• IMG_20190724_152844.jpg

    7月もいよいよ終わり。昨年の今頃は「100年以上ぶりの記録的な暑い夏」となっていたので、今年は暑い日もあるけれど昨年ほどではないな...良かった!と思っていたのも束の間。7月の最後の週末に熱波が来て大変過ごしにくい、暑い日々が続きました。パリでは同日、なんと42度を記録したとか。



    IMG_20190719_154127.jpg

    この週末中、なんと北極圏に位置するフィンランドとの国境にほど近い「Markusvinsa 」という小さな街で34.8度を記録し、これが今年のスウェーデン国内でこの夏一番暑い気温となっています。また、この最高気温はMarkusvinsaで1945年以来の記録だとか。

    北極圏の街でこんなに高い気温になるだなんて、驚きです。



    IMG_20190725_183633.jpg

    また、気温が30度以上の日々が何日も続くのは、スウェーデンでは異例な事。夜も熱帯夜が続きました。

    写真は私の家の、ガラス窓のあるバルコニーの中の温度。50度を振り切りました。スウェーデンは日本のように湿気がないので幾分かは過ごしやすいのですが、それでも直射日光の暑さは日本より強いですし、暑いことを想定していない家の作りなので熱気が家の中に籠り、また空調設備も無いので家の中で過ごすのが大変です。




    IMG_20190722_092109.jpg

    暑かった週末中に雨が降ったので、これで少しは涼しくなる!と思って外へ出たのですが、まだまだ暑いままでした。湖は多くの人で賑わい、一軒家は大きなプールがあるお家が多いですので、外を歩いていると自家用プールで遊んでいる声が多く聞こえてきていました。





    IMG_20190714_101306.jpg

    さて、そんな真夏日が続いた7月最後の週末。金曜から月曜まで大変暑い日々となったのですが、1日明けた今日なんと朝の気温は10度!熱波が去ったようで、なんと気温は一気に1/3まで落ちました。やっと過ごしやすくなってとても嬉しいのですが、ちょっとふり幅が大きすぎますね!

    夏日が続くのは冬の長いスウェーデンで生活する人々にとってとても嬉しいことなのですが、あまり暑すぎるのもちょっと大変です。日本のように、クーラーなどの設備が家にあるといいのですが。

    さて、こちらの写真。夏を楽しむ人の様子がこの中のどこかに写っているのですが、わかりますか...?ちょっと見えないですね。





    IMG_20190714_101321.jpg

    ズームして撮影してみました!...わかりますか?

    家の煙突の上の方に、ピンク色っぽいパラシュート。道を歩いていてふと空を見上げたら、パラシュートで降下してくる人たちが3人位いたので驚いて思わずシャッターを押してしまいました。


    日本は梅雨もあけ、夏本番の時期でしょうか?皆さんどうぞ夏バテや熱中症にならないよう、お身体ご自愛くださいね。

  • 20190710_093640_HDR.jpg

    スウェーデンでは夏真っ盛りの時期、7月。多くの人が長い夏休みをとって、旅行へ出かけたり別荘でのんびり過ごしたりするのがこのシーズン。

    去年の夏は、「100年以上ぶりの記録的な猛暑」という事でそれはそれは暑く、日本のようにクーラーなどの空調の設備が一般的でないスウェーデンではどこの店でも扇風機が売り切れ、という事態だったので今年も「去年のような猛暑になったらどうしよう!」と心配していたのですが、今年はとても暑い日もありますが一気に天候が変わって15度以下になる時もあり、そこまで過ごしにくい夏ではなさそうです。




    20190716_175554_HDR.jpg

    ここ数日天気が悪く、ちょっと涼しい日が続いているのですが、秋に実を熟らせるリンゴの木のリンゴも顔を出し始めていました。


    ただ天気予報を見ると、今週末は30度超えの日が続くようですのでちょっと警戒しています。スウェーデンで30度を超えると、直射日光がとても暑いので体感温度はかなり暑くなります。私の住んでいる家のバルコニーはガラス窓が設置してあるスウェーデンによくあるタイプなのですが、太陽が通る方向に面しているのでバルコニーの中は40度を超えてしまいます。




    20190716_175723_HDR.jpg

    辺りには沢山、この時期に実を赤くするローズヒップも。ローズヒップはビタミンCがたっぷりと含まれていることから、スウェーデンでは自然の治療薬としてローズヒップスープ等で親しまれています。風邪を引いたら、ローズヒップスープ。


    nyponsoppa_2_1208-700x700.jpg

    ローズヒップスープは、このようにアーモンド風味のビスケットやアイスクリーム、ヨーグルトなどを入れて食べます。こちらの写真のローズヒップスープのレシピをご紹介しましょう。

    1リットルのローズヒップスープレシピ

    • ローズヒップパウダー 1デシリットル
    • 片栗粉 1 1/2 食事用のスプーン
    • 水 1リットル
    • アガベシロップ 5-6食事用のスプーン

    ①ローズヒップパウダーと片栗粉を合わせます。
    ②水を沸かし、アガベシロップと①で合わせたものを入れてゆっくりと混ぜます。少ししたら火から降ろします。
    ③出来たスープを温かくても冷たくてもお好みに合わせて頂きます。

    こちらではスーパーなどで出来上がったパックに入ったものが売っていますが、ローズヒップパウダーがあれば自宅でも簡単に作ることが出来ます。ビタミンCがたっぷりなので、お肌にも良いですよ。



    20190716_175442_HDR.jpg

    さて、今の時期リンゴやローズヒップの他にも様々な果物が実をつけています。こちらにはサクランボ。赤くて美味しそうです!

    他にも森へ行けばブルーベリーやラズベリーが生っているので、今年は久しぶりにブルーベリーを採ろうかな?と思っています。




    20190716_175409_HDR.jpg

    そして果物だけではなく色々な花も満開です。こちらは通りがかったお宅に咲いていたのですが、不思議な花だなと思って撮影した一枚。夏は色々な「生」を感じることが出きます。





  • IMG_20190621_140003.jpg

    今年のミッドサマー(夏至祭)のお祭りは、6/21にありました。今年は私は住んでいる近くの会場へ。1年のうちでクリスマスと並ぶ大きなイベント行事ですから、スウェーデン各地にミッドサマーを祝う会場が作られます。

    私の住んでいるところからでも、行ける距離に数か所あるのですが今年は昔ながらの雰囲気が味わえる野外博物館へ。子どもを連れた家族連れが多く来ていました。お祭りのメインは、皆で輪になって踊るダンスタイム。それまでまだ時間があるので、皆野外博物館内で思い思いに過ごします。

    中には早くから場所取りをしている人も。こちらの写真では、昔ながらの服装に身を包んだ野外博物館のスタッフと女の子がシャボン玉をしているところです。



    IMG_20190621_140235.jpg

    こちらの100年ほど前の店内を再現したお店(実際に100年前に使用されていたもので造られています)では、みんなが大好きなGodis(キャンディー)を購入することも。沢山の人がこちらのお店に出たり入ったりして、キャンディーを購入していました。



    IMG_20190621_140749.jpg

    ダンスをするお祭りの会場は、こちらの写真奥にパラパラと人が見える辺り。写真だとわかりませんが、ミッドサマーポールが立っています。こちらは大変昔から使用されているポールが設置してあるんです。




    IMG_20190621_143439.jpg

    さあ、いよいよ生の歌に合わせて待ちに待ったダンスタイムです!特設ステージの上には民族衣装に身を包んだ3名が、皆がダンスを出来るよう誰もが知っているスウェーデンの伝統的な曲を次々と歌っていきます。軽快なメロディーにのせた、フォークソングです。




    IMG_20190621_143507.jpg

    音楽がはじまると皆ポールの周りに駆け付け、知らない人どうしても手をつないで大きな輪になります。奥に見えているのがこちらの会場の独特なデザインの古いミッドサマーポール。殆どの場所のポールは大きな三角に円が2つついているようなデザインですので、ここのは本当にユニークだなと見る度に思います。



    IMG_20190621_143602.jpg

    この日はとても良く晴れた夏日となり、とても沢山の人たちが集まり笑顔でダンスを一緒に踊りました!

    ミッドサマーが終わってしまうと、あとは1日中沈みきる事のなかった太陽が今度は徐々に徐々にと顔を出す時間が短くなっていくので寂しいですが、それでもまだまだ日照時間がとても長いスウェーデン。冬になるまでに、太陽の光を思う存分楽しみたいと思います。

1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.