• 2018.08.30

    移動遊園地

    20180629_194708_HDR.jpg

    もうすっかり秋、リンゴの木の実は真っ赤に色づき、キノコがぐんぐんと生えてきました。朝夜は10℃ちょっと。日が暮れるのも徐々に早くなってきて、冬を遠くに感じる日々です。

    今年の「260年ぶり」と呼ばれた猛暑は本当に暑く、どこの街でも扇風機が売り切れになるほどでした。例に漏れず私のうちでも扇風機を買いに行ったのですが、どこの店も売り切れ。プレゼントとして贈ってもらい届くはずだったエアコンディショナーも売り切れでストックが無いという事で、結局キャンセル扱いとなりました。こんなに暑い夏が来た後の冬は、寒いのでしょうかあたたかいのでしょうか?

    ここ近年温暖な冬が続いているので、久しぶりにスウェーデンらしい雪の深い冬を過ごしたいなあなんて気分です。



    20180629_194628_HDR.jpg

    さて、今回はまだご紹介していなかった今年の夏のフェスティバルの様子を。1枚目は日本にもあるのでしょうか?私はあまり記憶が無いのですが、スウェーデンでは移動遊園地では必ずある人気のアトラクションです。大きな大きなチョコレート。1キロ位でしょうか?好きな番号を選んで、ルーレットを回して当たると1キロの大きな大きなチョコレート菓子を貰えます。

    遊園地やフェスティバルでは、この大きな大きなチョコレート菓子を小脇に抱えている大人や子どもと沢山すれ違います。スウェーデン人はみんなチョコレートが大好きなので、やはり人気なのでしょうね。


    2枚目の写真はあひるのアトラクション。小さな子が乗って待っている両親や祖父母へ元気に手を振っています。


    20180629_194655_HDR.jpg

    こちらは絶叫系アトラクションです。名前がわからないのですが、日本でもありますよね!シートがグルングルンと大きく横回転するもの。こちらは小中学生に人気です。

    移動遊園地は昔からずっとスウェーデン各地をまわっているので、アトラクションのデザインも80年代、90年代を思わせる懐かしい雰囲気のものが多いです。この後も、アトラクションを乗せたトラックが次の街へと向かいます。




    20180629_195006_HDR.jpg

    こちらはメーラレン湖へと続く川。奥に見える川に浮いている丸いボールのようなもの、こちら子どもが入って遊べるアトラクションとなっています。どんな感じなのか私も一度やってみたいです!

    ここまで子どもに人気のアトラクションの写真をご紹介してきましたが、大人はというと... 川の右奥につくられた大きなステージでコンサートが深夜まで続くので、そちらを楽しむ人が多いです。スウェーデンで人気の地元アーティストが何組もやってきます。



    20180629_203236_HDR.jpg

    こちらは大人で賑わっていますね!右のテントでは、マイクを持った人が写っているのわかりますでしょうか?テントの中でもライブが開催されています。食事とアルコールを楽しみながら皆ライブをエンジョイしています。夏は日が長いので、遅くまで外で楽しむことが出きます。冬は出来ない事なので、夏を思いっきり楽しみます。



    20180629_200021_HDR.jpg

    最後にこちらもDJやバンドの公園に設置されたライブスペース。こちらは親子連れが多かったです。子どもたちが長い旗のようなものを音楽に合わせてクルクル回して遊んでいました。大人は大人同士で音楽を聴きながら談笑を。


    夏は様々なフェスティバルや催し事があるスウェーデン、もう9月に入るので各地でのフェスティバルは全て終わったころ。秋になって少しするとそろそろクリスマス用品などが店頭に並ぶようになります。ちょっと寂しいですが、家族で楽しむクリスマスが来るのもまた楽しみの1つです。

  • 20180607_075226_HDR.jpg

    連日30℃超え、260年ぶりの猛暑で暑い日が続いていたスウェーデンですが、ここ数日でいっきに気温が下がり日中20℃前後の涼しい、秋さえ感じられる過ごしやすい気候となりました。それもそのはず、もう8月下旬ですものね。8月に入るとスウェーデンは長い冬に繋がる秋の気配が少しづつ感じられるようになってきます。

    さて、今回の一枚目の写真は美味しそうなパンケーキです!
    スウェーデンのパンケーキは、フカフカした厚いタイプではなく薄いもの。シロップにホイップクリーム、スウェーデンらしくベリーを添えるスタイルが多いです。



    20180607_081644_HDR.jpg

    そしてどこのパンケーキかというと...
    ホテルの朝食ブッフェです。スウェーデンでの朝食ブッフェでは自分で焼くタイプのパンケーキを用意しているところもあり、パンケーキはとてもメジャーなメニューの1つです。




    20180607_080512_HDR.jpg

    他のメニューも見てみましょう。こちらは入れ物がお洒落ですね!厚いクラフト紙のようなものを使用したコーンフレークとミューズリーや木の実の入れ物が目をひきます。こういうちょっとしたところが、またスウェーデンらしいです。

    こちらではシリアルをはじめとし、特にミューズリーなどは沢山種類があります。




    20180607_074658_HDR.jpg

    写真がちょっとボケてしまいましたが、乳製品が豊富なスウェーデン。様々なアレルギーの人に対応したものも多く、シリアルやミューズリーにかけるミルクとヨーグルトがかなり沢山の種類用意されています。オーツ麦ミルクや豆乳、そしてラクトスフリーのヨーグルトなどなど。アレルギーがある人には選択肢が色々あってとても嬉しいラインナップですね。

    スーパーへ行くと、他にもココナッツミルク、アーモンドミルク等ミルクアレルギーの人にも対応した商品が所せましと並んでいます。



    20180607_074519_HDR.jpg

    そしてこちらもブッフェでよく置いてある様々なチーズ。ディナーブッフェともなると、この倍以上は種類が並びます。こちらではチーズはとても人気のメニューのひとつですので、日常的にクラッカーやパンなどとよく食べますし、スーパーでもかなり多くの種類が並びます。



    20180607_074224_HDR.jpg

    こちらは先にご紹介したミューズリーなどのトッピングです。かぼちゃの種に木の実、ドライココナッツやバナナやフルーツが所狭しと並びます。朝から自然の栄養がたっぷりとれますね。




    20180607_074438_HDR.jpg

    そしてこちらはパン。パンも数多く種類を置いているところが殆どです。白いフカフカのパンはあまり無く、ライ麦や燕麦を使った茶色いヘルシーなパンが多いです。美味しいバターやジャム、チーズと一緒に。スウェーデンのバター、とっても美味しいですよ。



    他にもスウェーデンのホテルの朝食では様々なハム、コールドメニューしか置いていないホテルもありますが、だいたいソーセージやスクランブルエッグ、ミートボールなどの温かいメニューも一緒に置いてあるところが多いですね。

    以上、とあるホテルの朝食ブッフェのご紹介でした。

  • 20180607_122127_HDR.jpg

    前回まで私の住んでいる街で毎年開催されるインターナショナルフードマーケットの様子をご紹介していましたが、今年はストックホルムで開催されたマーケットへも足を運んできました。場所は、桜の時季のお花見の名所などで何度か取り上げているストックホルム中央駅よりほど近い、デパートNKのすぐ近くKungsträdgårdenです。

    上の写真、普段は水がはられている場所が全て食事が出来るようテーブルになっています。とても沢山の人が訪れているのがわかるでしょうか?ちなみに両サイドの緑がまぶしい木々が、春になると満開の花を咲かせる桜の木です。



    20180607_121831_HDR.jpg

    こちらは同じ公園内の別のテーブルとステージです。こちらでも沢山の人が屋台でフードを買って食べています。ステージからはライブミュージックが。



    20180607_121542_HDR.jpg

    こちらはスウェーデンのKaramellfabriken(キャラメル工場)というお店。チョコレートボールなど、スウェーデンならではのお菓子が並んでいます。



    20180607_121823_HDR.jpg

    こちらはストックホルムアーランダ空港のターミナル5にもあるPontus in the airというレストランからの出店。こちらはアルコールがメインで様々なワインやビールが楽しめます。



    20180607_121724_HDR.jpg

    スウェーデンのお店が多いですが、中にはタイやフランス、イタリアなど様々な国のフードがこちらでも楽しめます。この日は天気にも恵まれとてもいい天気でした。



    20180607_122016_HDR.jpg

    こちらはユニークな干してある魚...??面白かったので、思わず写真を撮ってしまいました。こちらの会場は広いので、フードワゴン以外にも様々なお店が出店しています。この日は大勢の人で賑わっていました。

    こちらのフードマーケットは毎年6月頃に開催されているので、もし同じ時期にストックホルムへ訪れた際は是非是非のぞいてみてくださいね。

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.