2011.10.30

バルト海クルーズ

DSC00300.JPG

ストックホルムからは連日クルーズに出発する大型船が出ています。なかでも有名なのは「シリヤライン(Silja Line)」でしょうか?シリヤラインはお隣フィンランドのヘルシンキや、バルト三国のタリン、リーガへ行くルートがあります。また、日本ではあまり有名ではないものだと「ビリカ(Birka)」や「バイキングライン(Viking Line)」等があります。このクルーズ、値段もなかなか安く利用できるので、季節を問わず連日沢山の人たちで賑わいます。

上の写真はビリカとバイキングラインのフェリーが出ている港になります。前回ご紹介したGamlaStanからも徒歩で来れますし、最寄り駅は地下鉄のSlussen駅と、とても便利な場所に位置しています。シリヤラインはちょっと離れたところにあるので、バスを利用しなければいけません。


DSC00354.JPG


今回の写真は、ビリカのフェリーから。ビリカの利用客層は殆どがスウェーデン人のご年配の方たちです。最初に挙げたフェリー会社の中でもバイキングライン1番安く利用できるので、若者が多いですね。

どのフェリーの中にもレストランやスパ、免税店やプール…フェリーで一泊クルーズするだけでも楽しめるよう、様々な施設が整っています。上の写真は丁度奥でバンドが演奏している所です。手前のフロアでは、きっと若い頃を思い出しながらでしょうか。楽しそうに、ダンスをするカップル達が。バンドが演奏する曲は、勿論ご年配の方たちが楽しめるようスウェーデンのオールディーズソングです。年をとってもこうやってお互い手をとりあってダンスを楽しむ… クルーズ中はどのフェリーでも見られる光景ですが、目にするたびに「素敵だなぁ」と思います。このバンド演奏は深夜2時まで続きました。



DSC00324.JPG

レストランではディナー、朝食、ランチ…とビュッフェスタイルで食事がいただけます。海の見えるテーブルでディナーをいただきました。写真は、スウェーデン人の「定番」のミートボールです。


DSC00323.JPG

勿論デザートもありますよ!



DSC00395.JPG

この日はほぼ満月で月明かりのとても美しい夜でした。ちなみに真夏には白夜が、真冬には凍った海がデッキから見ることが出来ます。どの季節でも楽しめます。夏ですと、乗客は皆デッキでビール片手に、遅くまで日焼けを楽しんでいます。


DSC00327.JPG

こちらは陽が沈む前の海。



DSC00342.JPG

船の一番後ろです。


海もその日、その時間によって様々な顔を持っています。この日は先に書いた通り、月明かりの綺麗なとても静かな海でした。バイキングラインで安い時ですと、何と1000円程でクルーズ1泊の旅が出来ます。ちょっとした気分転換に、特別な日に、どのシーズンでも行きたい時に行くことが出来るクルーズ。スウェーデンにお越しの際は、是非!お勧めですよ。
        icon-next

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.