• IMG_20190830_090728.jpg

    とても秋らしい日と、急に夏日に戻る日があり、季節の代わり目でとても気温のふり幅が大きなこの頃。

    例えば先日などは薄手のダウンジャケットが必要な12℃ほどの寒い日があったかと思えば、翌日には日差しが強くタンクトップにショートパンツでも暑い30℃近い日があったり。
    今日は秋らしい良い天気で、一番暑くなる時間帯でも少し涼しい20℃前後ということで大変過ごしやすくなっています。


    秋らしいといえば、辺りに沢山姿を見せ始めた様々なキノコ。キノコはスウェーデンの秋を感じさせます。




    IMG_20190826_144204.jpg

    まだ夏らしい日もあるので景色は緑緑しいのですが、落ち葉も増えて木の実も地に落ちているものが多くなってきたので、秋がもうやってきたのだなという事を感じます。あんずの木や、リンゴの木からも売れた実が地面に沢山落ちています。

    あんずの木、近くにあったのですがつい先日まで気が付きませんでした。その通りを行く人たちがよく木から実をとって食べているなあと思っていて、この木はなんだろう??とネットでその木になっている「黄色くて」「小ぶりな」実を調べていたらあんずだという事がわかりました。

    皆がとって食べている位だからおいしいのかな?と気になり私も食べてみたのですが、ちょっとすっぱかったです。




    IMG_20190830_091055.jpg

    こちらにもちょっとなかなか見慣れないようなキノコが。




    IMG_20190831_151232.jpg


    IMG_20190824_141140.jpg


    IMG_20190826_144200.jpg


    IMG_20190825_135244.jpg


    様々なキノコが至る所に顔を出しているのですが、中には足のサイズ程直径がある位大きなものも!



    IMG_20190825_125707.jpg

    そしてスーパーにはこちら杏茸の特設コーナーが。こちらはスウェーデンの秋の味覚。肉厚でとても美味しいんです。森などで採れるようなので、いつでも食べたい時に食べられるよう秋に沢山採って乾燥させて保存しておく方も多いようです。私は万が一毒キノコを採ってしまったら大変!ですのでまだキノコ狩りをしたことは無いのですが。



    秋らしくなりつつも、まだ夏っぽい日があると先に書きましたが、日の長さはもう完全に秋となり、冬へ近づいていっている事を感じさせられます。夏の間は一度もなかった、「空が真っ暗」な夜の状態。今は20時頃に日が沈みます。これが1か月後の9月の終わりには日没が18時半に。これが10月になって11月になると...と計算していくと、12月頃には日没は一番早い時で14時台になってしまいます。


    外のベンチではいつも誰かが座っており、カフェやレストランでも皆オープンテラスに集まり、家でも皆バルコニーでコーヒーを飲んだり新聞を読んだりして太陽を十分に楽しんでいますが、それももうそろそろおしまい...と思うと、ちょっと寂しいです。

  • IMG_20190814_153952.jpg

    今年もこの季節がやってきました。スウェーデン語でKräftskiva、ザリガニパーティーです。街へ足を運ぶと、色々なところでザリガニモチーフのグッズに出会います。こちらはパーティー用品ショップの店頭ディスプレイ。大きな大きなザリガニのバルーンが!他にも釣り下がっている円形のものも、ザリガニパーティーの象徴の1つの太陽のバルーンです。


    Opera スナップショット_2019-08-25_114405_www.instagram.com.png

    ザリガニパーティーのテーブルはこんな感じです。大胆に沢山のザリガニが並べられています。家族や友達と集まり、パーティーグッズをセッティングします。




    IMG_20190814_154017.jpg

    パーティーを彩るグッズは、このように帽子にテーブルに散りばめる用のザリガニ型のラメ、風船にストローにエプロンに...沢山あるんです!




    IMG_20190814_163043.jpg

    こちらはザリガニの紙皿。2匹のザリガニが月を見ているのでしょうか。なんだか可愛らしいデザインですね。周りにはハーブが。
    デコレーショングッズだけではなくスーパーでもザリガニの特設コーナーが出来ており、多くの家庭で今の時期はザリガニが食べられている事でしょう。




    Opera スナップショット_2019-08-25_114536_www.instagram.com.png

    こちらにもザリガニナプキン、殻を入れるザリガニバッグ、そしてスピリッツ。ラベルもザリガニ使用です。




    IMG_20190820_145818.jpg

    こちらにはザリガニ型のハサミまで。


    ザリガニの食べ方は、そのまま茹でて頂くのがオーソドックスですが、サワークリームにキャビアを混ぜたソースと食べたり、小エビのパイを一緒に食べたり、クリーミーなザリガニスープを添えてみたり、色々です。




    Opera スナップショット_2019-08-25_114332_www.instagram.com.png

    ザリガニの他にも一緒にエビや手長エビがメニューに登場するのも人気です。ゆであがった真っ赤なザリガニ、鮮やかですね。



    もうだいぶ涼しくなってきているスウェーデンなのですが、今月いっぱいは夏の名物、このザリガニパーティーシーズンが続くことでしょう!

  • IMG_20190706_161150.jpg

    8月も中旬。日本はとても暑いようで、夏真っ盛りというところでしょうか?スウェーデンは、毎年8月にもなると徐々に秋の雰囲気がし始めるのですが、今年も例外なくすでに涼しくなってきています。

    日中日が出ると暑いのですが、気温は10~20度の間。曇りの時などはすでにジャケットを着ないと肌寒い気候です。特にここ数日間天気の悪い日が続いているので、まだまだ日も長い8月。また暖かくならないかななんて、思っています。ちょっと前の熱波が来た時の30度超えの時位比べたら過ごしやすくて良いのですが。



    IMG_20190706_160220.jpg

    今回ご紹介しているのは、まだまだ暑かった7月の写真。一枚目の写真はスウェーデンで3番目に大きな湖、メーラレン湖のビーチです。砂浜に整備されており、ここで子どもから大人まで泳いで楽しむことが出来ます。

    ボートも沢山止まっています。冬には皆ボートを持ち帰るので1艘も無くなるのですが、夏は皆遅い時間までボート遊びをしています。夜10時過ぎても明るいですから、それ位の時間にボートで走ったり、ヨットを楽しんだりする人も少なくありません。


    IMG_20190706_155923.jpg

    こちらでは奥のボートでパーティーをするようで、水着姿の人たちが手にお酒を持ち、好きな音楽を流しているボートへと乗り込むところです。家族でボートを楽しんでいる人たちも多いですよ。



    IMG_20190706_160307.jpg

    こちらはジェットスキー。右側が夏だけオープンするB&Bになっていて、目の前でこのようにウォータースポーツを楽しむ事が出来ます。冬には湖もここも全て凍ってしまいますので、まさに今だけ、1年に1度楽しめる貴重なシーズンです。




    IMG_20190706_160248.jpg

    ジェットスキーを楽しんでいる人の横では、ピクニックを始めるお母さんと女の子が。この季節は、多くの人が外でピクニックをしたり、日焼けをするために公園や家の庭で水着になって寝転んでいたりします。思う存分、冬の間なかなかお目にかかれない太陽の光を浴びています。



    IMG_20190802_082923.jpg

    最後の1枚は、こうして見ると木しか映っていないようですが、どこかにキツツキが写っています。ちょっと小さくて、陰に隠れてしまって見えないかもしれないのですが、珍しくキツツキが木をつつく音が聞こえて来たので目線を上げると、丁度その姿を見つけることが出来た時の一枚。右から二番目の木にとまっています。



    さて、随分涼しくなり雨も多いここ最近。本格的に秋になる前に、もう1度位夏日が戻ってこないかな、なんて思っている今日この頃です。




1

新谷 友海

2007年1月よりスウェーデン在住。日本在住時にはプロボーカリストとして音楽活動に励む。渡瑞してからは心機一転フリーランスデザイナー、ライターとして活動。日本のラジオ番組に国際電話で何度か出演も。現地在住の"日本人"の目から見たスウェーデンを、季節の写真を交え皆さんにお届けします。

ドロフィーズキャンパスへ行こう

CopyRight(C) 静岡県西部浜松市の工務店・都田建設の新築木造・注文住宅 Dlofre's All Right Reserved.