりと家で休む日ですので、辺りはとても静かです。年々の温暖化で今年も雪が無いクリスマスとなりました。雪が無い上に、昨日は雨も降っていました。10年ほど前には、このシーズンは結構深い雪が積もっていたものですが、随分と変わってしまったようです。



    残り少ない2019年、日本は年末年始お正月を迎えるのに気分も高まるシーズンだと思いますが、スウェーデンではクリスマスも終わり通常の日々に戻るといった感じで静かに新年を迎えて行きます。

  • IMG_20191210_145906.jpg

    いよいよ12月も半ば。こちらは雪が降り積もっては雨が降り雪が解け、道路がビショビショになってはまた雪が降る...というなんとも雪と雨、どっちつかずな日々が続いています。こちらの写真は一番最近雪が積もった数日前。この日は本当に沢山積もり、凜とした空気でこれが続くのかなと思ったのですが、翌日には雨が降って全て解けてしまいました。


    暗くて天気の悪い日が続いていますので、やはり雪があると一面がパッと明るくなるなぁと実感です。今日も天気は、雨。雪が降るとサッと雲が去り太陽と青空が覗くので、早くまた雪が積もらないかななんて思っています。




    IMG_20191210_152348.jpg

    今では日照時間が6時間程となりました。こちらの写真は午後3時頃。日の入りは現在午後3時前。この日は雪があるので明るく見えますが、雪が無い日は午後3時でもう夜です。





    IMG_20191212_165146.jpg

    さて、街中にはクリスマスのイルミネーションが輝いていますが、今年は新たに大きな大きなハートが沢山登場。キラキラと輝く大きなハート、なかなかのインパクトです。この通りにはずっとこのハートが続いていました。




    IMG_20191214_141812.jpg

    クリスマスといえば、私はスウェーデン人のパートナーのお母さんが作るサフランクッキーが大好きなのですが、わざわざ焼いて郵便で送ってくれました。こちらがそのクッキー。黄色と白のぐるぐる模様がとても可愛いですよね。クリスマスシーズン、サフランパンやサフランクッキーなど、サフランを使用したものが現在多くお店に並んでいますよ。




    IMG_20191212_151758.jpg

    さてこちらは街にある「家のキッチンからはじまった」という手づくりのチョコレート屋さんのチョコレート。スウェーデンのチョコレートは大変美味しいです。こちらのチョコレートは甘すぎずに、チョコレートが得意でない私でも何個も食べられるほど。

    ユニークなフレーバーはチリやオリーブオイル、カシスやリコリスなど様々です。


    IMG_20191207_171637.jpg

    そして街のスクエアには、大変大きなクリスマスツリーが登場しました。スウェーデンでは毎年クリスマス前に24時間×1週間にわたりチャリティの音楽番組が行われるのですが、今年は私の住んでいる街、この写真のスクエアでの開催となり、毎日国内で生中継されています。



    IMG_20191214_150936.jpg

    こちらのブース内からの放送で、色々な人気のアーティストや著名人がゲストで登場するので、スクエアは連日多くの人たちで賑わっています。今日が放送の最終日。1週間にわたり、どの時間にTVをつけてもこの番組が音楽をクリスマスのムードに乗せて届けてくれるので、毎年この番組が終わるとちょっと寂しい気分になります。


    以上、12月のひとコマひとコマでした。





  • IMG_20191130_100256.jpg

    2週間以上、毎日毎日曇りや雨。そして日照時間もかなり短くなってきているこの頃。ちょっと気がめいってしまいそうだったところ、雪が降ったおかげで昨日今日と久しぶりの青い空と太陽を見ることが出来凄く嬉しい気分です。毎日空や太陽が見えているとそれが普通になり有難さに気が付きませんが、いざ暗くてどんよりとした日々が続くと本当に気持ち良く、生き返る気分です。



    IMG_20191128_183226.jpg

    12月を目前に、昨日11月29日はブラックフライデーという事で大々的にどこのお店も20%、25%オフの大セール。クリスマスギフトをこのセールで買う人たちも多いので、多くの人たちで賑わっていました。街のイルミネーションもクリスマス仕様に変わり、店内にもこのようなクリスマスツリーが。


    IMG_20191128_183223.jpg

    クリスマスシーズンに欠かせない5本のキャンドルが特徴的なアドベントライト。オーソドックスなキャンドルが並んだだけのタイプではなくこんなに可愛らしいデザインのものも店頭に並んでいます。真ん中の、丸みを帯びたフォルムのツリーがとても可愛いですよね。




    IMG_20191128_183308.jpg

    こちらはいつもは赤がトレードカラーのクリスマスの妖精トムテの緑バージョン。トムテはとても人気なので、色々なバージョンを毎年見ることが出来るんですよ。




    IMG_20191128_183257.jpg

    そしてこちらはスウェーデンのお土産としても有名、ダーラホース。色が鮮やかな赤なので、クリスマスツリーのオーナメントにも生えますよね。ワンポイントで飾ると、スウェーデンや北欧らしさが出ますね。




    IMG_20191128_183321.jpg

    そしてこちらはクリスマスの山羊ことスウェーデン語でユールボック。クリスマスの時期にこちらも大変良く見かける冬のシンボル。言い伝えでは、クリスマスの前にやってきて、クリスマスの準備が進んでいるか確かめにくるそうです。




    IMG_20191129_174154.jpg

    そして最後はクリスマス前にある聖ルチア祭用のグッズ。聖ルチア際は12月13日に行われ、子ども達が写真に写っている白いドレスを纏い、そして頭にはキャンドルをつけて行進します。毎年街の「聖ルチア」役が選出されるので、クリスマス前の大きなイベントの1つとなっています。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.