2011.10.11

ステンドグラスの美しい教会へ

DSC00194.JPG

秋もだいぶ深まって来ました…というよりは、もう冬です。日中でも気温は10℃前後、天気予報で見た最低気温は‐2℃でした。北部ではすでに初雪が降った模様です。中南部でも、そろそろ初雪が降るかも知れません。ただ、落ち葉は増えたものの、紅葉はまだ綺麗に色付いていて木々が綺麗です。

さて、今日はスウェーデン鉄道に乗って約1時間。スウェーデン中部に位置するとある街へ行って来ました。この街にはお城があり、上の写真はそのお城です。

DSC00199.JPG

こちら、お城の中に作られたお土産屋さんと、お城の中への入口。お城の中にはエレベーターがあり、カフェになった2階と、おそらくパーティー会場でしょうか?3階はテーブルと椅子が置いてあるフロアになっていました。


DSC00211.JPG

こちらは、前回紹介したGotland島に続いてスウェーデンで2番目に大きな島、Öland島でつくられたもののようです。独特の形をしたキャンドルホルダーがずらり。



DSC00214.JPG

こちらはとてもスウェーデンらしいお土産。ヘラジカとダーラナホースのマグネットです。ダーラナホースのお土産は、ほぼどこのお土産屋さんで見かけることが出来るので、旅行などでスウェーデンに来られた際は、必ずどこかで1度は目にするはずです。



DSC00219.JPG

お城を出てからは、教会へ行ってみました。そこで目をひいたのが、街中にあるレンタサイクル。この街のレンタサイクルやバスは、鮮やかな紫色で統一されていました。珍しいですね。



DSC00231.JPG

そしてこちらが教会の中。どこの教会にもステンドグラスがありますが、特にここの教会のステンドグラスは綺麗で見とれてしまいました。


DSC00232.JPG

細部の細工も素晴らしいです。


DSC00225.JPG

このように、コインを寄付してキャンドルを灯すことができます。こちらもどこの教会にでもあるものですが、キャンドル台が舟の形になっているものはここで初めて見ました。



私がスウェーデン国内で初めて訪れる街で、必ず行くところはその街の教会です。初めていく場所でも、教会はだいたい高い塔になっていて、遠くからでも「あそこが教会だな」と、すぐにわかります。それぞれの街のそれぞれの教会が、全て違った特色、趣をもっています。大きい教会、小さい教会…今回訪れた教会は規模も大きくなく小じんまりとしていましたが、先にも書いたようにステンドグラスがとても印象に残った教会でした。


次はどんな教会に訪れることができるのか、今から楽しみです。
        icon-next

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.