MENU
施設MAP
CLOSE

CLOSE閉じる

蔵で旅するbook store

23蔵で旅するbook store

【蔵で旅するbook store】が生まれた物語

お蔵は、代々にわたり大切なものを保管したり、置いておくことで熟成しモノの価値が高まっていく場所として日本民家の一部として利用されてきました。そして、現在においてお蔵の存在価値だけでなく、「熟成」や「伝承」といった意識すら人の心から失いつつあるように思います。

【蔵で旅するbook store】は、築100年を越える古いお蔵の本体の構造はそのままに、空間デザインと使用目的をリバリューした書店として新たな命が吹きこまれました。
お蔵という落ち着きのある空間の中での好きな本との出逢いから心の中で自由な旅ができる悦びを感じてほしいという願いから生まれました。

本のカテゴリーは、ナチュラル・オーガニックなライフスタイル、暮らし、食や料理、デザインやインテリア、アウトドアやDIY、旅や自然そして生き方、芸術や音楽そしてファッション、大人の絵本・・・など。大人がゆっくりと自分を見つめ深めることができる。ここにお越しいただく人たちのライフスタイルが熟成していく場所として心地いい時間をお過ごしいただきたいと考えています。

Topics

  • 2022.05.26(木)

    本のお供に丸眼鏡

    読書を楽しむうえでお気に入りのアイテムをお供にするとより本との時間が充実しますね。蔵のbookstoreには人気の丸眼鏡があります。    本物の眼鏡ではなく眼鏡の形をしたしおりです。読書=眼鏡といった連想ゲーム的な発想から商品を開発されたそうです。丸眼鏡にな
  • 2022.05.19(木)

    恵みの雨の季節が近づいています。

    つい最近まで桜など春の花に心おどっていましたが蔵の隠れ庭にはアジサイのつぼみが顔を出し始めました。   季節の移り変わりは早いものですね。梅雨はジメジメとしたイメージがつきものですがアジサイなど梅雨時期に咲く花が心を晴れやかな気分にさせてくれます。  
  • 2022.05.12(木)

    デンマークの家具史を深く知る

    現代も世界中の人を魅了しているデンマーク家具。そのデザイン史をまるっと楽しめる書籍「デンマーク家具のデザイン史」をご紹介いたします。    デンマークからたくさんの名作家具が誕生したのかというところから代表的なデザイナーのフィンユールやハンスJウェグナーなどを
  • 2022.05.05(木)

    かわいいフィンランドの日常

    マリメッコやイッタラなどフィンランドには可愛くて魅力的なものや文化があり憧れますよね。フィンランド在住の日本人が書いた「ほんとはかわいくないフィンランド」という楽しそうな書籍を紹介します。   フィンランド人のかわいくない日常を描いています。著者が暮らしながら見た自然体
MORE

人気の記事

popular

information

23蔵で旅するbook store

住所
静岡県浜松市北区都田町2706-1
電話
053-428-3520
営業時間 11:00~17:30
定休日:火曜日・水曜日
GoogleMapで確認

20225

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

曜日は定休日です

※右記期間中は臨時休業を頂きます。2022年3月3日(木)~2022年3月4日(金)
FINE PICK UP

新たな暮らしへ