MENU
施設MAP
CLOSE

CLOSE閉じる

浜松フィンランド協会

8浜松フィンランド協会

フィンランドとの深い絆。
日本とフィンランドの美が交差し新たな価値が生まれる・・・

両国の可能性が広がる現代進行形のステージ。

「浜松フィンランド協会」

自然や地域社会との共存の中に自らの生き方を大切にする北欧の人々の暮らしに根付く、もの、空間に宿るデザイン、個性を伸ばす教育、幸せを実感する福祉など、フィンランドは国際社会から注目されています。

「浜松フィンランド協会」は、フィンランドとの交流とフィンランドの情報を広め伝える活動を通じ、ここ浜松・都田と北欧、フィンランドの文化、生活、そして産業との連携、そして参加者のライフスタイル向上を図っていきたいと考えています。

特に、フィンランドで日本語を学んでいる学生への日本滞在プロジェクトIPPO TO JAPANはフィンランドの若者への日本文化と暮らしに触れる大きなチャンスとなっています。

日本にいながら北欧を感じる「フィンランド・ヴィレッジ」から、北欧から学ぶ丁寧な暮らしや人とのつながりを感じていただけると幸いです。

  • 協会の概要

    more
  • 趣旨と目的

    more
  • フィンランド協会について

    more
  • 日本滞在交流支援プログラム

    more
  • 協会の場所・設立経緯・主な活動

    more

Topics

  • 2021.11.10(水)

    「地球の歩き方aruco」シリーズに『aruco東京で楽しむ北欧』が新登場!

    東京で海外気分が楽しめると話題の「地球の歩き方aruco」東京シリーズに「北欧編」が新登場。ムーミンバレーパークや船橋のアンデルセン公園、都内のマリメッコショップといった東京から足を伸ばせるスポットに並んでドロフィーズキャンパスも紹介されています! 北欧ファンは必見の一冊です。→詳しくはこちら
  • 2021.11.10(水)

    サンタの「オフ」を描くフィンランドの人気絵本

    10月15日に発売された日本語版が話題の『サンタクロースの冬やすみ』はフィンランド出身の人気絵本作家マウリ・クンナスの作品です。プレゼントを配り終えたクリスマス後のサンタ村の冬休みの様子を1日ずつ紹介する本作『サンタクロースの冬やすみ』は、1982年に日本で発売された『サンタクロースと小人たち』の続
  • 2021.11.10(水)

    エスポー自動車博物館/フィンランド

    フィンランドの首都ヘルシンキから20kmほど離れたエスポーという街には「エスポー自動車博物館」という自動車博物館があります。地元のレーサーだったラフ・フフタ氏の車両保管庫を改造して作ったもので1979から博物館としての運営が開始されました。この博物館の特徴は西欧と東欧の古いクルマが混在していること。
  • 2021.11.10(水)

    フィンランド政府観光局WEBサイト「バーチャル・ラップランド」

    フィンランド政府観光局WEBサイト「バーチャル・ラップランド」フィンランド政府観光局WEBサイト「Visit Finland」ではラップランドの季節や大自然、野生動物、オーロラなどをオンラインで体験できる「Virtual Lapland」の提供を開始しました。Webブラウザなどから無料で利用できるサ
MORE

人気の記事

popular

information

8浜松フィンランド協会

住所
静岡県浜松市北区都田町2706-1(ドロフィーズ インテリア内)
浜松フィンランド協会事務局
電話
053-428-3520
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜日・水曜日
GoogleMapで確認

曜日は定休日です

※年末年始休暇:2021年12月28日(火)~2022年1月5日(水)
FINE PICK UP

新たな暮らしへ