MENU
施設MAP
CLOSE

CLOSE閉じる

蔵で旅するbook store

23蔵で旅するbook store

【蔵で旅するbook store】が生まれた物語

お蔵は、代々にわたり大切なものを保管したり、置いておくことで熟成しモノの価値が高まっていく場所として日本民家の一部として利用されてきました。そして、現在においてお蔵の存在価値だけでなく、「熟成」や「伝承」といった意識すら人の心から失いつつあるように思います。

【蔵で旅するbook store】は、築100年を越える古いお蔵の本体の構造はそのままに、空間デザインと使用目的をリバリューした書店として新たな命が吹きこまれました。
お蔵という落ち着きのある空間の中での好きな本との出逢いから心の中で自由な旅ができる悦びを感じてほしいという願いから生まれました。

本のカテゴリーは、ナチュラル・オーガニックなライフスタイル、暮らし、食や料理、デザインやインテリア、アウトドアやDIY、旅や自然そして生き方、芸術や音楽そしてファッション、大人の絵本・・・など。大人がゆっくりと自分を見つめ深めることができる。ここにお越しいただく人たちのライフスタイルが熟成していく場所として心地いい時間をお過ごしいただきたいと考えています。

Topics

  • 2022.08.04(木)

    都田町の魅力が詰まった一冊

     クリエイティブでスローな生活が体験できる町「都田」。都田町やその周辺にはドロフィーズだけでなくとても素敵なスポットがたくさんあります。ドロフィーズと一緒に都田も好きになってほしいと数年前に「都田ガイドブック」を出版いたしました。お店ばかりではなく神社仏閣のほか都田の文化も紹介しています。
  • 2022.07.29(金)

    境界線のない世界に思うこと

    蔵で旅するbookstoreの北側には、アート作品があります。浜松出身のアーティスト青島左門さんによるものです。題名は「国境を越える鳥」。      一見広場に見えますが、見る方も参加して変化していくパブリックアートになっています。青い砂利
  • 2022.07.21(木)

    もっとアラビア食器が好きになる

     北欧を代表するフィンランドの食器ブランド「ARABIA」一つあるだけで華やかな印象になる程の存在感です。今回紹介する「アラビア手帖」ではアラビアの起源に始まりこれまでのシリーズの紹介等をしています。素敵なデザインと感じるだけでなく、そのデザインにまつわるストーリーも掲載していますのでもっ
  • 2022.07.14(木)

    フィンランド人と仲良くなれそうな気がする

    日本人は繊細な性格で、例えば公共の場でもパーソナルを大切にしたり、自己PRが苦手であったりと他人の目を気にするところがありますよね。他国から見たらきっと不思議にみられてしまうのかなというところですが、フィンランドは違うようです。この書籍「マッティは今日も憂鬱」で紹介されているフィンランド人の特徴を見
MORE

人気の記事

popular

information

23蔵で旅するbook store

住所
静岡県浜松市北区都田町2706-1
電話
053-428-3520
営業時間 11:00~17:30
定休日:火曜日・水曜日
GoogleMapで確認

20228

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

曜日は定休日です

※右記日付は臨時休業を頂きます。2022年8月4日(木)

※右記期間は夏季休業を頂きます。2022年8月13日(土)~2022年8月17日(水
FINE PICK UP

新たな暮らしへ