MENU
施設MAP
CLOSE

CLOSE閉じる

浜松フィンランド協会

8浜松フィンランド協会

フィンランドとの深い絆。
日本とフィンランドの美が交差し新たな価値が生まれる・・・

両国の可能性が広がる現代進行形のステージ。

「浜松フィンランド協会」

自然や地域社会との共存の中に自らの生き方を大切にする北欧の人々の暮らしに根付く、もの、空間に宿るデザイン、個性を伸ばす教育、幸せを実感する福祉など、フィンランドは国際社会から注目されています。

「浜松フィンランド協会」は、フィンランドとの交流とフィンランドの情報を広め伝える活動を通じ、ここ浜松・都田と北欧、フィンランドの文化、生活、そして産業との連携、そして参加者のライフスタイル向上を図っていきたいと考えています。

特に、フィンランドで日本語を学んでいる学生への日本滞在プロジェクトIPPO TO JAPANはフィンランドの若者への日本文化と暮らしに触れる大きなチャンスとなっています。

日本にいながら北欧を感じる「フィンランド・ヴィレッジ」から、北欧から学ぶ丁寧な暮らしや人とのつながりを感じていただけると幸いです。

  • 協会の概要

    more
  • 趣旨と目的

    more
  • フィンランド協会について

    more
  • 日本滞在交流支援プログラム

    more
  • 協会の場所・設立経緯・主な活動

    more

Topics

  • 2022.09.26(月)

    ドロフィーズキャンパスに新施設「小さな2北欧美術庫」

    ドロフィーズキャンパスに新視閲が誕生しました。その名も「小さな2北欧美術庫」。地域の住人の方が野菜保存庫として使用していた建物をリノベーションしたこの施設に、北欧遊学をきっかけに画家の道を選ばれフィンランドの風景を描く石井清さんと、外交官としてフィンランド駐在する傍らその美しい風景を撮り続けた小
  • 2022.09.25(日)

    フィンランドには「舐められるリストバンド」がある、というお話

    なんのこっちゃ??という感じですが、読んで納得の記事でした。日本にも必要かもしれません。→詳しくはこちら
  • 2022.09.18(日)

    フィンランド・ヘルシンキの最新旅行情報

    旅行のエキスパート「地球の歩き方」編集部によるコロナ後2022年6月の最新フィンランド観光情報が掲載されています。まずは首都ヘルシンキの最旬スポットを中心にお届けします。→詳しくはこちら
  • 2022.09.11(日)

    寿司職人として“フィンランド移住”を叶えた女性の挑戦がドラマ化

    以前ここでもご紹介したコミックエッセイ『北欧こじらせ日記』のテレビドラマ化が決定し、著者の週末北欧部ことチカさんのインタビューが掲載されました。放送は今年の秋。エンタメ系ニュースでも徐々に取り上げられることでしょう。→詳しくはこちら
MORE

人気の記事

popular

information

8浜松フィンランド協会

住所
静岡県浜松市北区都田町2706-1(ドロフィーズ インテリア内)
浜松フィンランド協会事務局
電話
053-428-3520
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜日・水曜日
GoogleMapで確認

曜日は定休日です

※年末年始休暇:2021年12月28日(火)~2022年1月5日(水)
FINE PICK UP

新たな暮らしへ