2018.09.29

リンゴのおすそ分け

20180824_172924_HDR.jpg

スウェーデンでは、こんなに沢山のどんぐりを見るのは初めて!という位木にどんぐりが生り、そして秋が深まると地面に落ちてきます。それはまるでどんぐりの絨毯のようです。

小学生のころ、どんぐりの食べ方の手順を見て拾って来たどんぐりを煮てみたものの、どこか間違えたのか食べたらとても渋かった事を思い出します。まさかあの頃、将来こんな遠くの国に住んでいるとは想像もつきませんでした。



20180825_184153_HDR.jpg

そして秋といえばこちら。
手前にリンゴのはいった籠がありますが、何のリンゴだと思いますか?


20180904_161219_HDR.jpg

このように、沢山のリンゴが生るリンゴの木を庭に植えている家が沢山あるスウェーデン。秋になるとリンゴは熟して赤くなって地面へ落ちます。それはそれは無数のリンゴが、庭に絨毯のように落ちている景色を見ることが出きます。


20180904_161210_HDR.jpg

こちらのお宅は、こんな感じに。

このように沢山のリンゴが生るのですが、収穫できなかったものは下へ落ちてしまい腐ってしまうので、何軒ものリンゴの木があるお宅の門にビニール袋に入っていたり、籠に入れてあったり、「ご自由にどうぞ」とのメモと共にそのお宅で生った今年のリンゴのおすそ分けが置いてあります。

実際に持っていく人や、1個だけとって歩きながら食べている人も見かけます。なんだか素敵ですね。

私も実際歩いていたら、見知らぬ方の家の前で「リンゴいる?」と声をかけられました。今日はいいですと断ると、またいつでもリンゴが欲しくなったら来てねと言って頂きました。



20180907_150026_HDR.jpg

そして秋というと...もうすぐハロウィンですね!あと一か月です。スウェーデンではハロウィンはそこまで大きなイベントでは無く普通の日とほぼ同じなのですが、シーズンになると一応こんな感じでカボチャがスーパーに並びます。不思議な形や色のカボチャですね。



20180907_150018_HDR.jpg

こんな感じでギッシリと売られています。こちらは恐らく食用でもなく彫る用でもない飾り用でしょう。


20180825_184953_HDR.jpg

そして秋といえばキノコ。沢山の野生のキノコが秋になると生えてきます。

さてさて現在外の気温は4℃。日本からするともう真冬の気温ですね!今は夜なのですが、昼間でも今は15℃あるかないか位でしょうか?ちょっと天気の悪い日が続いています。外が寒いのに、アパートの暖房のセントラルヒーティングがまだ作動しないので家の中がとても寒いです!スウェーデンのアパートについているセントラルヒーティングは、自分でONやOFFが出来ずに部屋の温度が寒くなったら自動でつくはずなのですが...

早く暖まりますように!




        icon-next

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.