2012.04.15

野鳥を身近に

DSC03087[1].JPG

前回の更新より少々間があいてしまいましたが、日本の気候はいかがでしょうか?
こちらはサマータイムも始まり日が暮れるのも徐々に遅くなっていますが、さすが4月、寒くなったり暖かくなったり…

ストックホルムでは昨日雪が降ったようです!
現在夕方ですが気温は10℃位。朝夜は3℃前後でしょうか。


DSC03092[1].JPG

そんな冬と春を行き来している不安定な時期の今ですが、外に出かけてみると春に沢山出会うことが出来ます。こちらは森で咲いていた花。黄色が鮮やかで見ていて元気になれます!

写真で見ると、日差しがとても暖かそうですが気温は10℃程です。
ただ、日差しがやはり日本に比べるときついので、太陽の出ている時は実際の気温よりは暖かく感じます。



DSC03093[1].JPG

さて、森といえばこちら。ミニチュアの家のようですが、これは野鳥用の餌入れです。

スウェーデンではスーパーで鳥の餌(ネットに入っておりバルコニーや木の枝から吊るせるようになっています)が売っている程、鳥用の餌は馴染み深いものです。アチラコチラで見ることができますよ。

特にこの写真の場所は目の前にアパートがあるので、恐らくそこの住人が野鳥をケアしているのだと思います。



DSC03094[1].JPG

こちらもまた違ったタイプのもの。
鳥が赤いバーの上に乗ると一定の量の餌が出てくる仕組みでしょうか?
このタイプは私も初めて見かけました!


DSC03096[1].JPG

こちらも2本の木に鳥の家が設置されています。


このように、スウェーデンでは野鳥をとても身近に感じる事ができます。
スーパーで買ってきた餌をバルコニーに吊るしておくと、朝早くから野鳥たちが何羽も何羽もついばにに来てくれます。早朝から餌を食べに来た鳥たちのさえずりを聞くのも、なかなか言いものです。



DSC03090[1].JPG

さて、まだ冬と春が混ざったような気候ではありますが、このようにして一部だけ咲いている花があちらこちらで咲き誇るようになる様を見ることができるのも、もうすぐかもしれません。
        icon-next

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.